KSL-Live!

いろいろ読める、メディア業界21世紀枠


お世話になったアレに絶滅の危機が迫っているらしい

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

coffee
お世話になったアレ、インスタントコーヒーのビンです。
いや、決してタイトル詐欺ではありません。良い話なの最後まで読んでください。
大容量瓶インスタントコーヒーに忍び寄る「絶滅」の危機|食の安全|JBpress http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39170

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

クワガタ飼育方法がまだ未知数だったころ、コーヒーのビンが幼虫の飼育容器として定番でした。
かくいう私も実家の母に「近所中から集めるように」と指令を出してました。

今ではオオクワガタ飼育に限らず多くの種が菌糸ボトルで飼育されていますが、10年以上前は大変高価なうえ粗悪なものが多く、コストパフォーマンスの面で発酵マット飼育と人気を二分していた。
そんな時代、容器の調達はコスパ重視の発酵マット派にとって重要な任務でもあったのです。菌糸ビンが流通されるようになってからは、はちみつビンや中古ボトルが使用されることが多くなり「コーヒービン」はクワガタ飼育から姿を消しました。
菌糸ボトルも以前は手詰めガラスビンが高価で良いものとされていましたが、今ではガラスの菌糸ビンも絶滅寸前です。

もう使わなくなったコーヒービンですが、絶滅するとなると少しさみしい気もします。
コーヒービンが少なくなった原因は、一世帯当たりの人数が減ったうえに、世帯の中でも個食化が進んでいることらしい。
父「かあさん、コーヒーを入れてくれ」
母「コーヒーいる人、手あげて~」
みたいな光景が絶滅寸前ということか・・・
いまどきは「コーヒーを入れてくれ」とか言ってたら、ボコられたうえに放り出されるんじゃないかな。

コーヒービンが貴重な存在になった今、あえてのコーヒービン飼育「ノスタルジー飼育」も乙なものかもしれない。

流行るな、これ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連

  おすすめ記事

no image
月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!

月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。 正直な …

女子高生が赤いクワガタ?を捕獲!正体はあの幻の昆虫だった!

カプセルQミュージアム 日本の動物コレクション I …

no image
放虫問題と標本

相変わらずYahoo知恵袋では、放虫する場所を尋ね …

ミミ川西89ミリ実在性追及が論点ずらしの材料にされている。

国産オオクワギネスアッパー89ミリの同腹が増えてい …

動画「オオクワガタVSカブトムシ」「メス同士の争い」など

興味深い動画を見つけました。 野外での定点カメラで …

no image
コバエ退治に有効な手段とはなにか?

コバエ退治には何が効果的か? クワガタ・カブトを飼 …

クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

「余品」 読み方は「よひん(余品)」または「あまり …

no image
趣味の標本オークション出品で有田市の課長を処分

【社会】和歌山県:カミキリムシなどの標本をネットオ …

犯罪者に飼育技術を教わるほど研究者はバカではない。

写真:【海洋堂】 国立科学博物館 カプセルミュージ …

no image
自称「東大卒の研究者」ことonegai-twins0811様へ

広島市の豪雨災害で多数の死者、行方不明者というこの …