【唯一神】又吉イエスが政治活動を終了「健康がすぐれず、回復して政治活動・選挙活動をするのは無理」


【唯一神】又吉イエスが政治活動を終了「健康がすぐれず、回復して政治活動・選挙活動をするのは無理」

世界経済共同体党は30日、又吉イエスの健康状態を理由に政治活動を終了することを発表した。
これにより20年以上続いた又吉イエスの選挙活動にも終止符が打たれた。

政治活動・ホームページ閉鎖のお知らせ

 ホームページをご覧の皆さん、いつもありがとうございます。

 本世界経済共同体党の状況を申し上げます。

 代表の唯一神又吉イエスの健康がすぐれず、回復して政治活動・選挙活動をするのは無理とのことであります。

 よって、ここに世界経済共同体党の政治活動とホームページを閉鎖します(但し、ホームページは10月末に閉鎖となります)。

 長い間のご支持・ご支援をありがとうございました。尚、唯一神又吉イエスの名称と存在は従来通りであります。
            
2018年6月30日 唯一神又吉イエス
出典:世界経済共同体党

スポンサーリンク

海江田万里!腹を切って死ね!

又吉イエス(光雄)は沖縄県宜野湾市出身の74才。
1990年代半ばから政治活動を開始し、1997年の宜野湾市長選挙で初出馬、その後は参議院選挙沖縄選挙区や沖縄県知事選、名護市長選挙などにも出馬するがいずれも落選した。
2002年の沖縄県知事選挙の際には「沖縄県民が唯一神又吉イエスを次期沖縄県知事にしないというなら、本世界経済共同体本部は東京に持って行く。それは沖縄県民の子や孫・ひ孫達、更に末代までの沖縄県の恥になるが、それでもいいのか」と主張したが結果は落選、世界経済共同体党本部を東京に移転することになる。
出典:又吉イエス – Wikipedia

東京に本部移転後は衆議院選挙東京1区、参議院選挙東京選挙区ですべての選挙に出馬してるがいずれも落選している。

選挙戦で遭遇する対立候補に過激な演説をぶつけることでも有名。
2014年の第47回衆議院選挙では当時民主党代表の海江田万里に以下のような激しい演説を行った。
「海江田万里!無責任だ!ポスターに書いてある通りである。他人を殺すなら自分が死ぬべきだ!日本人であるんだろう。無責任な海江田万里、ならば腹を斬って死ね。他人を殺すなら、自分が死ね!海江田万里!脳があるのか!」

ちなみに海江田万里はこの選挙で落選、野党第一党の党首が選挙区で負け、比例復活すらできなかったのは65年ぶりの珍事。

又吉イエスが選挙で勝つことは一度も無かったが、特異なキャラクターと言説で常に注目の的となり選挙を賑やかしてきたのも事実だ。健康状態がすぐれぬとのことだが、選挙に出なくとも今度は別の場所で元気な姿を見せて欲しいと思った次第。

関連:勇喜と書いて「てつわんあとむ」と読む市長選候補、わずか360票で落選!法律上は読み方に制限はない?

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

朝日新聞「西野監督は世界を敵に回した、ファンが日本を応援するとも思えない」記者ツイッターに批判殺到朝日新聞「西野監督は世界を敵に回した、ファンが日本を応援するとも思えない」記者ツイッターに批判殺到

速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?自民・中谷元防衛相「止めているのは辻元清美」モリカケを盾に国民投票法改正の審議に応じないことに不満

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 検証!玉城デニーは辺野古移設閣議決定した鳩山政権を擁護したのか?
  2. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  3. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  4. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  5. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  6. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  7. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  8. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  9. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  10. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP