報道ステーションが謎の捏造「国税庁トップが佐川なのに確定申告の時期が来た!納税者の心境は複雑だ!」


報道ステーション「国税庁のトップが佐川なのに確定申告の時期が来た!納税者の心境は複雑だ!」意味不明

来月16日から始まる確定申告に関し、国税庁が早めの申告を促すキャンペーンを開始した。
これに対してテレビ朝日が「税金を徴収する国税庁のトップが、森友学園問題で記録を「破棄した」と繰り返してきた佐川前理財局長なだけに、納税者の心境は複雑なようだ。」と、納税意識を低下させる難癖報道を行っている。
【報ステ】確定申告キャンペーン“視線”は佐川長官
同内容の難癖報道は夕方の「スーパーJステーション」でも・・・
来月に確定申告 国税庁佐川長官に納税者は怒りの声

国税庁長官がどんな人間であろうと税金は素直に納めろと言いたい。こういう類のイチャモンは左翼の特徴でもあり、権力者が税金を搾取しているという妄想からくるものだろう。

スポンサーリンク

機関紙の存在を捏造している

本来は確定申告という定番の季節ネタで、毎年のように国税庁のキャンペーンを報じているのだが、テレビ朝日としてはどうしても森友問題にすりかえたかったのだろう。報道ステーションでは、一部の職員の声として以下のようなコメントを使っているが、これはほとんど捏造に近い。

報道ステーション「国税庁のトップが佐川なのに確定申告の時期が来た!納税者の心境は複雑だ!」意味不明
身内の視線は冷ややかなようです。国税庁の一部職員からは「領収書がなくても、おたくのトップは認められているのにと言われた」「長官の言動に職員は批判の矢面に立たされている。」
【報ステ】確定申告キャンペーン“視線”は佐川長官

これは職員の声であることは間違いではないが、紹介されている機関紙は国税庁の機関紙ではない。ここで紹介されている「全国税」とは、国税庁と50年も争っている左派系組織「全国税労働組合」の機関紙のことであり、このコメントは長官との交渉の場で組合側がぶつけた長官批判である。
労働問題の争いで発した佐川長官批判を「一部の職員の声」「機関紙」と報じるのは正確ではない。この組合機関紙は全国税労働組合のホームページ公開されており、どうみても国税庁の公認機関紙ではなく国税庁と全面対立する組合組織の機関紙である。内容的にも左派色が色濃く、とにかく国税庁を批判することに終始したものだ。
「全国税」第2078号 2017年10月25日付
森友問題をネタに労働組合が交渉しているだけなのに、あたかも国税庁の職員が直接語ったかのような報道は捏造に近いものがある。

とにかく、国税庁の長官が誰であろうと税金は払うものだ。政府機関に問題があるからといって、それをネタに納税を渋ったり労働問題の攻撃材料にするのは筋が違うだろう。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

大袈裟太郎が偶然を装い百田尚樹の自宅を突撃訪問する迷惑行為!本人登場に緊張して花束を置いて退散!大袈裟太郎が偶然を装い百田尚樹の自宅を突撃生中継する迷惑行為!本人登場に大緊張→花束を置いて退散!

逮捕された中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは!爆買いを装い毎年同じ場所に捕まりに来るマヌケな一面も逮捕された中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは!爆買いを装い毎年同じ場所に捕まりに来るマヌケな一面も

関連記事

  1. ライターの火

    元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神経ぶり

    元フジテレビアナウンサー長谷川豊さん。自ら炎上する記事をアップしておいて、批判に対して逆に「…

  2. NHK世論調査に生活の党が無い!←支持率0でした

    NHKが行った世論調査の結果に「生活の党と山本太郎となかまたち」の支持率どころか党名すらない!これは…

  3. TBSキャスターがテロリストの欲しがる情報をツイート

    TBS「Nスタニューズアイ」のキャスター、竹内明(たけうちめい)が、テロリストが欲しがるような警備情…

  4. 朝日新聞が若手ヤクザを勧誘するお得プラン

    朝日新聞がヤクザの高齢化を憂い、裏盃というお得プランで若手勧誘

    朝日新聞が無批判に暴力団の窮状を伝えている。ご丁寧に暴対法を逃れるために若手が組長と交わ…

  5. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」

    朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?…

    朝日新聞の社説がヒドい。知ってはいたがやっぱりヒドい。15日の社説「(社説)高校指導要領…

  6. 文春は「記事と姿勢」で青山繁晴氏を本気で怒らせた

    壊れた地球儀の直し方 (扶桑社新書)30日発売の「週刊文春」にスクープとして以下の記事が…

  7. 覚せい剤

    覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。

    シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。過去にも多くの芸能人・…

  8. 中国人ジャーナリスト「南京虫は産経のデマ」というデマを垂れ流す

    写真:週プレニュース記事より中国のフェニックステレビ(鳳凰衛視)の李淼(リ・ミャオ)東京…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 国会で話題!韓国人女性ツアー客7名が金塊を直腸に隠して密輸!委員会での説明に自民党議員が苦悶の表情
  2. テレビ朝日がカーリング人気に便乗し安倍批判のコラ動画放送!の、つもりがルールを知らず安倍勝利動画に
  3. 安倍首相「佐川を絶対に守れ!佐川君こそ官僚の鑑」という、素晴、らしい情報が出回っているので紹介する
  4. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  5. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  6. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  7. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  8. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  9. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  10. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP