共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る


共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る

日本共産党の三富稔之宝塚市議が14日早朝、党の機関紙「しんぶん赤旗」と配達中、電柱に激突する事故を起こしていたことが産経新聞の取材で判明した。事故後に市議が自ら警察に通報、駆け付けた署員が検査を行ったところ、呼気からアルコールが検出されたが、酒気帯び運転の基準値を下回っていたため逮捕には至らなかったという。
三富稔之市議は、前日の夜9時ころまでに焼酎を1合ほど飲んでいたようだが、早朝4時から赤旗の配達を行い市内の交差点を右折しようとしたところ、ハンドル操作を誤って車を電柱に衝突させたという。けが人はなかった。
参考:共産市議が電柱激突 機関紙「しんぶん赤旗」配布中に – 産経WEST

やっぱり共産党は右折が苦手なのか。
また、ざっと調べただけでも共産党の議員は酒気帯び運転が常態化していることがわかる。

スポンサーリンク

共産党議員は酒気帯び運転が多い

日本共産党の飲酒事故と言えば、北海道砂川市で2015年6月に親子5人が死傷する痛ましい事故直後の7月に、日本共産党の砂川市議が自宅で飲酒後、夜中の3時にコンビニへ買い出しに行って事故を起こし逃げ逮捕されている。
飲酒運転事故で市議会議員を逮捕!共産党であることをなぜ報道しないの?

2017年2月にも、共産党所属の岩手県遠野市議会の小松大成議員が党関係者と事務所で飲酒後に自損事故を起こしたが、警察には飲酒の事実を隠して物損事故として報告していた。その後「隠し続けることが怖くなり耐えられなくなった。」として同議員は辞職をしている。
飲酒運転の市議辞職「隠すことに耐え切れず」 | 河北新報オンラインニュース

2017年12月には、これまた日本共産党所属で長野県木島平村の樋口勝豊議員が、深夜に酒と睡眠薬を同時に使用し、翌日の午前中に追突事故を起こしている。
71歳共産党村議が議員辞職の意向 長野県木島平村 酒気帯びで物損事故か – 産経ニュース

これが与党系の議員なら、どれだけマスコミは騒いだだろうか?

議員に新聞配達させる日本共産党

今回事故を起こした三富稔之市議に限らず、日本共産党では現職の議員らにも機関紙「しんぶん赤旗」を配達させている。
党の機関紙という扱いにはなっているが、政治部、社会部、経済部など通常の新聞社と同様の組織で紙面を作っており、テレビの番組欄まである。これにより日本共産党は、党員や赤旗購読者に党の方針に沿った報道を行うことが出来るため、現職議員まで駆り出して日刊の発行を維持しているのだ。
専業や未成年の配達員なら今回のような飲酒問題は無いだろうが、しんぶん赤旗のように現職議員にまで配達をさせていては同様の事故はまた起こるだろう。議員活動をするうえで、夕方以降にも支援者・市民の声を聴くために会合や酒席に顔を出すことは頻繁にあるだろうし、そもそも生活のサイクルが新聞配達員とは違うのだから。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

中日新聞配達員が66歳女性に朝刊と体液をお届けして逮捕、中日新聞「再発防止に努める」←再発するの?中日新聞配達員が66歳女性に朝刊と体液をお届けして逮捕、中日新聞「再発防止に努める」←再発するの?

変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長を盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  2. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  3. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  4. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  5. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  6. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  7. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端
  8. 検証!愛媛県提出文書にねつ造を疑われる矛盾点多数「政治的動きは難しい」と官邸の優遇を否定する記述も
  9. 検証!「蓮舫が国会をサボって台湾旅行、中国SNS微博にだけ写真投稿」は本当なのか?
  10. ラサール石井・水道橋博士が拡散、高須院長や桂春蝶を「余命大量懲戒請求のネトウヨ」と疑う名誉棄損記事

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP