KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


お世話になったアレに絶滅の危機が迫っているらしい

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

coffee
お世話になったアレ、インスタントコーヒーのビンです。
いや、決してタイトル詐欺ではありません。良い話なの最後まで読んでください。
大容量瓶インスタントコーヒーに忍び寄る「絶滅」の危機|食の安全|JBpress http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39170

スポンサーリンク

クワガタ飼育方法がまだ未知数だったころ、コーヒーのビンが幼虫の飼育容器として定番でした。
かくいう私も実家の母に「近所中から集めるように」と指令を出してました。

今ではオオクワガタ飼育に限らず多くの種が菌糸ボトルで飼育されていますが、10年以上前は大変高価なうえ粗悪なものが多く、コストパフォーマンスの面で発酵マット飼育と人気を二分していた。
そんな時代、容器の調達はコスパ重視の発酵マット派にとって重要な任務でもあったのです。菌糸ビンが流通されるようになってからは、はちみつビンや中古ボトルが使用されることが多くなり「コーヒービン」はクワガタ飼育から姿を消しました。
菌糸ボトルも以前は手詰めガラスビンが高価で良いものとされていましたが、今ではガラスの菌糸ビンも絶滅寸前です。

もう使わなくなったコーヒービンですが、絶滅するとなると少しさみしい気もします。
コーヒービンが少なくなった原因は、一世帯当たりの人数が減ったうえに、世帯の中でも個食化が進んでいることらしい。
父「かあさん、コーヒーを入れてくれ」
母「コーヒーいる人、手あげて~」
みたいな光景が絶滅寸前ということか・・・
いまどきは「コーヒーを入れてくれ」とか言ってたら、ボコられたうえに放り出されるんじゃないかな。

コーヒービンが貴重な存在になった今、あえてのコーヒービン飼育「ノスタルジー飼育」も乙なものかもしれない。

流行るな、これ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連

  おすすめ記事

no image
クワガタにおける極太とはなにか?

昆虫業界で論争がやまない「極太個体」 記事を書くに …

クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

「余品」 読み方は「よひん(余品)」または「あまり …

犯罪者に飼育技術を教わるほど研究者はバカではない。

写真:【海洋堂】 国立科学博物館 カプセルミュージ …

米動物園ゴリラ射殺への批判はカルト宗教さながら

東山動植物園オフィシャルゴリラ写真集 シャバーニ! …

no image
【お願い】君はファスナー昆虫記を見ずに死ねるか!?

カブトムシゆかりさんも応援しているようなので、ガッ …

no image
奈良オオクワセンター廃業だそうです。

タイトルの通りです。 gw3370t725473g …

超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上 …

no image
業界用語と学術用語 -飛行機は根性で空をとべるか?-

クワガタ・カブトムシ業界の累代表記等が学術的なもの …

バニーガール姿で窃盗、容疑者はクワガタを販売していた

高品質コスプレ衣装■バニーガール*男S-男LLオー …

【LEGO】レゴで作った昆虫が本物の標本にしか見えない

これ本当にレゴ? 遠目には本物の昆虫標本にしか見え …