「美味しんぼ」休載で、飯田哲也氏は朝日の印象操作に乗せられた?


東京電力福島第1原発の事故を巡る表現で批判が殺到した「美味しんぼ」が一時休載となった。
これを受け、飯田哲也氏 @iidatetsunari はツイッターで【「美味しんぼ」を休載に追い込んだヒステリックな言論弾圧政治家】と題して複数人の政治家を実名で糾弾している。

スポンサーリンク

たしかに政治家が漫画等の表現に関して言及することは好ましい事とは言えず、大臣などの政府の要職にある人物の発言は一方の意見に国がお墨付きを与えるような印象も受ける。それと同時にもう一方を断罪することにもなる。

ただ飯田哲也氏が勘違いしている部分もある。
そもそも「美味しんぼ」は福島の真実編の完結をもって休載することが以前から決定していたことだ。
これは言論弾圧によって休載に追い込まれたという論調とは事実が異なる。
しかも、美味しんぼを巡る一連の報道でもこのことは報じられている。
しかし飯田哲也氏が引用した朝日新聞デジタルの記事にはこのことが書かれておらず、ただ「美味しんぼは次号からしばらく休載するという。」とだけ書かれている。
朝日の印象操作記事にまんまと乗せられた形となったのだ。

また、飯田氏は朝日の記事を引用する前にこうツイッターで発言している。
「確かに近所の書店にはなく、コンビニで買いました。どこかの北の国と変わらない「言論弾圧」の国になりつつあるかも。」
iida1
これは完全に勘違いでしょう。
あれだけマスコミが報じればビックコミックスピリッツが売り切れるのは当然の事態です。そもそもビックコミックスピリッツが大量入荷するような書店がどこにどれだけあったと言うのでしょうか?
書店のシステムからしても即座に特定のタイトルの出荷を止めることもできません。書店員の方々は一笑に付すでしょう。

飯田哲也氏以外にもタレントやお笑い芸人が飯田氏同様の批判をしている。
もちろん、この問題を扱うテレビは棚に上げて「ネット」が悪いと。
タレントやお笑い芸人が「無批判」を良しとすること自体が矛盾しているのではないかと思いますが。
世に出て評価の対象になる芸術・芸・創作物には受け入れられるものと、受け入れられないものがあって当然です。
その世間の反応を見ながら、より良いものを作る最たるものが「テレビ」ではないでしょうか?
それこそラーメンと動物と子供みたいな事も連発してるわけですし。
無批判でいい芸ならそれこそ「チラシのうら」でやっておけばいい。

過剰なバッシングや人権無視のネット書き込みが批判の的になることをいいことに、一般人による当然の批判を封殺しようという動きがテレビ関係者に根強いように思えます。
飯田哲也氏もこのようなテレビ局の親会社「大新聞」に踊らされているようにしか思えません。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

美味しんぼ鼻血問題への反論は同じ小学館のビックコミックに掲載されている

奈良オオクワセンター廃業だそうです。

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  2. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  3. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  4. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  5. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  6. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  7. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  8. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  9. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP