ネリに無期限資格停止処分!スポーツマン精神を忘れたボクシングはただの暴力、ネリからルールを守れ!


ネリに無期限資格停止処分!スポーツマン精神を忘れたボクシングはただの暴力、ネリからルールを守れ!

世界ボクシング評議会(WBC)は2日、WBC世界バンタム級タイトルマッチで山中伸介選手を2回TKOで破ったルイス・ネリを、無期限資格停止処分にすることを発表した。
減量失敗が故意によるもので、減量状態での試合を避けたという疑惑がある同選手だが、意図しようとしまいと体重差が2階級も違う状態では体力差・パワーの違いは歴然で、相手の山中選手には大変なリスクを伴う試合となったことは事実だ。
ネリ陣営は王座よりも26連勝を優先させたのだ。興行である以上はアンフェアな状態でも戦わなければならなかった山中選手の事情を考えると、とても危険な試合を強いられたわけで、ネリのやったことはボクシングではなく、ルールを守らない男のただの暴力とも言える。

スポンサーリンク

選手が遵守するルールと、業界が守るルール

報道では、栄養士のマルコ・アントニオ・ペレス氏の、一日7キロもの水を飲ませるという独特の減量法に原因があるとも伝えられているが、本人も含めネリ陣営の誰もそれに疑問を抱かなかったはずはない。前日計量で2.3キロオーバー、起床時では3キロもオーバーということは、数日前には計量パスが困難である状態が明白であったことは間違いない。
この栄養士の失敗だと言うならば、ネリ陣営はなぜ当日になっても体重増加の状態で放っておいたのか?前日に3キロ以上オーバーしていた人間が、朝起きたら3キロ以上減っているなどという非科学的なことを信じたとは到底思えない。明らかに53.5キロ以下で山中選手と戦うことを避けている。

陣営の対応も悪質だが、過酷な減量から逃げて連勝記録のために王座を投げ捨てたネリはもっと悪質だ。勝った後の派手なアピールも反省ゼロの証拠で顰蹙を買っているが、なによりネリは山中慎介というボクサーが怖かったのだ。

こんな人間をリングに戻せば、今後も同じことが起こる。ネリにルールを遵守させるよりも、WBC含め全団体が、ボクシングと暴力を隔てる壁「ルール」をネリから守らなければならない。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

共産党またピンチ!しんぶん赤旗の庁舎内勧誘禁止、藤沢市議会が陳情を了承!一方、北九州市では・・・共産党またピンチ!しんぶん赤旗の庁舎内勧誘禁止、藤沢市議会が陳情を了承!一方、北九州市では・・・

元毎日新聞記者「安倍首相が辞意表明、天皇陛下に近い筋からの情報」昨年は「末期癌で余命3か月」のデマ元毎日新聞記者「安倍首相が辞意表明、天皇陛下に近い筋からの情報」昨年は「末期癌で余命3か月」のデマ

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  2. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  3. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端
  4. 検証!愛媛県提出文書にねつ造を疑われる矛盾点多数「政治的動きは難しい」と官邸の優遇を否定する記述も
  5. 検証!「蓮舫が国会をサボって台湾旅行、中国SNS微博にだけ写真投稿」は本当なのか?
  6. ラサール石井・水道橋博士が拡散、高須院長や桂春蝶を「余命大量懲戒請求のネトウヨ」と疑う名誉棄損記事
  7. これは怖い!ローソンが「たい焼」の袋に「今川焼」を入れて販売、同じように見えてもアレルゲンに違い
  8. 希望・柚木議員が質問中10回も髪をフワッとかきあげる!髪を切れば質問時間がもっと確保できるとの指摘
  9. 炎上!沖縄タイムス運営の求人サイトが暴言「お前に志望する理由はねぇ!!」無職イジりキャラ転向で失敗
  10. 韓国大統領府が朝日新聞を「嘘の新聞」と認定→出禁に!韓国報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP