ネットが塩村文夏都議の粗探しに躍起な理由と残念なブログ


LINEで送る
Pocket

ダイレクトに批判しておきます。

とにかく屈折した女性観で物事の分別がついていません。
事細かく批判してやろうと思う次第です。

スポンサーリンク

東京都議会での、セクハラ?発言。なんか、大事(おおごと)になっているような・・・。
私から見たら、なんかねぇ・・・やり過ぎじゃないの?って感じ・・・。
みんなの党は、女性差別だ!ってのを錦の御旗にして、本音は自民党叩きでしょ。
マスコミも、まぁいつものごとく・・・・って感じ・・・。
私が思うのは、あの女性議員さん、「上手いことやったな」ってこと。

品性下劣な野次を飛ばした都議を自民党都連が特定し、マスコミが報じることがやり過ぎなんですかね?
うやむやにして幕引きを計ろうとすればマスコミに限らず批判するのは当然。
個々の意見(批判)が多く集まった結果が今回の騒ぎだということが理解できないのだろうか。
みんなの党の自民党叩きだといって済まされるなら、自民党は何を言っても許されるんでしょうか?最大会派に対して無批判な野党なんて必要ないと思いますが。

>私が思うのは、あの女性議員さん、「上手いことやったな」ってこと
下衆の極みです。完全に女性観が屈折しとりますな。
注目されたり脚光を浴びる女性を捻くれた目でしか見れないのでしょう。
小学生の「女子は敵」「女子の味方は卑怯」レベル。

野次の内容は、一般民間人を基準にすれば、まぁ言ってはいけない差別だわな。
でもね、政治家を基準にしたら、野次の内容は“その程度”なんですよ。
“その程度”のことを.言われて、悔しくて泣くなんて、政治家としては×。
政治家なんて、神経はもう、丸太のように、図太いんだから・・・。
図太くないと、政(まつりごと)は司れないからね。

政治家には人権が無いとでも思ってるのでしょうか?
少子晩婚の問題を取り上げている中で、あのような下劣な野次を無視できるような政治家なんて信用できません。
無神経が強さだと思っているなら大きな誤りです。
石原前都知事のように人を見下し罵倒し、その息子も無神経な発言で世間を賑わしています。あんな議員がお好みですか?

私から見れば、これはもう“計算して、涙を流したな”と思うわけ。
“女の涙”は、かなりの武器になるのが日本の風土。
それに、社会的弱者とされている女性への差別発言。
この2つがあれば、世間はもう、こっちの味方。

さらに屈折した女性観全開です。
なにも申し上げることはございません。
が、ただ一言!
下衆の極み

あの女性議員は35歳で独身なんですってね。
日本の社会の常識で、結婚適齢期を過ぎても独身(特に未婚)の場合
ある程度は、偏見の目で見られるんですよ。良い、悪いは置いてといて、それが現実。
男なら、「ホモ」か「インポ」か「マザコン」か、って思われるんですよ。
身体に障害があるのなら別だけど、五体満足なら偏見の目で見られても仕方ない。
35歳にもなって、それが分からないとも思えないんだけど・・・。

私は40前にして独身ですが偏見なんて感じたことありませんよ。
あなたがそういう目で見られるのは、あなた自身の問題じゃないのかな?
少子晩婚の問題とあなた個人の問題を混同しないでほしいな。
あと、身体に障害がある人は結婚できなくても仕方ないという考えで、人権尊重してるつもりだったら残念な人だ。
47歳にもなって、それが分からないとも思えないんだけど・・・。

でもね、もし野次を言ったのが女性の叔母ちゃん議員で
言われたのが、男性議員だったら、世間やマスコミや党はどう対応したんでしょうね。
今回みたいに、大騒ぎするのかしら?想像してみて下さい。

これを問題にするひとは少ない。
某番組で竹田恒泰氏が少子化を語る際、必ずと言っていいほど田島陽子氏が「お前が早く結婚しろ」と怒鳴ります。
これが逆だったらセクハラとして大バッシングを受ける事案です。
しかし、こういう矛盾があるからと言って、男性が下劣なセクハラ野次を飛ばすことが許されたり軽視されることにはなりません。
どちらも批判の対象となるべきなんです。
実社会では女性による男性へのセクハラは半端ではありません。
平気で容姿に関する評価を口にし、行動もそれに準じることも多々あります。
女性・男性、それぞれの問題があるのです。
そもそも、男性のセクハラは女性のセクハラに対する報復ではないしね。
件のブログ主の惨めな言い訳です。

と、まあつらつらと書いてるうちにコメント欄で自己正当化に走っているようですね。
物事の分別がつかないと後付の言い訳が大変ですな。

塩村文夏都議の粗探しが始まった理由

塩村氏が都議になる前、放送作家としてのやりとりや行動を「セクハラ」とか言って騒いでる連中がウヨウヨしてますね。
ええ、そうなんです。ウヨウヨなんです。ネット右翼なんです。
自称保守系のネットが中心になって塩村バッシングしている理由は一つ。
野次を特定された「鈴木章浩」都議がどのような人物かちょっと調べれば一目瞭然です。
鈴木都議は2012年に泳いで尖閣に上陸した、あの人なのです。
そりゃネトウヨは必至で庇うはな。
中国や韓国の突飛な半日行動を見習うような「愛国」アピールをしていた、あの鈴木さんですよ。
塩村氏バッシングは過熱していますが、この男の下劣さが許される材料にはなりませんよ。
塩村都議の問題は塩村都議の問題。
鈴木都議の問題は鈴木都議の問題。
どちらか一方に強く与するような事でもありません。

恐らく今後の報道などで塩村都議に対する批判が噴出するでしょう。
それらが事実なら、私個人としては庇う気になれないものもあります。
しかし、塩村都議が今後どのような状況に陥ろうとも、鈴木都議が正しかったなんてことにはなりません。

異なる二つの事柄、異なる二人の都議、それぞれの問題点を混同すると物事の分別がつかなくなるという話。

掲示板、まとめサイト転載歓迎ですが全文転載はご遠慮ください(全文の場合は冒頭と最後の2か所に出典リンク、引用URLはテキストではなくリンクで。動画での転載はお断りしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

業界シュリンクとはなにか?

洗濯物部屋干しにはサーキュレーターが最適、花粉対策にも有効!

関連記事

  1. お年寄りを電車ではね殺し、家族には賠償金を請求するJR東海

    JR東海という会社は、お年寄りを電車ではね殺しておいて、その家族には振替輸送などの賠償金を請求すると…

  2. 卒論代行サービスとSTAP論文問題、とりあえずの大学・・・

    STAP細胞論文でコピペが問題となっていますが、卒論代行サービスというものがあるようです。学生の…

  3. 東京で奇形生物が増えている?デマで風評被害を拡大させるな!

    また放射能デマか・・・東京都で奇形生物が増えているという真偽不明な情報に、放射能の影響という…

  4. 米山隆一新潟県知事フェイスブック

    米山新潟県知事「点字ブロックが!の指摘は独善」に対する徹底反論

    写真:米山隆一新潟県知事フェイスブック21日、新潟県の米山隆一知事が投稿したブログが酷過…

  5. シールズの五寸釘ガールに共産党の資金力を教えてあげよう

    SEALDs(シールズ)の五寸釘ガールこと@Honamiさんが、「アホなネトウヨは、共産党から日…

  6. STAP論文、コピペがいけないとは知らなかった?なんてのは嘘です…

    インターネットの世界でもコピペ問題は忌々しき事態です。コピペについては学生の卒論などでも行わ…

  7. kozai

    地震募金で党勢拡大!香西かつ介の懲りない妄言ツイート集

    熊本地震の募金を党勢拡大と北海道5区補選に使うと宣言して大炎上した、日本共産党衆院東京3区予定候補「…

  8. 蓮舫がビートたけしに「帰化」と説明している動画が発掘される

    蓮舫議員の二重国籍疑惑は結局「蓮舫の勘違い」というなんとも不可解な決着を見ようとしている。昨日は…




最新の記事

  1. 長谷川豊が史上最悪の暴言「結婚しない男は殺せ!女の知的水準低いと子供を多く産む、計算できないから」
  2. 検証「雪見だいふく」に業務用や学校給食用は本当に存在するのか?
  3. 立憲民主党・福山哲郎、元AV女優・夏目ナナの経営するバーの代金を政治資金で支出していた!
  4. ネットギーク「TBSの加計報道は数字捏造、謝罪しろ」←現役学部生が降臨、ネットギークの間違いを指摘1
  5. 希望の党共同代表に玉木雄一郎氏「森友・加計問題調査チーム」は玉木氏の獣医師連盟献金問題をどう扱う?
  6. 福島瑞穂からのクイズ「国会前の朝鮮半島で戦争をするなの集会での挨拶です」正解者が出るとは思えない
  7. 【証拠写真】60億円詐欺で逮捕された一味、中国「レーニン学校」に寄付?放射能不安ビジネスでも逮捕 (2)
  8. 差別?暴言「韓国人留学生を全員生き埋めに」モリカケ追及団体代表が今治獣医学部の留学生受け入れを揶揄
  9. 兵頭正俊の炎上商法発覚「安倍政権下で日馬富士がビール瓶で殴った」意味不明→「続きは有料メルマガで」1
  10. 辞任した小池百合子の悪口早速、松沢「期待したが残念もう頼らない」負けた大串「代表の決め方おかしい」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP