業界シュリンクとはなにか?


LINEで送る
Pocket

先日公開した記事
「奈良オオクワセンター廃業だそうです。」http://ksl-live.com/blog1991
このなかで「業界シュリンク」という言葉を使っていますが、どうもこの言葉の意味が伝わらず多くの方がグーグルで検索しているようです。

スポンサーリンク

シュリンクとは?
大辞林 第三版に」よると

シュリンク【shrink】
①ちぢむこと。萎縮(いしゆく)すること。
②「 地直し 」に同じ。

書店などで本を保護するために透明なフィルムでパッキングされていることがあります。あれはシュリンク袋と呼ばれるものです。
あの袋に入れて熱を加えると袋が縮んで本のサイズピッタリにパッキングされる仕組みとなっています。

業界シュリンクとは?
一般的には業界シュリンクではなく、シュリンク業界と表現されます。
奈良オオクワセンター代表者がシュリンク業界ではなく、業界シュリンクと表現した意図はなんとなく私は理解できたのでそのまま引用しました。
社会全体で様々な事業・サービスが産まれては消える、または押されていく過程で縮小していく業界をシュリンク業界と言います。
例えば銭湯などは、住宅業界とガス会社や電力会社、その関連企業が「家庭風呂」を普及させたことにより銭湯の利用者は徐々に減り、窮地に追い込まれた典型的なシュリンク業界です。
しかし、シュリンク業界という表現は、業界内部で改善したり生き残るための方策を練る時に使われます。
「シュリンク業界で生き残るには?」など。
銭湯でいえば単純な入浴ではなく、「レジャーとしてのお風呂」に舵を切ったりして新たな業態が産まれ新規参入もあります。

一方、クワガタ・カブトムシの業界と言えば、狭い業界で少ないシェアを奪い合う、アイツがいなければもっと儲かる、そんな内部構造の腐敗が衰退の原因でしょう。
社会全体の構造や景気、いわゆる外圧でシュリンク(萎縮)していく業界「シュリンク業界」ではなく、内部から足を引っ張り合い負圧によりシュリンク(萎縮)していく業界は「業界シュリンク」と表現するのが適切かもしれません。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

「美しすぎるカブトムシ図鑑」というグラビアがある

ネットが塩村文夏都議の粗探しに躍起な理由と残念なブログ

関連記事

  1. 佐野研二郎氏のパクリ疑惑に見るネットの怖さ、意図的に貶めることも…

    写真:盗作の報酬2020年東京オリンピックのエンブレムが、ベルギーのデザイナーがデザイン…

  2. ドローン規制とか言ってる人達は、首相官邸に鳩が飛んできたら鳩を規…

    DJI PHANTOM 2 + 3軸ジンバルZenmuse H3-3D フルセット首相官邸屋…

  3. これでなんかくれ

    分類の混乱、クレクレス全亜種消滅説

    メンディケアクレクレスについては、以下の記事を参照して頂きたい。①【クレクレス】クレクレ虫(…

  4. 記者が取材と称して選挙応援する是非について

    まずはこちらの写真をみてほしい。https://twitter.com/mizuhofukush…

  5. 「誰に対しての謝罪か?」は「心のケアが」に次ぐ万能コメント

    おもしろ食器 土下座マグ SAN2327高畑淳子さん、三田寛子さん、ベッキーさん、謝罪会…

  6. 民主党

    民主党の寺田学議員に意見したらブロックされた!世が世なら死罪!

    民主党所属の寺田学議員にtwitterブロックされました。当選4回という大物政治家に、平民で…

  7. 5百円玉

    我が子の個人情報が500円? 弁護士が訴訟、ベネッセへの訴状ひな…

    訴訟起こされて当然です。私はベネッセの被害には遭っていませんが、個人情報を悪用され被害にあっ…

  8. 笛を持って指さしている、車掌さん

    南海電鉄「外国人多くご不便を」アナウンスは差別にあたるのか?

    市場ずし(大阪)のワサビ増量問題に続き、南海電鉄のアナウンスが外国人差別ではないかと指摘され…




最新の記事

  1. 民進党をクビになった木内孝胤議員がツイッターで暴発!「玉木は無責任」「ツイ垢、略して口座だ」3
  2. 森友がんばれおばさん池本奈央氏が東スポデビュー!有田芳生議員らの落選運動に法的問題は無かったのか?
  3. 民進党の杉尾秀哉議員「北のミサイル、解散が近いから、犯罪者レイプ犯でも勝てる」投稿に「いいね!」3
  4. 解散風、民進党で海江田万里だけ嬉しそう「野党の浪人の身ですので、解散は早いに越したことはない」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP