森会長が北の東京五輪参加に拉致問題で釘を刺す「いつまでも帰さず拉致している、理解して進めるべき」


森会長が北の東京五輪参加に拉致問題で釘を刺す「いつまでも帰さず拉致している、理解して進めるべき」

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は24日、北朝鮮が東京オリンピックへの参加意思があることを、IOC(国際オリンピック委員会)が確認したと発表したことについて、北朝鮮による日本人拉致問題が未解決であることを懸念し「日本人の気持ちも十分に承知し、これからの話を進めてほしい」と述べた。

総理時代を含め、散々と問題発言で世間を賑わした森会長であるが、これは至極真っ当な意見であり日本開催の五輪開催委員長として、はっきりと伝えておくべきことでしょう。

スポンサーリンク

北の参加は拉致問題解決が条件

森会長は、平昌五輪への北朝鮮参加にも懸念を示していた。
森会長は「ただお祭りに来る、(アイスホッケー女子で南北の)合同チームができるということだけで一時的な平和状態というか、そういうものをつくることでいいのかどうか。ちょっと疑問を感じる」と述べ、安倍首相の開会式出席にも「政府同士で合意ができたものを、政権が替わったから反故にします、と。そんな例は過去にない。(首相の)内心はやっぱり複雑な思いがあると思う」と述べていた。
出典:森会長、北朝鮮の五輪参加で懸念=平昌大会に「疑問感じる」:2018平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピック:時事ドットコム

結果的に平昌五輪で作られた融和ムードは、北朝鮮が韓国や周辺諸国と対話する姿勢に転じている。しかし、北朝鮮が油断ならない相手であることは今でも変わりはなく、ただ単純に東京五輪への参加を歓迎するわけにもいかないだろう。

本来は政治を五輪には持ち込まないことが原則であるが、平昌での南北融和が称賛されるならば、日本は拉致問題解決を念頭に北朝鮮の五輪参加を受け入れる姿勢で良いのではないだろうか?
無論、2020年まで拉致被害者家族を待たせてはいけない。北朝鮮が五輪参加を表明し、周辺諸国や米国と交渉を再開するのであれば、拉致問題を最優先事項として約束の履行をしてもらわなければ。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

TBS金平茂紀「報道が仕えているのは国民であって」←その割には偉そうだし、国民を騙そうとしてるよねTBS金平茂紀「報道が仕えているのは国民であって」←その割には偉そうだし、国民を騙そうとしてるよね

小西ひろゆき議員が福田康夫内閣の総辞職を求める!10年前退陣→麻生→民主党政権→安倍政権←イマココ小西ひろゆき議員が福田康夫内閣の総辞職を求める!10年前退陣→麻生→民主党政権→安倍政権←イマココ

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  2. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  3. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  4. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  5. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  6. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  7. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  8. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  9. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  10. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP