KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


ファッション理系のコピペ盗用記事ではクワガタもカブトムシも育たない。

      2015/03/06

LINEで送る
Pocket

研究者でなくとも正しい分類や学名の確認、化学的論拠を示すためには学術論文や文献を確認することは少なくありません。
また、それは必要な手順とも言えます。
しかし高度な予備知識を持たない人間に論文などは理解できないし応用もできないので、あくまで確認程度にとどめ、その先の深い理解は頭の良い人に任せておけば良いのです。
あまりにも非科学的な古い定説に騙されない最低限の知識を得ていれば問題ないでしょう。

スポンサーリンク

ギネスを獲るのは「科学」か「情熱」か?

より大きな個体を羽化させるギネス争いにおいて、今のところ“研究者”が上位を占めているようには見えません。
これは科学が役に立たないからではなく、研究結果を「利用する」ことに特化した一般飼育者のほうが時間的に有利だからです。
常に新しいものや画期的なもの、未知の領域にチャレンジするのが研究者で、それらを一般化したり製品化するのが自治体や企業(事業者)、そして最後に最も効率の良い形で利用するのが“一般人”です。
しかし、以前に記事にも書きましたが、「ヒーターは情熱では熱くならないし、飛行機は根性で空を飛んではいません。」
業界用語と学術用語 -飛行機は根性で空をとべるか?-http://ksl-live.com/blog421

無知蒙昧どころか、それが非科学的であることすら気付かない。そんな人間が強面(コワモテ)として幅を利かす時代もありました。
しかし時代は良い方向へ変わりつつあります。昨今は、実証主義とまでは言わないが「化学」を重視する傾向にあり、趣味飼育系の雑誌である「BE-KUWA(ビークワ)」でも高度な科学的考察記事が掲載されるようになり喜ばしい事と感じています。
一方、昔から科学的な観点で記事を書かれている小島啓史氏のページがイマイチ目立っていないことは残念ですが・・・。

ギネスの絶対的ルールが先取である以上、
・研究者の研究結果をいち早く理解し応用できる
・ある程度の科学的知識を有している
・参考にするべきデータと人を見極める勘
これらが備わった人がギネスを更新していくのではないかと考えられます。
“化学的な一般人”とでも言いましょうか。

原発事故以降のファッション理系

最近は「リケジョ(理系女子)」というキーワードが注目されるなど理系ブームです。
STAP細胞論文の発表で小保方さんがリケジョの代表格となりましたが、論文不正疑惑で一気に論文の重要性もクローズアップされました。

福島での原発事故以降は、放射線の影響を軽視するのが“理系カッコいい”みたいなファッション感覚で理系を自称する人が激増しました。
原発事故以前は理系なんて自称していなかったのに。
思い出したかのように学歴を持ち出し語りだすのって逆にカッコ悪いと思います。
学歴を語るってことは、勉強したけど結局は役に立たなかったって自分で言ってるようなものです。

こういったファッション理系に限って一般人が理解不能どころか、予備知識として持っているはずもない学術用語や記号を並べ、一般的な飼育者を置き去りにするような論調で語りがちです。
得てしてこのような論調で語る人は先駆者の実績を「暗記」することが得意なだけで、なにも生み出さないし作りもしない。
理系に限らずどんな分野でも、非専門の一般人に専門用語は極力使わないように教えられます。
一般人にも理解できるように説明できる人こそエキスパートであり、理解の浅い未熟なものほど専門用語でお茶を濁すのです。
「凄いですね。私にはさっぱり理解できません、ついていけません。」
こんなコメントを頂戴して褒められたと思うのがファッション理系、本来は評価の低いコメントなので猛省するところです。

最後に

私がこのような記事を長々と書いた理由。
全編、引用とコピペで構成されたファッション理系記事が目立っているからです。
物事を説明するにあたって引用は必要ですし、正確に引用するにはコピペが有効な手段であることは事実です。
しかし記事中に自説が全く無い、または自説の部分が根拠のない期待だけで、その根拠のない自説に真実味を帯びさせるためだけに他者の論文や記事を引用コピーしているとしか思えないのです。
一見、高度な記事を書いてるようなブログでも記事の一部分をコピーし、Google検索するとほぼ一致する文章が出てきたりします。
コピペを隠すために接続詞や複数単語の順番を変えているなど姑息な偽装も行われてるので興ざめしてしまいますね。

併せて読んでいただきたい記事
バカのエラー、菌床飼育における試行錯誤 http://ksl-live.com/blog419

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - KSLブログ, 昆虫・生物関連 , , ,

  おすすめ記事

no image
アマミマルバネ、アマミシカクワガタ採集禁止に、徳之島でも指定される

1月30日規制前捕獲個体について追記しました。 1 …

カブトムシ
「カブトムシ養殖で儲ける」は嘘!儲かりません!その理由とは?

おかしな記事を発見しました。 毎度おなじみマイナビ …

no image
逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐 …

群馬県でオオモノサシトンボ・ゲンゴロウなどが採集禁止へ

写真:図説 日本のゲンゴロウ 2015年5月12日 …

夜の国会議事堂
毎週金曜、震災対応を邪魔する国会前デモが行われる

「T-nsSOWLから重大発表」銘打たれたデモの告 …

カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。

今に始まった事ではないが、マイナビニュースのクオリ …

3年間育てたゾウカブトの幼虫が全部♀で羽化した時の気持ちがお前らにわかるかー!!

二度とゾウカブトは飼いません・・・ 丸々三年間も育 …

串間市で発見されたヒラタクワガタ
串間市で巨大クワガタ発見!その正体はダイオウヒラタ

宮崎県串間市で巨大なクワガタが発見され、宮崎日日新 …

世界に羽ばたくKSLの世界戦略【協力要請】

仰々しいタイトルはジョークですが、一応海外からの情 …

no image
自然交配、移入、絶滅は悪ではない

世界初、サメの自然交配種を発見、気候変動に適応か  …