恥知らず!朝日新聞社員のセクハラ発覚後も社説で「常識はずれの人権感覚」と財務省セクハラ問題を批判


恥知らず!朝日新聞社員のセクハラ発覚後も社説で「常識はずれの人権感覚」と財務省セクハラ問題を批判

5月24日発売の週刊文春で、社内でのセクハラ隠蔽問題が報じられた朝日新聞。問題発覚後も事実関係を明らかにせず、何食わぬ顔で他人のセクハラ問題を語るという恥知らずな行動に出ている。

31日掲載の社説では、麻生大臣の財務省セクハラ問題の対応について「常識はずれの人権感覚」などと批判を展開している。朝日新聞には恥という概念がないのだろうか?

前事務次官のセクハラ問題でも、常識はずれの人権感覚を露呈した。
 これほど前代未聞の不祥事を重ねた責任を直視せず、開き直る麻生氏を、いつまで副総理兼財務相にとどめるのか。安倍政権には、もはや普通の政治モラルを問うこともできないのか。
出典:(社説)麻生財務相 もはや辞めるしかない:朝日新聞デジタル

また、2日には武蔵大学の千田有紀教授(現代社会学)のコラムを掲載しているが、ここでも朝日新聞のセクハラ問題には一切触れていない。

スポンサーリンク

朝日新聞に忖度する執筆陣

2日掲載の千田有紀教授のコラムは「(ひもとく)セクハラ 被害者・加害者、ねじれる認識」というタイトルだが、財務省の福田前事務次官によるテレビ朝日記者へのセクハラを取り上げ「被害者の気持ちや立場を尊重」としている。しかし、その問題より先に朝日新聞は自社のセクハラ問題を隠蔽していたことなどには一切触れていない。

 日本のMeToo運動を牽引(けんいん)したのは、なんといってもひとつは伊藤詩織さんの『Black Box ブラックボックス』だろう。詩織さんは、自分が受けた性暴力と、逮捕状まで出ていた加害者がなぜか裁かれない司法の不正義について書いている。福田淳一・前財務省事務次官のセクハラ問題は、前次官が要職についていたことにより、事態が複雑化した。被害者は詩織さんの行動に勇気をもらったと伝えられている。
出典:(ひもとく)セクハラ 被害者・加害者、ねじれる認識 千田有紀:朝日新聞デジタル

千田教授に限らず、朝日新聞系列の媒体で「#MeToo」を訴えてきた面々は、紙面どころか自身のSNSでも朝日新聞のセクハラ問題には一切触れていない。それでいて他社や省庁のセクハラ問題には容赦なく責任追及している。
ようするにこの人たちがやっていることはビジネスなのだ。それ自体は悪いことではないが、ビジネスとしても他者に厳しく自分には甘いという姿勢は賢明とは言えないだろう。財務省の自浄作用がどうのと騒いでいた#MeToo祭りの方々は、朝日新聞社長の辞任を求めて本社に押し掛けるなりのパフォーマンスくらいは見せてほしいものだ。

関連:朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

朝日新聞記者「理事長は首相に会いましたと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られた」妄想が酷い朝日新聞記者の妄想がヤバい「理事長は首相に会ったと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られた」

動画公開!新潟県知事選「新潟県には女性の知事は必要ないんです」花角陣営応援弁士発言の真偽が明らかに動画公開!新潟県知事選「新潟県には女性の知事は必要ないんです」花角陣営応援弁士発言の真偽が明らかに

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 【卑怯】日刊ゲンダイが捏造疑惑の記事をこっそり削除→それでも貴乃花の悪口連載は継続する模様
  2. ガセネタ?サウジ記者「殺害」の一部始終をアップルウォッチで録音するのは不可能?
  3. 警察官が職質「スーツが似合っていない」→トイレに逃げ込み数時間立てこもり→逮捕される
  4. どうするMeToo勢?青山議員がセクハラ被害訴えた女性に民事訴訟「冤罪だ、パワーワードの乱用」
  5. 日刊ゲンダイが捏造か?「日馬富士引退相撲 貴乃花部屋が全員欠席」→貴景勝は勢と取組、内容もデタラメ
  6. 北海道新聞の倶知安支局長が飲酒運転で事故 自宅でワイン、ビール、睡眠薬を飲み近くのコンビニへ
  7. いじめ自殺の遺族に市教育長が「おまえ」と発言→共同通信は教育長が遺族父親の元担任であることを伝えず
  8. TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに
  9. 森友加計問題で敗北宣言 江田憲司「総理が指示したという証拠は、いくら国会で追及しても出てきません」
  10. 前原誠司さん「カミキリムシが妙に愛おしく感じた」←「誠司、それカミキリムシやない。カマキリや。」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP