お世話になったアレに絶滅の危機が迫っているらしい


LINEで送る
Pocket

coffee
お世話になったアレ、インスタントコーヒーのビンです。
いや、決してタイトル詐欺ではありません。良い話なの最後まで読んでください。
大容量瓶インスタントコーヒーに忍び寄る「絶滅」の危機|食の安全|JBpress http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39170

スポンサーリンク

クワガタ飼育方法がまだ未知数だったころ、コーヒーのビンが幼虫の飼育容器として定番でした。
かくいう私も実家の母に「近所中から集めるように」と指令を出してました。

今ではオオクワガタ飼育に限らず多くの種が菌糸ボトルで飼育されていますが、10年以上前は大変高価なうえ粗悪なものが多く、コストパフォーマンスの面で発酵マット飼育と人気を二分していた。
そんな時代、容器の調達はコスパ重視の発酵マット派にとって重要な任務でもあったのです。菌糸ビンが流通されるようになってからは、はちみつビンや中古ボトルが使用されることが多くなり「コーヒービン」はクワガタ飼育から姿を消しました。
菌糸ボトルも以前は手詰めガラスビンが高価で良いものとされていましたが、今ではガラスの菌糸ビンも絶滅寸前です。

もう使わなくなったコーヒービンですが、絶滅するとなると少しさみしい気もします。
コーヒービンが少なくなった原因は、一世帯当たりの人数が減ったうえに、世帯の中でも個食化が進んでいることらしい。
父「かあさん、コーヒーを入れてくれ」
母「コーヒーいる人、手あげて~」
みたいな光景が絶滅寸前ということか・・・
いまどきは「コーヒーを入れてくれ」とか言ってたら、ボコられたうえに放り出されるんじゃないかな。

コーヒービンが貴重な存在になった今、あえてのコーヒービン飼育「ノスタルジー飼育」も乙なものかもしれない。

流行るな、これ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

オークション出品画像の最適サイズ&確認方法

アイドルの整形疑惑と恋愛にプンプンな人は危険

関連記事

  1. 「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

    以下の動画をご覧いただきたい。2014盛夏!フクシマのカブトムシから人類へメッセージ結論…

  2. テナガコガネ飼育で逮捕、9人から計174匹を押収

    虫の標本 テナガコガネ C.parryi特定外来生物に指定され、国内での飼養や所持、運搬や売…

  3. 虫naviさんが捏造コラ画像で噛みついてきた

    詳細な検証と反論を纏めました。以下の記事を御覧ください。http://ksl-live.co…

  4. 昆虫少年の死生観とは?映画「僕はもうすぐ十一歳になる。」が見たい…

    http://youtu.be/PBiqZzNH_P4この映画見られた方、いませんか?非常に…

  5. 米動物園ゴリラ射殺への批判はカルト宗教さながら

    東山動植物園オフィシャルゴリラ写真集 シャバーニ!米オハイオ州の動物園でゴリラ(オス17…

  6. キッコーマン具麺ソースに混入のクモ、ゴキブリを食べる種だった

    写真:キッコーマンHPよりキッコーマンの子会社キッコーマン食品が販売した「キッコーマン …

  7. 無計画な繁殖が昆虫市場と自然を破壊する

    ブリードで増えた虫をどのように扱うか?昆虫飼育の悩みの種である。特にクワガタ飼育では成虫の寿…

  8. 昆虫を配るボランティアと注意点

    陸前高田へ 子どもたちにカブトムシ 大分合同新聞 素晴らしい活動ですね。こういった活…




最新の記事

  1. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  2. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  3. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル
  4. 菅野完「旦那以外の〇〇〇咥えた山尾志桜里」ツイッター凍結に抗議してる人々がぐうの音も出なくなる投稿
  5. 摘発逃れか?白タク問題の加計告発プロジェクトがカンパ中止するも、黒川敦彦が自分の口座で集金を始める

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP