KSL-Live!

いろいろ読める、メディア業界21世紀枠


お世話になったアレに絶滅の危機が迫っているらしい

      2015/05/02


LINEで送る
Pocket

coffee
お世話になったアレ、インスタントコーヒーのビンです。
いや、決してタイトル詐欺ではありません。良い話なの最後まで読んでください。
大容量瓶インスタントコーヒーに忍び寄る「絶滅」の危機|食の安全|JBpress http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39170

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

クワガタ飼育方法がまだ未知数だったころ、コーヒーのビンが幼虫の飼育容器として定番でした。
かくいう私も実家の母に「近所中から集めるように」と指令を出してました。

今ではオオクワガタ飼育に限らず多くの種が菌糸ボトルで飼育されていますが、10年以上前は大変高価なうえ粗悪なものが多く、コストパフォーマンスの面で発酵マット飼育と人気を二分していた。
そんな時代、容器の調達はコスパ重視の発酵マット派にとって重要な任務でもあったのです。菌糸ビンが流通されるようになってからは、はちみつビンや中古ボトルが使用されることが多くなり「コーヒービン」はクワガタ飼育から姿を消しました。
菌糸ボトルも以前は手詰めガラスビンが高価で良いものとされていましたが、今ではガラスの菌糸ビンも絶滅寸前です。

もう使わなくなったコーヒービンですが、絶滅するとなると少しさみしい気もします。
コーヒービンが少なくなった原因は、一世帯当たりの人数が減ったうえに、世帯の中でも個食化が進んでいることらしい。
父「かあさん、コーヒーを入れてくれ」
母「コーヒーいる人、手あげて~」
みたいな光景が絶滅寸前ということか・・・
いまどきは「コーヒーを入れてくれ」とか言ってたら、ボコられたうえに放り出されるんじゃないかな。

コーヒービンが貴重な存在になった今、あえてのコーヒービン飼育「ノスタルジー飼育」も乙なものかもしれない。

流行るな、これ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連

  おすすめ記事

昆虫少年の死生観とは?映画「僕はもうすぐ十一歳になる。」が見たい

この映画見られた方、いませんか? 非常に興味がある …

no image
自然交配、移入、絶滅は悪ではない

世界初、サメの自然交配種を発見、気候変動に適応か  …

no image
逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐 …

ビートルズ・ジョージ・ハリスンの記念樹を枯らしたビートルの正体は?

「ビートルズがビートル(甲虫)にやられた」 このよ …

菌床から出る水分を有難いと思ってるのはクワガタブリーダーだけ

目次1 菌糸ボトルから出る水分は害悪2 菌床ブロッ …

no image
自称東大大学院卒へ学歴詐称疑惑の弁明方法伝授

自ら学歴を語るということは修めた学が役に立っていな …

「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

以下の動画をご覧いただきたい。 2014盛夏!フク …

no image
昆虫誌2誌と自称昆虫誌も購入

今月の「月刊むし」「昆虫と自然」「昆虫フィールド」 …

盗んだクワガタをオークションに出品、希少価値が仇に?

徳之島町産F2 ♂66.2mm 画像出典:Cope …

100%昆虫の力でスマホを充電する【神動画】

様々な昆虫(節足動物)が動力源となり、サーカスのよ …