上念司「ニュース女子、番組続いちゃうね」終了は誤解、結果的にMXがDHCから手を切られる形に


上念司「ニュース女子、番組続いちゃうね」終了は誤解、結果的にMXがDHCから手を切られる形に

朝日新聞デジタルが1日に配信した記事が波紋を呼んでいる。
昨年の1月、沖縄の米軍基地反対派に関する放送が問題視された「ニュース女子」が、今春の番組改編をもって“打ち切り”になるという。
「ニュース女子」打ち切りへ MXと制作会社に隔たり:朝日新聞デジタル

この情報は深夜の配信であったにも関わらず、瞬く間にSNSを駆け巡った。しかし、その過程で、あたかも番組自体が終了するという誤解が生じているようだ。
同番組にも出演する経済評論家の上念司氏は、この誤解に対し以下のような見解を示している。

MXでの再配信が終了するだけで番組制作は継続、その他17の地方局やネットでの配信は継続する予定とのことだ。DHCがスポンサーでMXが制作しているという誤解があるようだが、DHCテレビジョンが放送枠を買い取る形で、自社制作の番組を各局で放送しているというのが事実。
参考:ニュース女子の放送予定
打ち切りについては、先行してC.R.A.Cの野間易通氏がツイッターで明かしていたが、事業に関わる内部情報をリークする人間がいるということだ。

スポンサーリンク

野間易通氏の周辺にリーク

MXもDHC非上場ではあるが、事業に関する内部情報が外部にリークされているのは問題だ。
2月26日、C.R.A.Cの野間易通氏は以下のようにツイートしている。

言論弾圧との意見に対しては、

MXへの抗議が裏目に出たことを理解していないようだ。
一度でも地上波で放送を開始した以上、それを強引に打ち切りに追い込めば、その視聴者をインターネット配信に持ち去られる。そうやってBPOの影響範囲外に相手を追いやった結果、不都合な真実を自由に放送されてしまうわけだ。
また、抗議によって打ち切った「ヘタレ枠」を新たなスポンサーに売り込む営業も苦心するだろう。

関連:辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

中3男子ひき逃げ容疑の町議の過去、8年前に歩行者をはねて死亡させる事故を起こし辞職も選挙で上位当選中3ひき逃げ容疑の町議、8年前に歩行者をはねて死亡させる事故を起こし辞職もせず選挙では上位当選

共産党・池内さおり「あのモンスター(安倍政権)を倒して!と託された」赤い魔物、志位さんのことでは?共産党・池内さおり「あのモンスター(安倍政権)を倒して!と託された」赤い魔物、志位さんのことでは?

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  2. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  3. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  4. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  5. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  6. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  7. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  8. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  9. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP