毎日新聞の捏造発覚!「ツイッターでヘリ墜落被害家族への罵倒があふれた」実際は朝日新聞とヤフーの問題


毎日新聞の捏造発覚!「ツイッターでヘリ墜落被害家族への罵倒があふれた」実際は朝日新聞とヤフーの問題

毎日新聞が11日に配信した記事「ヘリ墜落事故:被害者に暴言、想像力欠き冷酷 」の内容に捏造があることが当サイトの調査で判明した。

毎日新聞では「翌日、父の「許せないですよね」というコメントが新聞で報じられると、ツイッター上に非難の投稿があふれた。」と報じられているが、実際のツイッターでのコメントを当サイトで調査したところ、被害家族への批判的意見はほとんど見られず、多かったのはヤフーニュースにぶらさがる「ヤフコメ」での暴言を批判するもので被害家族を気遣うものであった。その他のコメントでは「朝日新聞はヘリ墜落現場の上空をヘリで撮影するのか」といった批判が多かった。

スポンサーリンク

朝日新聞とヤフーの問題を隠す毎日新聞

毎日新聞が掲載した<何様? 墜落して亡くなった隊員の事考えねーのかよ><わざと落ちた訳じゃないし、許せないの意味が分からん><死ななかっただけいいじゃないか>はツイッターで検索すると確かに投稿が存在するが、それは数百件はあるコメントの中からわざわざ探してきた数件に過ぎない。そのうちの一つはフォロー「0」フォロワー「1」というアカウントで、投稿はほぼ全てが事件や時事問題に対する極端な暴言で、世論とは到底言えないものであった。
参考:ツイッター検索「負傷女児、ショックで口数少なく ヘリ墜落、震える住民 」

上記の検索結果を見ればわかるが、コメントで多いのはヤフーコメントで被害家族が批判されていることを悲しむようなもので、毎日新聞の「ツイッター上に非難の投稿があふれた。」という事実は確認できない。記事配信で提携するヤフーの問題をツイッターに転嫁する捏造と言っても過言ではない。

ヤフーコメントの暴言を批判する投稿の次に多いのは、自衛隊ヘリ墜落事故現場の上空にヘリコプターを飛ばしておいて、被害家族の心情を伝える朝日新聞の無神経さを批判したものだ。

実際にツイッターで起こったのは「ヤフーコメント批判」「朝日新聞批判」である。これを提携するヤフーと同業の朝日新聞に忖度して「ツイッターが悪い」と捏造しているのだから、毎日新聞のツイッターアカウントは凍結されるべきですね。

関連:再炎上!毎日新聞「受験生傷つける意図なかった」加計獣医学部受験への不適切投稿削除も説明責任果たさず
関連:毎日新聞記者がリンチ事件加害のしばき隊関係者らと飲食や隠蔽声かけリストに名前、出版社から公開質問状

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

炎上!朝日新聞が悪質な印象操作写真を投稿、安倍首相が金与正と文在寅の握手に気が付かない瞬間切り取り炎上!朝日新聞が悪質な印象操作写真を投稿、安倍首相が金与正と文在寅の握手に気が付かない瞬間切り取り

石平氏「帰化人を侮辱するような悪質な差別言論」古谷経衡氏の名指しツイート以降を時系列で並べてみた石平氏「帰化人を侮辱するような悪質な差別言論」古谷経衡氏の名指しツイート以降を時系列で並べてみた

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  2. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  3. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  4. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  5. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  6. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  7. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと
  8. 麻生大臣に無知を指摘された立憲民主・川内博史「私もあえて分かったうえで聞いている」全力で負け惜しみ
  9. 志位和夫はネトウヨ「志位和夫必勝」の旭日旗を掲げる
  10. 桂春蝶がツイッターアカウントを削除、フェイスブックには意味深投稿 不倫相手へのDV報道が原因か?




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP