女児強制猥褻の民進・小川勝也議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶


女児強制猥褻の民進党・小川勝也参院議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶

息子が女児暴行で逮捕されても幼稚園経営者の前で挨拶する小川勝也参院議員

民進党の小川勝也参院議員の長男が、小学校低学年の女児の体を触るなどした強制わいせつ事件で、さいたま地検は18日に「強制わいせつ未遂」を不起訴処分とした。他の女児を暴行したとされた「暴行容疑」も13日に不起訴処分となっている。
小川参院議員の長男 強制わいせつ未遂は不起訴 – 産経ニュース
小川勝也参院議員の長男、女児触った罪で起訴 別の暴行容疑は不起訴に さいたま地検 – 産経ニュース

これが与党議員の息子であったならマスコミは一斉に「忖度」「政権の圧力」と大バッシングを始めるはずだが、野党に甘いマスコミはこの件を批判していない。小川遥資容疑者は、強制わいせつ罪でのみ起訴されることとなり「連続女児強制わいせつ事件」は「女児強制わいせつ事件」となった。
また、小川勝也参院議員は、息子の逮捕から1ケ月も経たない先月22日に幼稚園経営者らの懇親会「幼経懇」で来賓として招かれ挨拶をしている。よくも幼児教育の場に顔を出せたものだ。

スポンサーリンク

逮捕直後に幼稚園経営者懇親会へ出席

冒頭の写真にあるように、小川勝也参院議員は息子が「女児強制わいせつ」で逮捕されているのに、堂々と北海道私立幼稚園経営者懇談会20周年記念祝賀会に来賓として出席し、挨拶をしているのだ。この様子を自身のホームページにアップして「古来から子供たちへの投資をどんなに厳しくても続けてきたものであり、それが日本の力だったはずです。子供たちへの投資は、日本の未来への投資です。」などと記述している。まともな神経の持ち主とは思えない。
2017/11/22: 幼経懇創立二十周年記念祝賀会

子供の犯した犯罪に関して、親がどの程度の責任を問われるかは議論が真っ二つに分かれている。筆者は成人した息子であれば親に責任は無いというのが筋であるかとは思うが、小川遥資容疑者は小川勝也参院議員の議員宿舎に同居しており、女児への興味などを察知していた可能性も高い。非常に難しい問題ではあるが、国会議員という身分を考えると一定の責任を感じて自らを処することは妥当と言えるだろう。

小川勝也参院議員は事件後に「党に迷惑をかけた」として民進党に離党届を提出しているが、議員辞職は否定している。これに対し、民進党の大塚耕平代表は「状況を見極める」として離党届を受理しておらず、現在も保留のままとなっている。地検の判断を待つという見解なら理解できなくもないが、この事件に関しては小川遥資容疑者が逮捕直後に「わいせつ目的で暴行した」と容疑を認めていることから、離党届をいつまでも保留のままにしておくのもおかしな話である。

この事件では複数の女児が被害に遭っており、容疑者は「強制わいせつ」「強制わいせつ未遂」「暴行」の3件で逮捕されている。そのうち2件が連続で不起訴となり「強制わいせつ」だけが起訴されたが、これが与党や政府関係者の息子なら野党は「お友達」「政権の陰謀」と国会で延々と追及したことだろう。だが、身内には甘い野党だけあって、まるでこの事件は無かったかのようにダンマリを決め込んでいる。マスコミも同様に、この不起訴を淡々と伝えるのみだ。
これこそが「忖度」ではないだろうか?

関連:旧民主の候補者が強制わいせつ致傷容疑で逮捕されてましたが岡田・蓮舫は責任取りましたっけ?

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

毎日新聞記者へリンチ事件に関する公開質問状、加害のしばき隊関係者らと飲食や隠ぺい声かけリストに名前毎日新聞記者がリンチ事件加害のしばき隊関係者らと飲食や隠蔽声かけリストに名前、出版社から公開質問状

朝日新聞「フテンマとフクシマは似ている」谷津憲郎論説委員がカタカナ括りで差別のネタつくり朝日新聞・谷津憲郎「フテンマとフクシマは似ている」足立康史議員のツイート批判でも炎上した論説委員

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  2. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  3. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  4. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  5. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  6. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  7. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと
  8. 麻生大臣に無知を指摘された立憲民主・川内博史「私もあえて分かったうえで聞いている」全力で負け惜しみ
  9. 志位和夫はネトウヨ「志位和夫必勝」の旭日旗を掲げる
  10. 桂春蝶がツイッターアカウントを削除、フェイスブックには意味深投稿 不倫相手へのDV報道が原因か?




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP