柿沢未途議員「玉木雄一郎議員を代表に」泥船から逃げ出した柿沢が民進党から合流の玉木を推す始末の悪さ


柿沢未途議員「玉木雄一郎議員を代表に」泥船から逃げ出した柿沢が民進党から合流の玉木を推す始末の悪さ

希望の党は27日午後、代表の小池百合子都知事を補佐し国会での活動を行う共同代表を、大島敦前民進党幹事長が暫定的に就任する方向で固まった。代表が共同代表を指名する党規約を変更して、正式な代表選を行うべきだという意見もあり、当選4回目の玉木雄一郎衆議院議員を推す声が若手を中心に上がっている。柿沢未途議員も、玉木雄一郎議員を代表に強く推す一人である。

平均年齢40代の新しい党として、100年先の日本の未来の姿を描けるような、ニューリーダーを選びたい。具体的には玉木雄一郎代議士が最有力になるだろう。
出典:27日のフェイスブック投稿
私は、最初から玉木雄一郎氏を選出すれば良いと思う。
こういう、国民には分かりにくい、業界人にしか理解できない選択は止めた方が良い。大島敦先生は素晴らしい人格者だけれども、党内力学での暫定代表への推挙は、普通の国民にはその意図するところを誰も理解できないだろう。玉木氏で良いなら最初から玉木氏で良いではないか。
出典:27日のフェイスブック投稿

だが、この主張は矛盾しているのではないだろうか?

スポンサーリンク

結党メンバーというより逃亡者

柿沢未途議員は衆院解散の当日、泥船となった民進党を見限り離党届を提出している。その直後に希望の党への参加を表明し、衆院選では小選挙区で落選したが比例復活当選をしている。
民進党を見限った人間が、前原代表の方針で民進党から合流してきた議員を代表に推すのは矛盾している。玉木雄一郎議員をそこまで高く評価するなら、民進党に残って玉木議員とともに党の再建を最後まで模索するのが筋ではなかっただろうか?

柿沢未途議員は2016年の代表選で、玉木雄一郎議員ではなく蓮舫議員の推薦員に名を連ね、蓮舫体制下で党の役員室長というポストを得ている。しかし、都議選に民進党公認で出馬するはずだった自身の妻である柿沢幸恵氏が直前に離党、小池百合子都知事が率いる都民ファーストの会の推薦を得たことの責任を取り、柿沢未途議員は役員室長を辞任した。
こうやって民進党内で居場所を失い、衆議院解散と同時に逃亡した柿沢未途議員が、希望の党内で先輩面をして代表人事に口を出し、民進党からの合流議員の名前を出すのは筋違いにも程がある。
柿沢未途議員は前原代表の合流協議以前に離党した議員であるが、かといって希望の党立ち上げと選挙戦で中心的な役割は果たしていない。結党会見時にも席次表に名前はあったが欠席している。ようするに「逃亡組」であり、拾ってもらった身なのである。
出過ぎたことはせず、もう一度修行してから発言権を得るべきだ。

関連:ゲス離党!柿沢未途の嫁、蓮舫の応援演説からたった10日で離党届
関連:衝撃写真!柿沢未途ついにぶっ壊れる!不審者通報レベルの服装と自転車で車道ど真ん中を爆走する事案発生

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明

選挙中に飛び交った大誤報「加計獣医学部認可は投票日の翌日」は田中龍作の捏造か?確認ミスか?選挙中に飛び交った大誤報「加計獣医学部認可は投票日の翌日」は田中龍作の捏造か?確認ミスか?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  2. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  3. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  4. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  5. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  6. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  7. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  8. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  9. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  10. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP