左翼「ネトウヨがチビチリガマを精神世界で荒らしていた」犯人がネトウヨであって欲しいという願い叶わず


左翼「チビチリガマはネトウヨが念力で荒らした!」犯人がネトウヨであって欲しいという願い叶わず

沖縄県読谷村にある「チビチリガマ」が荒らされ遺品が壊された事件は、沖縄の少年4人が逮捕されるという予想通りの結末であった。
サヨクの皆さん全員の願いであった「犯人はネトウヨ」「歴史修正主義者のヘイトクライム」という結果は得られず、面々は一様に悔しさを滲ませている。しかし、こんなことでへこたれるようでは沖縄サヨクは務まらない!
早速、こんな暴論が飛び出している。

安易な歴史修正主義に最も無防備にさらされているのが若者たち、子どもたちだ。
つまり、
チビチリガマは、もうずいぶん以前から歴史修正主義とネトウヨたちに荒らされていたのである。
チビチリガマ荒らしで少年4人を逮捕 - チビチリガマを荒らしたのはいったい誰だ? – Osprey Fuan Club

なんと、物理的な損壊ではなく意識レベルでチビチリガマはネトウヨに荒らされていたというのだ。念力でも使ったのでしょうか?これは、思っただけで犯人にされるという人権無視であり、憲法違反、共謀罪どころの騒ぎではありませんね。

スポンサーリンク

逮捕前から「ヘイトクライムだ!」

この事件は、発生当初から左派活動家らの間で、犯人像を右派勢力やネトウヨとする声があった。
法政大学の山口二郎教授も「ヘイトクライム」と断定していた。しかも、安倍政権に対して「非難声明」を出すよう求めるという、とんでもない飛躍したストーリーまで披露していた。


この他にも、リベラル傾向の強い著名人らが「ヘイトクライム」と断定したり、それを想起させるような投稿をSNSに行っていた。犯人が少年グループで、目的は「肝試し」であったことが警察の取り調べで明らかになってきているが、どうしても犯人はネトウヨか歴史修正主義による洗脳を受けていたという事にしたいらしい。

沖縄以外でも墓場を荒らす少年事件は起きており、政治的な意図があったとは到底思えない。犯人は16歳から19歳の少年であることから、マスコミに晒されるようなことはない。
それを良いことに、少年らの犯行動機を政治的な意図をもってでっち上げることこそが「チビチリガマ」を冒涜しているのではないだろうか?

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

増山麗奈「安倍昭恵が大麻で三宅洋平の運動体をつぶした、山本太郎の口座で集めた選挙資金を三宅が流用」増山麗奈「安倍昭恵が大麻で三宅洋平の運動体をつぶした、山本太郎の口座で集めた選挙資金を三宅が流用」

米山新潟県知事が脅迫被害を訴える「新潟のものは買わないと脅迫された」→無理あり過ぎて削除逃亡米山新潟県知事が脅迫被害を訴える「新潟のものは買わないと脅迫された」→無理あり過ぎて削除逃亡

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 速報!下村博文元文科相が不起訴処分決定を報告、加計学園パーティー券問題で市民団体が告発
  2. 上野千鶴子「エリート大学の女子学生たち今に見てろよ、結婚、出産したら愕然とするから」不幸を望む呪い
  3. 日刊ゲンダイ「安倍首相を内乱罪で告発!の投稿20万リツイート」見た瞬間にデマとわかる記事の真相は?
  4. 文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も
  5. 石破茂「防衛庁長官のとき人民解放軍の青年将校に自衛隊の機密以外すべて見せるよう命令した」スパイかよ
  6. 板垣英憲「北朝鮮の外相に河野太郎が怒鳴られた」河野太郎ご本人登場「有料のブログで嘘を流さないでね」
  7. 西日本新聞「東京五輪が待ち遠しくない、日本人なら協力して当然という圧力」←お前のとこ五輪記事禁止な
  8. NHKが放送法違反か?韓国サムスン電子の新スマホを宣伝するニュース「濃淡くっきりメモリー容量2倍」
  9. 東京新聞・望月衣塑子記者が悪質な編集動画を拡散、東京医科大学を「東京女子医大」と間違えた質問隠蔽か

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP