朝日新聞がまた捏造「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中


朝日新聞が名誉棄損「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中

朝日新聞デジタルが5日夜に配信した「ニコニコ動画に足蹴りされた女性…視聴者通報で男逮捕」という記事が、全く事実無根の捏造タイトルであったことが判明した。


タイトルでは「ニコニコ動画」の関係者が女性に暴行を加えたような印象を受けるが、実際にはニコニコ動画とは関係のない別の男性から暴行を受けた女性が、動画でその被害状況を配信し、視聴者が保護して通報したというニュースであった。

スポンサーリンク

磨き上げられる捏造テクニック

現在、朝日新聞はこの記事のタイトルを適切なものに変更しているが、ツイッターやニュースアプリでは間違ったままのタイトルで配信が継続している。
↓ 訂正後のタイトル
ニコニコ動画視聴者が通報して男逮捕 女性への傷害容疑:朝日新聞デジタル

朝日新聞が名誉棄損「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中

朝日新聞が最初に伝えた「ニコニコ動画に足蹴りされた女性…視聴者通報で男逮捕」というタイトルは「ニコニコ動画に足蹴りされた女性が映っている」と言いたかったのだろうが、それでも文章としては適切ではなく通常なら「暴行受けた女性、動画配信で被害訴え・・・視聴者通報で男逮捕」と言ったところだろう。

大手新聞社である朝日新聞の記者が、このようなタイトルミスをするとは思えず、社内でのチェックも通過して配信されていることから、朝日新聞が悪意を持って意図的に配信したとしか思えない。

朝日新聞は過去にも、丸川珠代大臣(当時)が会見で「稲田朋美議員がカルト的な極右の指示を受けている」という趣旨の発言をしたとして発言録を配信したが、実際にはそのような発言はなく、朝日新聞の捏造と判明している。その際も謝罪もなく記事を改ざんして逃げている。
朝日新聞が丸川大臣の発言を捏造「稲田は極右」の印象操作を後でこっそり改ざん

これらは朝日新聞の質の悪さや記者の能力不足というよりも、捏造と印象操作のテクニックが日々研鑽され、捏造職人集団として確立されているということだろう。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

福島瑞穂らの言い訳が見苦しい「イヴァンカ基金に57億円」の誤報に釣られた面々がコチラtop福島瑞穂らの言い訳が見苦しい「イヴァンカ基金に57億円」の誤報に釣られた面々がコチラ

立憲民主党「森友・加計学園問題PT」を立ち上げ、懲りもせず黒川敦彦に情報提供を求める野党の自爆立憲民主党「森友・加計学園問題PT」を立ち上げ、懲りもせず黒川敦彦に情報提供を求める野党の自爆

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 沖縄県知事選 オール沖縄は宗教指導者を選んでいるのか?遺言で沖縄の未来を占う異様なムード
  2. 田原総一朗「河野さん、大変失礼致しました」ついに麻生太郎と河野太郎の区別がつかなくなる
  3. 沖縄統一地方選 やっぱり共産党がフライング!告示前に国会議員が市議選の応援演説繰り返す
  4. 社長が女子高生に「つばちょうだい」で書類送検、これは何罪なのか?調べてみたら具体的過ぎてドン引き
  5. リバプールFC「日の丸踏み付け」の画像を謝罪、韓国版ツイッターの光復節を祝うツイートはクラブ無許可
  6. 世田谷区で男子児童が男に「ニャー」と声をかけられる事案発生!猫ひろし「私じゃない」アリバイを検証
  7. 富田林署逃亡犯のイレズミが「カワイイうさぎちゃん」であることが判明!脱兎の如く走り去ったか?
  8. 安倍首相の「かき氷うめっ」写真が中国で話題に!中国ネット民「店を封鎖したりしないのか?」
  9. 速報!下村博文元文科相が不起訴処分決定を報告、加計学園パーティー券問題で市民団体が告発
  10. 共同通信が不明2歳児救助の男性を犯人扱い「発見時は成人男性と一緒だった。男性は近隣の住民ではない」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP