パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ


パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ

民進党の小西洋之・杉尾秀哉両議員が財務省を訪れ、森友の決裁文書を求めたが開示されず、担当の理財局からは鍵をかけて締め出されたというニュースが流れている。ニュース動画では、締め出されて苦笑する両議員の映像が使われているが、この前に職員を1時間に渡り問い詰めた際の写真がコチラ。
パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ
怯えて手を膝の上に置いて凍り付く職員を睨みつけ、腕組みをしてふんぞり返っている。

スポンサーリンク

役人の人権は無視、マスコミには媚びる民進党

野党議員が財務省の対応に不満を持つのは仕方のないことではあるが、職員を恫喝するような態度で問い詰めるのはパワハラ以外の何物でもない。人と対面するにあたって、腕を組みふんぞり返り、相手を睨みつけるようなことは議員にあるまじき態度である。
職員にはこのような高圧的な態度をとっておいて、小西洋之議員はマスコミのカメラが入るところではニヤニヤとしてインタビューに答えている。


出典:Mi2さんのツイート

民進党議員お得意の直撃訪問シリーズであるが、わざわざマスコミ各社に連絡して財務省の向かう途中からカメラを回させるあたり、パフォーマンスと言われても仕方ないだろう。文書が開示されないことも期待していたとしか思えない。
杉尾秀哉議員も、怯えて手を膝の上に置き凍り付く職員の写真を撮らせ、それをフェイスブックにアップするという悪趣味なことをしているが、これも有権者から見たらイメージが最悪であることを理解していないようだ。

例の森友の決裁文書が財務省にもあるというので、同僚の小西議員と共に財務省へ。ところが、出してくれるはずだったコピーが、急に「渡せない」という話になり、一時間近く押し問答。それでもラチがあかず、担当の理財局まで行きましたが、部屋はカギが掛かっ…

杉尾 ひでやさんの投稿 2018年3月6日(火)

彼らにとっての官僚に人権は無く、何をしても許されると思っているのだろう。
かつて蓮舫が松岡農水相を自殺に追い込んだように・・・
関連:後藤議員だけじゃない!蓮舫は相手が自殺するまで恫喝を続けていた
関連:和田政宗議員「朝日新聞が別の文書を取り違え?」朝日の指摘内容と一致する全く別の決裁文書が公開される

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

元毎日新聞記者「安倍首相が辞意表明、天皇陛下に近い筋からの情報」昨年は「末期癌で余命3か月」のデマ元毎日新聞記者「安倍首相が辞意表明、天皇陛下に近い筋からの情報」昨年は「末期癌で余命3か月」のデマ

有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  2. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  3. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  4. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  5. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  6. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  7. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと
  8. 麻生大臣に無知を指摘された立憲民主・川内博史「私もあえて分かったうえで聞いている」全力で負け惜しみ
  9. 志位和夫はネトウヨ「志位和夫必勝」の旭日旗を掲げる
  10. 桂春蝶がツイッターアカウントを削除、フェイスブックには意味深投稿 不倫相手へのDV報道が原因か?




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP