苦情で撤去されたミニストップの無断駐車対策、逆に画期的と絶賛される


苦情で撤去されたミニストップの画期的な無断駐車対策が逆に絶賛される
写真:朝日新聞ウェブ版に記載された車両近影

東京都府中市のミニストップの店舗駐車場で、無断駐車対策として自ら用意した車両のタイヤをロックして「外してほしかったら4万ください」などと書いた貼紙がされていたことが話題になっている。違法駐車対策のフェイクであったが、目撃者がツイッターに写真をアップしたことを契機に、ミニストップのコールセンターに苦情が寄せられたために今は撤去されているという。
参考:ミニストップ店員の無断駐車対策に批判 用意した車に…:朝日新聞デジタル

しかし、この対応についてネット上では苦情を入れた方がおかしいという声が圧倒的多数を占めている。

スポンサーリンク

無断駐車に罰金請求はできない

最初に目撃して投稿した人や、それを見た人が「やりすぎ!」と憤るのは当然のことだろう。
無断駐車に対して、一般人が罰金を請求する根拠はなく、請求するには訴訟を起こして損害賠償を請求する権利しかないからだ。法的根拠のない請求に際して、タイヤをロックして移動を制限することで、相手側が高額な罰金を払わざる得ない状態にしていることからして、逆に店側の違法性が問われかねない状況だ。

ただし、これは被害者が存在しないフェイクである。ネット上では従業員側に同情する声で溢れ、この手法を画期的な有効手段として称える声ばかりだ。
問題は、無断駐車をしていない一般客までもが、不安になるような過激な文言や、強制的な手法が含まれていたことだ。画期的ではあるが、こういった苦情や客の不安感を勘案すると、やはり撤去は致し方ないことなのかもしれない。

おそらく、ネット上で話題になった原因は、朝日新聞が事の本質を記述せず「ミニストップ店員の無断駐車対策に批判」とミニストップ従業員が一方的に批判されているかのような、血も涙もないようなタイトルを付けたことだろう。

結論、朝日新聞が悪い。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

民進党・前原誠司議員が日本会議との関係を否定、左派からの支持拡大を意識か?民進党・前原誠司議員が日本会議との関係を否定、左派からの支持拡大を意識か?

【支持率調査】日本共産党が大躍進!支持するが3%!支持しないが97%!【支持率調査】日本共産党が大躍進!支持するが3%!支持しないが97%!

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 井上太郎、前川喜平とセーラー服の女性をツイッターに投稿「実質売春の調査」と批判するも捏造と判明
  2. カンパ金会計問題を巡り「森友・加計告発プロジェクト」田中正道・黒川敦彦氏が共同代表を辞任
  3. 【卑怯】日刊ゲンダイが捏造疑惑の記事をこっそり削除→それでも貴乃花の悪口連載は継続する模様
  4. ガセネタ?サウジ記者「殺害」の一部始終をアップルウォッチで録音するのは不可能?
  5. 警察官が職質「スーツが似合っていない」→トイレに逃げ込み数時間立てこもり→逮捕される
  6. どうするMeToo勢?青山議員がセクハラ被害訴えた女性に民事訴訟「冤罪だ、パワーワードの乱用」
  7. 日刊ゲンダイが捏造か?「日馬富士引退相撲 貴乃花部屋が全員欠席」→貴景勝は勢と取組、内容もデタラメ
  8. 北海道新聞の倶知安支局長が飲酒運転で事故 自宅でワイン、ビール、睡眠薬を飲み近くのコンビニへ
  9. いじめ自殺の遺族に市教育長が「おまえ」と発言→共同通信は教育長が遺族父親の元担任であることを伝えず
  10. TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP