朝日新聞記者が活動家にリーク?自殺した近畿財務局職員の個人情報漏洩は真実か、朝日新聞は回答を拒否!


朝日新聞記者が活動家にリーク?自殺した近畿財務局職員の個人情報、独自入手の証言は真実か?

9日の午後に速報が流れた「近畿財務局職員が自殺」というニュース。この情報はマスコミよりも早く、午前中にはネット上に噂が流れており、マスコミが自粛している個人名なども含まれていた。
その中で、自分が一番早くネット上に流したと証言する人物がいる。この人物は当初、自殺者の個人情報をリークしてきたのは「朝日の報道記者」と記述していたが、現在は書き換えられている。
書き換え前の編集履歴
朝日新聞記者が活動家にリーク?自殺した近畿財務局職員の個人情報、独自入手の証言は真実か?

3月9日 My …

Masamichi Tanakaさんの投稿 2018年3月9日(金)

スポンサーリンク

朝日新聞社は回答を拒否

この人物の編集前の投稿では、間違いなく「朝日の報道記者」から自殺者の情報を得た経緯が書かれている。それが、後になって「朝日の報道記者」と「朝日のスクープ」という文言から朝日の文字が消され「報道記者」「スクープ」となっている。
この書き換え前の「朝日」が真実であるならば、朝日新聞の記者が取材や社内情報で得た自殺者の個人情報を外部に漏らしたということになり、重大なコンプライアンス違反となる。

リークを受けたとされる活動家の投稿はマスコミより早く、実名と所属部署の役職等も書かれており、遺書に書かれていた内容も含まれていた。しかし、9日の朝に記者が知っていたのに、朝日新聞が速報を打っていないことは不自然で、そんな重要な情報を記者が軽々しく喋るとも思えない。
当サイトでは朝日新聞に問い合わせてみたが、最初の対応した人物は「一般論だが、時系列的にあり得ないと思う」と答え、その後「上のものに代わる」と言って電話を転送され、そこで対応した人物は「何も答えられない」と一切の回答を拒否した。

活動家の証言に矛盾も

本当に、職員自殺の情報をネット上で最初に公開したのはこの活動家なのだろうか?
初出までは確認できなかったが、著名なところでは経済評論家の上念司氏が、平仮名の名前ではあるが未確認情報として活動家より数時間も早く公開している。

しかし、著述家の菅野完がリリースした「重いメルマガ」が今回の自殺の事と思われ、最も早く情報を掴んで情報を流した人物ともとれる。

こうなると、先述の活動家の証言は怪しくなってくる。菅野完氏のメルマガから拡がっていった情報を入手して、活動家がフェイスブックに独自情報として流していた可能性も出てくる。
無論、この菅野完氏のメルマガがきっかけで、朝日の記者に確認したという見方もあるのだが・・・

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

菅野完さん、望月衣塑子記者の悪行を全部バラす!望月衣塑子と東京新聞社会部、2カ月前から出入り禁止に菅野完さん、望月衣塑子記者の悪行を全部バラす!望月衣塑子と東京新聞社会部、2カ月前から出入り禁止に

書き換え問題ヒアリングで民進・桜井充議員がニヤニヤ、国の一大事に笑顔がこぼれる正直者書き換え問題ヒアリングで民進・桜井充議員がニヤニヤ、国の一大事に笑顔がこぼれる正直者

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  2. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  3. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  4. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  5. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  6. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  7. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと
  8. 麻生大臣に無知を指摘された立憲民主・川内博史「私もあえて分かったうえで聞いている」全力で負け惜しみ
  9. 志位和夫はネトウヨ「志位和夫必勝」の旭日旗を掲げる
  10. 桂春蝶がツイッターアカウントを削除、フェイスブックには意味深投稿 不倫相手へのDV報道が原因か?




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP