#MeToo な人達がなぜか沈黙、毎日放送(MBS)局長がセクハラ→出勤停止3日という休暇で済ます


#MeToo な人達がなぜか沈黙、毎日放送(MBS)局長がセクハラ→出勤停止3日という休暇で済ます

他人のセクハラ問題には厳しいMBS

毎日放送(MBS)の男性局長が、女性社員に対してセクハラ行為を行っていたとして、出勤停止3日の懲戒処分を受けていたことが朝日新聞などの取材で分かった。
男性局長が3月の送別会で酒に酔い、女性社員に対しセクハラ行為を行ったという情報があり、社内で調査したところ事実であることの確認が取れたという。毎日放送コンプライアンス室広報部は「処分したことは事実。詳しい行為の内容については話せない」と、セクハラの程度については公表していない。
参考:MBS局長がセクハラ行為 出勤停止3日の懲戒処分:朝日新聞デジタル

毎日放送では2016年、派遣社員女性の体を触ったり抱き着いてキスをするなどしたとして、4人の男性社員が処分を受けている。

スポンサーリンク

MBSには沈黙の#MeTooな人たち

2016年のセクハラ問題に続いて、今回は局長という強い立場の人間がセクハラ行為に及んでいる。社内のコンプライアンス意識や、女性の人権に対する意識が希薄であると批判されても仕方ない状況であるが、普段は「女性の人権が!」と大バッシングする人たちが何故か沈黙している。

毎日放送(MBS)といえば、ニュース女子問題でも偏向した番組作りで左翼界隈に媚びを売りまくった放送局だ。ニュース女子問題をめぐっては、救急車の通行妨害があったとするニュース女子の内容を、担当ディレクターが消防車に確認し「デマ」と断定し証言男性の名誉を棄損している。
この救急車通行妨害問題は、後にニュース女子側が消防署に取材したところ「見方によっては邪魔をされたということも、無きにしも非ず」という、立場上は明言できないような微妙な回答を得ており、毎日放送(MBS)の電話取材が偏った質問と誘導によるものであったという疑惑があり、BPOの検証でも事実として通行できない状況にあったことが確認されている。
参考:『メディアの権力』を監視する : MBSの斉加尚代が作った「ニュース女子」批判番組の酷

普段は#Metooのハッシュタグを掲げ、セクハラ加害男性の人生が詰むまで吊るし上げる人たちは、こうやって自分たちに都合の良いメディアのセクハラ行為は見て見ぬふりを決め込んでいる。
2016年に続き、強い立場の男性が女性の人権を踏みにじり、それを極めて軽微でリスクもない出勤停止3日という処分にした毎日放送。慣例に従い連日連夜、毎日放送本社前でデモを行うべきである。

関連:ベッキータイキック批判で見事炎上の志葉玲、セクハラ被害を訴えた嫁に「お前がじじいを調子にのせてる」

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

しんぶん赤旗日曜版がエロ週刊誌になってた→「背徳の露天 三朝温泉つかってよし飲んでよし吸ってよし」しんぶん赤旗日曜版がエロ週刊誌になってた→「背徳の露天 三朝温泉つかってよし飲んでよし吸ってよし」

相撲で売名?女性市長(元・社民)「土俵上でのあいさつ断られた!」→舞鶴の救護女性問題直後に申し入れ自作自演?土俵上でのあいさつ断られた女性市長(元・社民)救護女性問題報道の直後に突然申し入れていた

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 朝日新聞記者「産経新聞にそっち系の広告がw」←ネットの閲覧履歴から表示されるエロ広告ですよねぇ?
  2. 反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
  3. バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到
  4. ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」
  5. 共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!
  6. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  7. 大阪地震「追及するいいチャンス」太田房江元大阪府知事が投稿、松井知事がツイッターで反論
  8. 捏造か?AERA(朝日系列)が地震速報デマを拡散、数値をこっそり改ざんするもデマはそのまま
  9. 自称「ゴール前の魔術師」小西ひろゆき議員がコロンビアの反則を称賛、ついでに安倍政権を批判して大炎上
  10. 「名前を確かめるために、とっさに浮かんだ名前を小さい声でうんと言ったんですね。それでこれはもう決定的だなと思いました」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP