東京新聞・佐藤圭記者が自分の暴言投稿をこっそり削除して→「俺は麻生の妄言・暴言を徹底的に批判した」


東京新聞の佐藤圭記者は、麻生太郎副総理が20日「武装難民」に再言及したことに対し「 俺は、この妄言・暴言を東京新聞特報面で大々的、徹底的に批判したからね。日本国民は、こんな人物が副総理を務める政権を信任するのか。もう勝手にしろ、と言いたい。」と激しく非難した。

しかし、佐藤圭記者は麻生太郎副総裁の発言を批判する一方で、自民党の保岡興治議員(当時)が膵臓がん治療優先で不出馬を選択したことに対し「党内から突き付けられた強烈な安倍改憲ノーのメッセージ」と投稿して炎上した8日の投稿をこっそり削除していることが判明した。
参考:東京新聞・佐藤圭の炎上で時事通信が慌ててタイトルを変更?自民・保岡氏の膵臓がん治療による不出馬報道
他社の発言を厳しく非難する一方で、自身の問題発言は無かった事にする。もし、これが東京新聞の社内指示による削除なら謝罪と説明をするべきである。

スポンサーリンク

保岡氏の後継は落選、佐藤圭は沈黙

佐藤圭記者が謝罪もなく削除した投稿は以下
時事通信慌ててタイトル変更?東京新聞の佐藤圭が自民・保岡氏の膵臓がん治療を政権批判に利用し大炎上!
削除の時期は22日の衆院選投開票の直後から翌日と思われる。選挙中は徹底した反自民・反安倍の投稿を行い、立憲民主党を持ち上げていたが、投票日前日を最後にツイッターの投稿が停止している。投稿は無いものの、都合の悪い過去の投稿を削除しているので忙しいわけではなさそうだ。
佐藤圭ツイッター

一方で、佐藤圭記者に膵臓がん治療の覚悟を政権批判に利用された保岡興治氏の後継、長男の保岡宏武氏は惜敗率97.6%という僅差で落選。比例重複ではなかったため復活も叶わなかった。
膵臓がんと闘う父の遺志を受け継ぎ、比例重複なしの背水の陣で挑んだ保岡宏武氏に対し、佐藤圭記者は非礼を詫びることもなければ、ねぎらいの言葉もない。
ただ無責任に投稿を削除して逃げただけだ。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件海原はるか師匠が共産党・池内さおり候補の応援に駆け付けた!と、思ったら金子勝さんだった件

日本共産党は有権者の票を無視して党内序列で国会議員を決める、戦わず当選した志位和夫の独裁体制が継続衆院選で際立った日本共産党の独裁!選挙で戦わず党内序列で国会議員を選ぶ非民主的体質と志位長期政権

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  2. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  3. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  4. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  5. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  6. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白
  7. 炎上!福島瑞穂さんが北海道被災現場で記念写真「山が崩れて、家などを押しつぶしてしまいました」
  8. 元・朝日新聞記者が麻生大臣の容姿を揶揄「口が曲がってる」ツイッター開始2週間300投稿の大半が悪口
  9. 加計獣医学部で焦げた唐揚げ定食を出された黒川敦彦さん「また必ず事件が起こる」(キリッ

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP