「昆虫交尾図鑑」著作権問題は「大人たち」の不手際


koubi

まず著作権を主張する「虫ナビ」という人物がどういう人物か?
虫ナビによる自作自演とデマ、捏造コラ画像まで・・・ http://ksl-live.com/blog1349

スポンサーリンク

結論からいくと完全に著作権侵害です。
ブログなどで引用する場合も、原則的に著作権者がだれであるかを明示する必要があります。
通例として写真などは文章でいう「全文」に値しますので、直接許可を得ます。

今回問題となっている「昆虫交尾図鑑」の場合、ネットで見つけた写真を忠実に模写しており「参考」の域を超えています。
参考となった「虫navi」のコーカサスの交尾写真
と、「昆虫交尾図鑑」長谷川笙子 (著)を見比べてほしい。
http://www1.kamakuranet.ne.jp/tsuki/brd-mcau2.htm

これに関して当初「トレースではないか?」という指摘が複数あり、指摘に対し著者は「トレースではない」と反論している。
確かに部分的に異なる箇所があり、完全に書き写したとは言えない。
しかし、トレースしたと思われる箇所が大半を占めており、トレースしながら部分的に改変したのではないかという疑いは残る。
著者本人もツイッターにおいて参考にしたことまでは認めている。
しかし、出版社である飛鳥新社は以下のような開き直りを見せた。
http://www.asukashinsha.co.jp/news/n7377.html

飛鳥新社の主張をまとめると・・・
・重ね合せてみたがトレースではない
(少しでもずらせば著作権侵害にならないとでも?)
・昆虫の姿をリアルに描いた場合に、写真における昆虫の特徴と類似するのは当然
(そこまで似せることが至難の業では?)
・一部のウェブサイト上などで、誤解に基づく弊社書籍や著者に対する中傷があるようです。
(抹殺するなどのコメントは脅迫だが「指摘」と中傷は違うでしょ?)

とりあえずこの見解を出版社に伝えた弁護士さんのお名前をお聞きしたい。
誰がどう考えても出版社は謝罪なり利用料を提示するなりが必要な事案。
飛鳥新社は著作権のチェックで著者に確認をとったかどうかも怪しい。
この辺りの出版社「大人たち」の不手際を考えると、炎上しちゃった著者に少しではあるが同情してしまう。
そもそも出版決定後に書いた絵ではなく、大学で本を作る授業などで2年前から書き溜めたものらしい。
これを出版するにあたって周りの「大人たち」が出版経験のない著者に対しどれだけのアドバイスとチェックをしたのだろうか?
罪の軽重も考えず「社会から抹殺」などと騒ぎ立てたネットの「オトナ」も痛々しい反応ではなかっただろうか?

いずれにしても完全に「大人の不手際」であることは間違いなく、飛鳥新社の反論も虫屋の感情を逆なでする残念な対応である。
飛鳥新社としては使用料の支払いではなく「出版差し止め」を求められたことに対し、著者オリジナルの文章の部分の権利が侵害されたということだろうか?

一方で、このような「炎上」が起こると、赤白旗判定で一方を絶対悪と判定し叩きまくる「大人たち」もどうかしてると思う。
一旦謝罪して一部を認め、印税の放棄まで表明した著者が、
「虫クラスタの面々に、社会的に抹殺すると脅された」
と訴え出たらどうなるだろうか?
著作権を侵害した人間に対しては、どんな手段も許されるとでも思っているのだろうか?

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

菌床から出る水分を有難いと思ってるのはクワガタブリーダーだけ

虫naviさんが捏造コラ画像で噛みついてきた

関連記事

  1. 【速報】マルバネクワガタ属の特定外来生物指定が検討される

    写真:日本のマルバネクワガタ (月刊むし・昆虫図説シリーズ)環境省がマルバネクワガタ属1…

  2. 【お願い】君はファスナー昆虫記を見ずに死ねるか!?

    カブトムシゆかりさんも応援しているようなので、ガッツリ乗っかっていこう!Y 清き一票を Yhtt…

  3. オオクワガタ交雑問題に言及しても「圧力」なんてないよ?

    本来なら某ブログの多々ある問題をまとめて記事にしてもよいのですが、問題の焦点を散らされそうなので個々…

  4. ダイオウヒラタ「はぁ?自分ヒラタっすよぉ?」

    http://youtu.be/A2p1XqU6yb0またまたトンデモ説が飛び出したようです。…

  5. 奈良オオクワセンター、廃業してもぶっちぎりの1位!

    大人になっても8月31日という夏休み終了のお知らせは憂鬱になる。よく五月病とかいわれるけど、絶対…

  6. ファッション理系のコピペ盗用記事ではクワガタもカブトムシも育たな…

    研究者でなくとも正しい分類や学名の確認、化学的論拠を示すためには学術論文や文献を確認することは少なく…

  7. ミヤマクワガタはノコギリクワガタに圧倒されたのか?

    ミヤマクワガタ:環境変化で急減 「ノコギリ」に敗れる? - 毎日新聞 季節もあって話題と…

  8. 血統昆虫は家畜か?

    非常に興味深いブログ記事を読んだ。どしたの?クロエ:馬鹿だけど考えてみたシリーズhttp…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP