再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーを降りた!と勝利宣言する人々へ、5か月も前の話ですよ


再春館製薬がTBSひるおびのスポンサーを降りた!と勝利宣言する人々へ、5か月も前の話ですよ

再春館製薬所がTBSひるおびのスポンサーを降りたと話題になっている。ひるおびに関してはVTRの捏造や偏向報道が問題視され、スポンサーに抗議の電話やメールをいれるよう呼びかけられていた。
これを受けて、どこの誰とは言いませんが「遂にひるおびスポンサーから降りた!」「俺たちの抗議が効いている!効いているぞ!」と勝利宣言している方がいるようですが、この人たちは嘘つきなんじゃないかなと疑ってしまいます。
なぜ疑わざるを得ないかと言うと、再春館製薬所は3月の時点でスポンサーを降りているからだ。


実際に行動に出ていたら、こういった事実に直面したはずなんですが。

スポンサーリンク

3月の降板、7月の抗議の成果?

一部のツイッターアカウントが不確かなスポンサーリストを拡散し、その中に再春館製薬所の名前があったことは当方でも確認している。ただし、ほとんどの人が「抗議した」と言いながら、実際には何もしていなかったから、再春館製薬所のスポンサー降板に気が付かなかったのだろう。
また、日本のこころ衆議院東京都第七支部代表の吉田康一郎元都議のツイートを見て「効いてる!」と言ってる人たちは、何を根拠に勝利宣言しているのだろうか?
3月に降板しているという事は、社内では今年の初めか2月に判断されたものと思われ、その時点で森友問題がマスコミに取り上げられていたが、安倍首相は高支持率を背景に余裕を見せていた。降板は森友・加計問題でのマスコミ偏向報道が顕著になる以前の話であり、スポンサーへの抗議が呼びかけられたのも、安倍政権の支持率が急落した7月以降であったはずだ。

TBSひるおびのVTR捏造や、事実に基づかない憶測や憎悪で政権を批判する報道姿勢は批判されて当然だろう。スポンサーへ抗議することも、不買の選択肢も個人的には賛成だ。だからこそ、対立する側から見て笑われるようなことはしないで欲しい。
3月に降板しているスポンサーを取り上げて「7月の抗議が効いてる!」とか、笑いのネタ提供でしかないでしょう。

ということで、偏向捏造番組ひるおびが、泣いて謝罪するまで勝利宣言は控えましょう。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

ホワイトボードに描かれた、右肩下がりのグラフをさして困っている男性サラリーマンのイラストマスコミの支持率調査に関するデマをNETGEEKが垂れ流している件

命乞い!原口一博議員がまた前言撤回「逃げるネズミとは細野の事じゃない」←証拠公開しとくわ (2)命乞い!原口一博議員がまた前言撤回「逃だすネズミは細野の事じゃない」←証拠公開しとくわ

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  2. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  3. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  4. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  5. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  6. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  7. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  8. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  9. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  10. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP