苦情で撤去されたミニストップの無断駐車対策、逆に画期的と絶賛される


苦情で撤去されたミニストップの画期的な無断駐車対策が逆に絶賛される
写真:朝日新聞ウェブ版に記載された車両近影

東京都府中市のミニストップの店舗駐車場で、無断駐車対策として自ら用意した車両のタイヤをロックして「外してほしかったら4万ください」などと書いた貼紙がされていたことが話題になっている。違法駐車対策のフェイクであったが、目撃者がツイッターに写真をアップしたことを契機に、ミニストップのコールセンターに苦情が寄せられたために今は撤去されているという。
参考:ミニストップ店員の無断駐車対策に批判 用意した車に…:朝日新聞デジタル

しかし、この対応についてネット上では苦情を入れた方がおかしいという声が圧倒的多数を占めている。

スポンサーリンク

無断駐車に罰金請求はできない

最初に目撃して投稿した人や、それを見た人が「やりすぎ!」と憤るのは当然のことだろう。
無断駐車に対して、一般人が罰金を請求する根拠はなく、請求するには訴訟を起こして損害賠償を請求する権利しかないからだ。法的根拠のない請求に際して、タイヤをロックして移動を制限することで、相手側が高額な罰金を払わざる得ない状態にしていることからして、逆に店側の違法性が問われかねない状況だ。

ただし、これは被害者が存在しないフェイクである。ネット上では従業員側に同情する声で溢れ、この手法を画期的な有効手段として称える声ばかりだ。
問題は、無断駐車をしていない一般客までもが、不安になるような過激な文言や、強制的な手法が含まれていたことだ。画期的ではあるが、こういった苦情や客の不安感を勘案すると、やはり撤去は致し方ないことなのかもしれない。

おそらく、ネット上で話題になった原因は、朝日新聞が事の本質を記述せず「ミニストップ店員の無断駐車対策に批判」とミニストップ従業員が一方的に批判されているかのような、血も涙もないようなタイトルを付けたことだろう。

結論、朝日新聞が悪い。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

民進党・前原誠司議員が日本会議との関係を否定、左派からの支持拡大を意識か?民進党・前原誠司議員が日本会議との関係を否定、左派からの支持拡大を意識か?

【支持率調査】日本共産党が大躍進!支持するが3%!支持しないが97%!【支持率調査】日本共産党が大躍進!支持するが3%!支持しないが97%!

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 告発!フジテレビ「グッディ!」が麻原死刑報道で捏造か?情報提供者「全く事実と異なる説明をされた」
  2. 山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス
  3. 社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説
  4. 【祝】ネットギークさんが左翼に転向!田中龍作が被災住民に成りすまし隠し撮りした写真を絶賛
  5. 菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!
  6. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  7. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  8. 立憲民主党支部長「5日夜はパーリィのダブルヘッダー」真山勇一「災害時、野党に権限はないのでOK」
  9. 災害デマ「自衛隊が支援物資をコンビニに輸送し販売された」深刻な食糧・水不足は避難所以外で起きている
  10. 最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP