拉致被害者の蓮池薫さん「拉致問題の見返り、政府が解決しようとしたら受け入れ、支持していただきたい」


拉致被害者の蓮池薫さん「拉致問題の見返り、政府が解決しようとしたら受け入れ、支持していただきたい」

拉致被害者の蓮池薫氏が重要な提言をしている。

29日、フジテレビ系「池上彰緊急スペシャル 激動の朝鮮半島!どうなる拉致問題!平成の宿題 徹底解説」において、ジャーナリストの池上彰氏と対談した蓮池薫氏は、拉致問題解決に向け、我々日本国民にできることとして、以下のような提言を行った。

私は国民の皆さんにお願いしたというのはですね、そもそも拉致というものは国家犯罪、そこに見返りとか、そういったものはあり得ないと、それは当然、正論だと思いますが、しかし拉致というものを解決すれば国交正常化という、このパターンをですね、受け入れていただきたい、支持していただきたいと。
強気にいって追い込んで降伏させるというのには時間がかかるし、なかなか無理だろうと当面は。だからそれで日本政府が柔軟な政策に基づいて解決しようとしたときに、積極的に支持していただければ政府は動きやすいでしょうし、そうすれば解決の道は大きく開いてくるのかなと。まさにそのタイミングは今、近づいてきているのかなと思います。

拉致問題に取り組む保守層の一部では、北朝鮮に一切の見返りを許さないという強固な姿勢を力説する人もいる。無論、国家犯罪に対して見返りを約束することが好ましいことでないことは事実。

しかし、それは拉致被害者の奪還という至上命題よりも優先されるものだろうか?
もしかして、それは日本で平和に暮らす我々の身勝手なプライドではないのか?

以下に、拉致問題解決に向け「私たちにできること」として蓮池薫さんが語った重要な部分を書き起こしたので、理解し受け入れられるようになるまで何度でも読み返していただきたい。

スポンサーリンク

蓮池薫さんからのお願い、書き起こし

池上 まだまだ北朝鮮には当然、拉致されて戻って来られない人たちが大勢いるということですね。

蓮池 ええ、いるとおもいます。

池上 その人たちどんな生活しているんでしょうね。

蓮池 おそらく北朝鮮は死亡とか拉致していないとは言っていますが、多分どこかで彼らをカードとして日本に帰さざるを得なくなる状況も想定していると思うんですね。そういう状況にありますので、まずは非常に奥深く隠蔽している、隠していることは想像されます。と同時に、健康状態であったり、いろんな面でケアはしっかりしていると思われます。
ただ自由はない。

池上 そういう人たちを日本に取り戻すために日本政府あるいは私たちは何ができるとお考えですか?

蓮池 私は、なぜ北朝鮮という国が拉致を認めたというその理由、2002年つまり日本との関係改善と、いわゆる国交正常化とその後にある植民地支配に対する賠償、日本の支払いですよね。それがあるからこそ、1兆円とか2兆円とかいう莫大な経済的な支援が得られるというのがあったから動いた。その状況が2006年ですか、北朝鮮が核実験をやりミサイルを撃ち、ということの中でかなりトーンダウンしてしまった。そういう平壌宣言ですよね、それはもう話にあがらなくなって、こういう状況できたが動くモチベーションというか動機というのは、なくなってしまっていた、ほぼ見えなくなっていたと思います。
ところが現在、米朝間で制裁やら軍事的圧力の結果でもあるかと思うんですが、北が非核化に動こうとする兆しが見えてきたんです。これはつまり核ミサイルの問題が解決する可能性が見えてきている。ならばそこに拉致問題さえ解決すれば、あの2002年の、そのときの平壌宣言がもう一回復活する可能性が出てきているわけです。だから非常に大きなチャンスが今、到来しつつあるのかなと、それで大きな期待をしております。

池上 平壌宣言というのは、それこそ拉致問題が解決し、そうしたら国交正常化交渉を始めるということになってましたよね。

蓮池 ええ、始めて、その後は経済協力ということで。

池上 ですからこれからですけども、米朝交渉の結果、本当に非核化の道筋が見えてきて、本当に絶対、核は廃棄するんだよと、あるいはミサイルもどこまで廃棄するのか分かりませんけれども、これで拉致を解決すれば正常化にいくんだよと言えるわけですよね。

蓮池 ええ、そういうことです。北朝鮮としては今回、党中央委員会総会が大きく舵を切ったわけですね。この舵を切ったということは外貨を念頭に置いているわけですね。

池上 なるほどね。外資導入、外国からお金を期待しているわけですね。

蓮池 そこで大きな役割をできるのは日本。日本というのは、もうしっかりと頭に入っていると思うんです。ですからそのときに日本がうまく交渉をしてですね、2002年の状況をもう一回回復して先に進みましょうと。北にとっては非常に興味のあるといいますか、十分に動く動機となる状況が作られるとは思います。

池上 日本政府としてはその方針でやって欲しいという思いがおありなんでしょうけども、私たち日本にいる者として何ができるのか、多くの人が実は、さあ何ができるだろうと歯がゆい思いを持ってるんですけどね。

蓮池 私は国民の皆さんにお願いしたというのはですね、そもそも拉致というものは国家犯罪、そこに見返りとか、そういったものはあり得ないと、それは当然、正論だと思いますが、しかし拉致というものを解決すれば国交正常化という、このパターンをですね、受け入れていただきたい、支持していただきたいと。
強気にいって追い込んで降伏させるというのには時間がかかるし、なかなか無理だろうと当面は。だからそれで
日本政府が柔軟な政策に基づいて解決しようとしたときに、積極的に支持していただければ政府は動きやすいでしょうし、そうすれば解決の道は大きく開いてくるのかなと。まさにそのタイミングは今、近づいてきているのかなと思います。

関連:民進党・塩村文夏が拉致被害者奪還運動を中傷「ブルーリボン、日の丸、時代に切り捨てられた世代の特徴」
関連:暴言!田中真紀子「拉致問題解決は余計なこと、拉致での訪米は旅費の無駄」外国特派員協会で笑いのネタに

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

捏造!TBS系モスクワ支局長「会見に大臣が現れない、何かがおかしい」変更前の会見場を撮影して投稿捏造!TBS系モスクワ支局長「会見に大臣が現れない、何かがおかしい」変更前の会見場を撮影して投稿

東京新聞・望月衣塑子がヘイトデマ拡散!「あいつには岸の血が流れている」後藤田正晴のコメントを捏造東京新聞・望月衣塑子がヘイトデマ拡散!「あいつには岸の血が流れている」後藤田正晴のコメントを捏造

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 検証!玉城デニーは辺野古移設閣議決定した鳩山政権を擁護したのか?
  2. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  3. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  4. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  5. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  6. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  7. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  8. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  9. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  10. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP