「あたしおかあさんだから」を叩いてる人達は「社畜お父さん耐えろ!」的な歌を批判してきたのだろうか?


「あたしおかあさんだから」を叩いてる人達は「社畜お父さん耐えろ!」的な歌を批判してきたのだろうか?

元うたのおにいさん横山だいすけさんの新曲「あたしおかあさんだから」が炎上した。問題視されたのは歌詞の内容だが、社会に出た女性が結婚して子供を産むことで、それまでのキャリアや自分らしさを捨てて「おかあさん」になることを許容していく歌詞であった。
参考:あたしおかあさんだから 歌詞【横山だいすけ】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
筆者の感想は「ゾッとした」である。女性が「おかあさん」になる過程を「あきらめ人間性を失う」ようなホラー調にしているようにしか思えず、子育てと仕事の両立や父親の協力は皆無。
それはもうどゾッとする。

ただし、本人がこの生き方でよかったと思えるならそれはそれでいい。だが、それを子供に聞かせるとなると現代にはマッチしないような気もする。
この歌が社会的に多くの批判を浴びるのは当然ではあるが、一方で考えなければならないのは「男性」の生き方は歌の世界でどう描かれてきたかだ。

スポンサーリンク

お父さんは社畜のままでいいのか問題

あえて、どの歌とは限定しないが、日本に歌謡曲・ポップスというジャンルが発生して久しいが、耐えて支える女と夢を追う男という構図は紋切り型として定着してきた。しかし、時代の流れとともに、女性の自立と男性社会に対する反骨精神のようなものが歌にされることも多くなっている。
一方で、根強く残るテーマが「お父さん、お仕事がんばれソング」である。これに対して「お母さん、お仕事がんばれソング」はほとんど聞くことがない。ここで男女平等をことさらに訴えて、お父さんとお母さんを併記して歌えとまでは言わないが、これは明らかにお父さんは会社で仕事、お母さんは家で家事・子育てという仕組みが社会の現実として残っているからだろう。

例えば、理不尽な労働を強いられるお父さんに「耐えろ!頑張れ!」「パワハラ気にすんな男だろ!」「家族の笑顔で疲れも吹っ飛ぶ!」的な精神論でお父さんを社畜化する歌詞があったとして、それを批判して糾弾するような風潮はあっただろうか?
筆者の個人的な考えとしては、あくまでアーティストの表現活動であり、よほどの人権問題が絡まない限り規制したり放送禁止にするべきではないと思う。(子供向けは配慮が必要だが)
それでも歌の影響力とは絶大で、良くも悪くも社会を変える力がある。そういった意味で「あたしおかあさん」を不適切だと糾弾した人たちは「ぼくおとうさんだから」についても考えてみてはどうだろうかと思った次第です。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

社民党がボロボロ「佐藤、ツイッターやめるってよ」「石川、社民党やめるってよ」若手ホープ逃亡で大混乱社民党がボロボロ「佐藤、ツイッターやめるってよ」「石川、社民党やめるってよ」若手ホープ逃亡で大混乱

朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 告発!フジテレビ「グッディ!」が麻原死刑報道で捏造か?情報提供者「全く事実と異なる説明をされた」
  2. 山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス
  3. 社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説
  4. 【祝】ネットギークさんが左翼に転向!田中龍作が被災住民に成りすまし隠し撮りした写真を絶賛
  5. 菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!
  6. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  7. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  8. 立憲民主党支部長「5日夜はパーリィのダブルヘッダー」真山勇一「災害時、野党に権限はないのでOK」
  9. 災害デマ「自衛隊が支援物資をコンビニに輸送し販売された」深刻な食糧・水不足は避難所以外で起きている
  10. 最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP