五寸釘ほなみ、民進党・徳永エリの執行部陰口を暴露「自分は頑張ってるけど中央がなんちゃらって言い訳」


我らがアイドル、北の狂犬・五寸釘ほなみさんが今日もキレた!民進党の徳永エリ議員と鉢呂吉雄議員が、希望の党公認の松木謙公候補を応援するというポスターが気に食わないらしい。
五寸釘ほなみ、民進党・徳永エリの執行部陰口を暴露「自分は頑張ってるけど中央がなんちゃらって言い訳」

確かに松木謙公候補の「希望の党リベラル派」はギャグとしか思えない。希望の党は保守であること前提に、党が決めた政策協定書にサインしたものだけに公認を出している。他にも「憲法九条 変えるつもりはありません」とか、突っ込みどころ満載のポスターではある。
とは言え、松木謙公候補にも徳永エリ議員にも事情ってものがある。それでもほなみさん的には、共産党に反する行為が許せないのか、個人的に聞いた党本部と執行部への愚痴を暴露する始末・・・
Honami Nishi 「徳永エリの口癖だー。「自分は頑張ってるけど、中央がなんちゃら」って言い訳みたいなこといつも言ってる」
五寸釘ほなみ、民進党・徳永エリの執行部陰口を暴露「自分は頑張ってるけど中央がなんちゃらって言い訳」2

スポンサーリンク

共産党のための民進党ではない

徳永エリ議員を庇うつもりがさらさら無いが、参議院議員は民進党に残っているという事情は理解するべきだろう。民進党参議院議員としては、不本意な形で離党して希望の党に移った候補者と、泥船から逃げ出すように先に離党した面々とは区別して応援するのは仕方のないことだ。事情も理解しないで一方的に「希望の党公認を応援」というだけで徳永エリ議員を批判するのは筋違いだ。ましてや、昨年の参院選を共に戦った同士が個人的に漏らした執行部批判を、いとも簡単に暴露するのも如何なものかと。

衆議院は急な解散と希望の党合流協議で事実上の解党を余儀なくされたが、民進党参議院は残っている。公認取り消しという前原代表の強硬策で止む無く希望の党に移った候補者が、今回の衆院選で落選した場合はどうなるだろうか?希望の党の一員として活動できるとは到底思えない。そういった仲間を見捨てることができないという感情は人として間違ってはいない。当選した議員に復党や再結集を求めることも、正しいかどうかは別として、残された民進党参議院としては他に道は無いだろう。

ほなみさんと言えば先日、民進党の徳永エリ参議院議員に対し「希望からは出ないとはっきり言え」と、衆議院と参議院の違いも知らずに詰め寄っている。
五寸釘ほなみ「希望から出ないとはっきり言え」民進・徳永エリ議員を詰める←参議院なので選挙は無いよ
五寸釘ほなみ「希望から出ないとはっきり言え」民進・徳永エリ議員を詰める←参議院なので選挙は無いよ
若者が政治に関わり、政治家に積極的に意見していくということには大賛成だが、この程度の知識であることは自覚して、日ごろから謙虚な言葉使いに気を付けて欲しいものだ。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

悲報!若狭勝が希望の党公認一覧から外される!意図的な排除?新聞広告出稿ミス?様々な憶測が飛ぶ事態に

恐怖!黒川敦彦陣営が昭恵夫人の手を握りSPに緊張が走る!事務所への嫌がらせ訪問や嘘の選挙情勢流布も恐怖!黒川敦彦陣営が昭恵夫人の手を握りSPに緊張が走る!事務所への嫌がらせ訪問や嘘の選挙情勢流布も

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 国民・玉木代表「おいしいうどんを出せる政党に、私たちにしか出せないラーメンやうどんと言ってもいい」
  2. 小池晃「そこまでやらせるのか。」加計学園の首相面会否定に悔しさをにじませる
  3. 速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?
  4. 悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合の出席者が僅か7名でチーム組めず2
  5. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  6. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  7. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  8. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  9. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  10. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP