NHKが拉致問題で不適切表現「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し懸念」岩手ちゃぶ台返し大会の映像使用


NHKが拉致問題のニュースで岩手ちゃぶ台返し大会の映像を使用「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し」

16日に放送されたNHK「ニュース7」で拉致問題を扱う場面で「米朝首脳会談の合意が”ちゃぶ台返し”されるのではないか」と伝える際に、岩手県で開催された「第12回ちゃぶ台がえし世界大会!?」の映像を挿入していたことに批判の声が上がっている。

一瞬、放送事故かと思うようなタイミングで「ちゃぶ台返し世界大会」の映像が差し込まれるが、テロップやナレーションは継続しており、大会映像が流れた後はトランプ大統領と金正恩委員長の映像が流れテロップで『日米首脳会談の合意「ちゃぶ台返しされないか」懸念も』と表示される。企画された通りの表現であったことは間違いない。

スポンサーリンク

ふざけてるとしか思えない演出

ツイッターに投稿されたニュース映像では全容がつかめないが、冒頭からアナウンサーが「拉致問題、すでに解決された」というフリップを持っている。北朝鮮が従来の主張を繰り返しているという説明の後、唐突に「ちゃぶ台返し世界大会」の映像を流し、そこから米朝会談の合意事項が反故にされるかもしれないという内容に切り替わる。
しかし、米朝合意事項には拉致問題は含まれておらず、トランプ大統領が提起しただけだ。

 ①米朝の両国民が平和と繁栄を望んでいることに従って、新しい米朝関係を構築する。
 ②朝鮮半島に永続的で安定的な平和体制を構築するためともに努力する。
 ③北朝鮮が朝鮮半島を完全に非核化するために取り組むとした、4月27日の板門店宣言を再確認する。
 ④米朝はすでに身元確認されたものを含め、戦争捕虜(POW)や行方不明兵の遺骨の回収に尽力する。
出典:米朝首脳の合意文書「完全な非核化に断固取り組む」:朝日新聞デジタル

確かに、北朝鮮が核を保有し不安定なままでは、拉致問題解決後の国交正常化などの道筋もたたない。そういった意味で米朝合意が重要だと言いたいのだろう。非常に重要な懸案事項であるだけに、なぜ「ちゃぶ台返し世界大会」の映像で表現しようと思ったのだろうか?
拉致被害者家族に対して失礼であり、岩手県でちゃぶ台返し大会を楽しんだ方々としても、このような扱われ方は困惑するだろう。NHKの在り方について批判的な意見が噴出している状況で、このようなふざけた演出を誰が求めているというのか?まじめにやれ!

関連:NHKツイッターが国民をブロック!もう貴方とは無関係なので受信料は払わなくて結構という意思表示か?
関連:NHKが捏造か?加戸前知事「魔法で出産した学部」発言の説明部分をカット→つなぎ合わせて全く別の意味に

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

至学館学長の栄監督解任理由「昼ご飯を食べに行った、これはダメだ」同席の千原せいじ「体悪くしてた」至学館学長の栄監督解任理由「昼ご飯を食べに行った、これはダメだ」同席の千原せいじ「体悪くしてた」

大阪地震「朝鮮人が井戸に毒」デマを流すアカウント、ツイート履歴から見えてきた意外な意図大阪地震「朝鮮人が井戸に毒」デマを流すアカウント、ツイート履歴から見えてきた意外な意図

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  2. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  3. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  4. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  5. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  6. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  7. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  8. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  9. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと
  10. 麻生大臣に無知を指摘された立憲民主・川内博史「私もあえて分かったうえで聞いている」全力で負け惜しみ




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP