朝日新聞記者の妄想がヤバい「理事長は首相に会ったと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られた」


朝日新聞記者「理事長は首相に会いましたと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られた」妄想が酷い

朝日新聞の上丸洋一記者が、加計理事長と首相が面会した事実が無かった事に関し「会いましたと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られたのでは」などと、根拠のないツイートを行っている。

加計学園事務局長「理事長が首相に会ったと愛媛県・今治市の職員に説明したが、あれはウソでした。その場の雰囲気で、ふと思ったことを言ってしまった」
これって「理事長は首相に会いました」と自供したも同然。国会の集中審議の前にウソだったことにしろと迫られたのでは、と勘繰りたくなる。

ほとんど言ってることが意味不明。ただひたすら政権を貶めたいという歪んだ願望が彼の思考能力を破壊してしまったのだろうか。この上丸記者は「面会の事実無し」と判明した5月26日以降、繰り返し同様の妄想投稿を行っている。

スポンサーリンク

政権憎しの歪んだ妄想が怖い

まず、首相と加計理事長が面会したという文書が提出された際のツイートがコレだ。


朝日新聞の取材が元になっているようだが、いつもの匿名議員の証言で信用度が低い。それを得意げに「8対2で愛媛県の方が正しいだろう」とツイートしてしまっている。

しかし、数日後には加計学園側が「面会の事実はなく事実と異なることを職員に伝えた」というコメント発表。これがよほど悔しかったのだろう。妄想ツイートが止まらなくなる。

「官邸からの指示ですか」(それはあなたの願望)


「これで理事長の証人喚問が避けられなくなった。」(意味不明)


「会っていない言っていないというウソがつけないために、奥の手を」(漫画の探偵みたいな発想)


「正直に言います。あれはウソでした、とウソつく加計学園」(笑点でしか通用しないぞ)


「本人にはウソをつく理由がある。」(冤罪事件の仕組み)

朝日新聞さんはファクトを無視した妄想記者を雇ってるんですか?
記者は事実確認を行い推測を確証に変え、事実のみを伝える仕事ではないのか。

この上丸記者は過去にも願望が妄想に変わる症状を発症しているが改善されていない。朝日新聞ではこれが普通なんだろうか。
朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

沖縄サヨク迷走、石垣島陸自配備意見交換会に反対派の参加1名のみ!会場周辺でプラカを掲げる謎の行動も沖縄サヨク迷走、石垣島陸自配備意見交換会に反対派の参加1名のみ!会場周辺でプラカを掲げる謎の行動も

恥知らず!朝日新聞社員のセクハラ発覚後も社説で「常識はずれの人権感覚」と財務省セクハラ問題を批判恥知らず!朝日新聞社員のセクハラ発覚後も社説で「常識はずれの人権感覚」と財務省セクハラ問題を批判

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 自称「ゴール前の魔術師」小西ひろゆき議員がコロンビアの反則を称賛、ついでに安倍政権を批判して大炎上
  2. 「名前を確かめるために、とっさに浮かんだ名前を小さい声でうんと言ったんですね。それでこれはもう決定的だなと思いました」
  3. 大阪地震「朝鮮人が井戸に毒」デマを流すアカウント、ツイート履歴から見えてきた意外な意図
  4. NHKが拉致問題のニュースで岩手ちゃぶ台返し大会の映像を使用「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し」
  5. 至学館学長の栄監督解任理由「昼ご飯を食べに行った、これはダメだ」同席の千原せいじ「体悪くしてた」
  6. 笑顔でないと出勤登録できない勤怠システムが大不評、弁護士「労基法違反、労基署は踏み込むべし」
  7. 速報!元・自民党議員が「レイバンの激安サングラス販売」を再開、昨年12月に続き2度目の大セール
  8. 共産党が個人寄附を許可なく返送、針のむしろに座らされ精神・肉体に変調をきたし除名された議員が明かす
  9. 共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」
  10. 【完全動画】強行採決ではなく騙し討ち?IR実施法案、衆院内閣委でのデタラメ採決をご覧ください

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP