上念司「ニュース女子、番組続いちゃうね」終了は誤解、結果的にMXがDHCから手を切られる形に


上念司「ニュース女子、番組続いちゃうね」終了は誤解、結果的にMXがDHCから手を切られる形に

朝日新聞デジタルが1日に配信した記事が波紋を呼んでいる。
昨年の1月、沖縄の米軍基地反対派に関する放送が問題視された「ニュース女子」が、今春の番組改編をもって“打ち切り”になるという。
「ニュース女子」打ち切りへ MXと制作会社に隔たり:朝日新聞デジタル

この情報は深夜の配信であったにも関わらず、瞬く間にSNSを駆け巡った。しかし、その過程で、あたかも番組自体が終了するという誤解が生じているようだ。
同番組にも出演する経済評論家の上念司氏は、この誤解に対し以下のような見解を示している。

MXでの再配信が終了するだけで番組制作は継続、その他17の地方局やネットでの配信は継続する予定とのことだ。DHCがスポンサーでMXが制作しているという誤解があるようだが、DHCテレビジョンが放送枠を買い取る形で、自社制作の番組を各局で放送しているというのが事実。
参考:ニュース女子の放送予定
打ち切りについては、先行してC.R.A.Cの野間易通氏がツイッターで明かしていたが、事業に関わる内部情報をリークする人間がいるということだ。

スポンサーリンク

野間易通氏の周辺にリーク

MXもDHC非上場ではあるが、事業に関する内部情報が外部にリークされているのは問題だ。
2月26日、C.R.A.Cの野間易通氏は以下のようにツイートしている。

言論弾圧との意見に対しては、

MXへの抗議が裏目に出たことを理解していないようだ。
一度でも地上波で放送を開始した以上、それを強引に打ち切りに追い込めば、その視聴者をインターネット配信に持ち去られる。そうやってBPOの影響範囲外に相手を追いやった結果、不都合な真実を自由に放送されてしまうわけだ。
また、抗議によって打ち切った「ヘタレ枠」を新たなスポンサーに売り込む営業も苦心するだろう。

関連:辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

中3男子ひき逃げ容疑の町議の過去、8年前に歩行者をはねて死亡させる事故を起こし辞職も選挙で上位当選中3ひき逃げ容疑の町議、8年前に歩行者をはねて死亡させる事故を起こし辞職もせず選挙では上位当選

共産党・池内さおり「あのモンスター(安倍政権)を倒して!と託された」赤い魔物、志位さんのことでは?共産党・池内さおり「あのモンスター(安倍政権)を倒して!と託された」赤い魔物、志位さんのことでは?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 検証!玉城デニーは辺野古移設閣議決定した鳩山政権を擁護したのか?
  2. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  3. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  4. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  5. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  6. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  7. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  8. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  9. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  10. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP