ビークワ史上、最低の呼び声高い№52夏号を買ってみた


LINEで送る
Pocket


BE-KUWA(ビー・クワ) No.52 2014年 08月号 [雑誌]

ビークワ最新号が各所で散々な言われようです。
信心深い信者が無条件に絶賛することが多いビークワですが、ここまで叩かれるのは初めてではないでしょうか?
執筆陣と関係者以外は一様に批判しているようです。
と、いうことで私も買って読みました。
毎号買っているので当然の流れではありますが・・・

スポンサーリンク

特集が昆虫でなく「人」だった

これは痛いでしょう。
やはり特集で図鑑をやってくれないと資料的価値がないですよね。
執筆陣が増えることは、様々なブリーダーが関わってくる機会にもなりますし、流れ的には賛成です。
無難な児童書みたいな飼育記事より、その「人」のやり方が知ることができ興味深い。昔みたいに、むし社のお友達しか執筆しないことに比べれば、雲泥の差で進歩あり!
それでも広く浅くより、ディープな情報を読者は求めていることも忘れてもらっては困りますね。
例えば、アンテブリーダー凄腕5人の飼育記事とか。やはり種や属で絞り込んで特集してもらったほうが読みごたえはありますね。

美形コンテストが恐ろしいほど話題にならない件

今回第二回ですが、怖いくらいに話題にならない。
まあ結果は見えていた。こうなるわな。
昔は、発表とともにニュースター誕生に沸いたもんですが。(ジジ臭い?)
審査員と一般人の価値観があまりにも乖離するのは問題ですが、100%一般人の意見なら「美形コンテスト」の冠は不似合です。
個人的に「美形」というからには、そこに一種の芸術性があるものと認識しています。どんな美術品でも、一流の目をもった人の評価が注目されます。
これはミーハーとか評価額とかいう低俗な発想ではなく、評価する「人」も含めて芸術性ではないかという私の考えです。
たしかに以前のコンテストは、一部審査員の言説などを疑問視する声が多く、完全にシラケたものになっていました。
かといって、すべて読者評価にしてしまうのは違うんじゃないかな?
今後は組織票などの問題も出てくるでしょうし、改善の余地はありますね。
ちなみに結果は同じ人のワンツーフィニッシュということですが、今後は複数応募を禁止にするべきでは?

あと気になったのは、投票者のコメント。
明らかに特定の人の主張に近いコメント並べてんだろ。相変わらず公平性は保てない編集部にがっかり。

不評なコーナーは迷わず削るか改善べき

本人に罪はないし一生懸命やってるとは思う。
でもね、あのオネエさんのコーナーはちょっと・・・
毎回取るに足らない飼育記事でキビシイなあと思っていましたが、今回は採集がてらにBBQって・・・
編集部も女性のコーナーがほしいなら、思い切ってフェミニンな企画にしてしまうか、バリバリゴリゴリの女性ブリーダーに記事書かすとかさあ。
考えましょうよ。
そんなことに紙面を割くくらいなら読者の写真投稿コーナーでも設けて下さいよ。読者参加型はコンテストだけではないでしょう。
あと、小島さんの記事をもうちょっと華やかにしてあげてください。
※今回の小島さんの記事、大昔に掲載された分と同じじゃない?

「ギネスブリーダー養成プロジェクト」のタイトル変更を

一部では「ギネスブリーダー養成プロジェクト」が読者置き去りという声も。
個人的には根拠の無い試行錯誤を科学と勘違いして、自信満々に披露する傾向にある業界に光が差したと歓迎しています。
ただし、第八回ということは、もう次回で2年になります。そろそろ実証実験の結果が必要かと。
あまりにも仮説の上に仮説を重ね2年ともなるとついていけません。
無学な私としては「結果」の見えない仮説より実証された結果が見たいのです。
「ギネスブリーダー養成プロジェクト」というタイトルもギネスを目指すための効率的なプロセスではないという感があり、別のタイトルならば、読みたくない人は置き去りでも価値があると思います。

問題は編集長の手腕じゃなかろうか?

今回が史上最低かどうかは賛否両論あるでしょう。
ただ、私が最も酷いと思うのは編集長の手腕です。
虫屋ではありますが、出版社の編集長ですよね。出版社としての戦略としては史上最低でしょう。
夏ですよ夏!
新たな読者を獲得する時期、子供たち=未来の虫屋が生まれる夏ですよ。
そんな大切な時期に、過去のギネスホルダーとか超ローカルな特集はないでしょう。
初めてビークワ手にした人は訳が分からない。
ブリーダーの記事は毎号織り交ぜてもよいと思いますが、特集にしちゃうとビジュアル的にも弱くなるのは予想できたはず。

そして編集長の悪い癖!

座談会好き過ぎ!

読みづらいです、非常に。
座談会かインタビューの書き起こしが多すぎる。
裁判の傍聴に来てるんじゃないんだから、書き起こしではなく「記事」にしてください。
正直、虫に関する情報に興味があるんであって、おじさんの四方山話に興味はありません。
前号での致命的な誤植もあったことですし、ここらへんで考え直してくれると有難いです。

要約すると
猛暑の中、おじさん達の立ち話に付き合うほど読者は暇ではない

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

iPadなどタブレット端末をPCからUSBで充電する方法

知恵袋の新機能「ちょい足しアンサー」は使える!

関連記事

  1. 昆虫ゼリーとカブトムシ

    昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。

    昆虫ゼリーの成分は、子供が食べるゼリーとほぼ同じで"無害"とされています。黒糖や果汁を寒天でゼリ…

  2. 業界用語と学術用語 -飛行機は根性で空をとべるか?-

    クワガタ・カブトムシ業界の累代表記等が学術的なものではない事がよく指摘されます。なぜ、正式な用語…

  3. カブトムシ

    「カブトムシ養殖で儲ける」は嘘!儲かりません!その理由とは?

    おかしな記事を発見しました。毎度おなじみマイナビ系が発信元のようです。試してみたいおもし…

  4. BE-KUWA(ビークワ)54号書評

    史上最低と酷評された52号、ギネス発表じゃなきゃヤバかった53号。もう土俵際としか言いようのない…

  5. 毎日書く

    ブログを毎日書くことが無理なら過去記事を見直そう。

    毎日ブログを書くことの意味。毎日ブログを更新していれば、読者が定期的(毎日)巡回してくれるの…

  6. 昆虫飼育で悪魔のウイルス?偏見と風評被害を助長する記事への反論

    写真:怪奇!殺人甲虫事件2015年2月27日BusinessJournalへ掲載された記…

  7. 徳之島希少昆虫・野生植物改訂版パンフ全戸配布へ

    奄美新聞の記事によると、徳之島3町(徳之島町、伊仙町、天城町)が「希少な野生動植物保護に関する条例」…

  8. 超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

    絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上手い」を超越しています。なんと「小さな文字」そ…




最新の記事

  1. デマ!木下ちがや「中川郁子候補が土下座プレイ」←亡き夫、中川昭一を想い思わず土下座した5年前の写真
  2. 黒川敦彦が安倍首相の総決起集会を妨害!杉田水脈氏が証拠動画撮影中とも知らず「遭遇した」と偶然を装う
  3. 希望の党・玉木雄一郎さん、苦節30年ついに演歌歌手デビューするカラオケチャンピオンにしか見えない
  4. ぱよちん違法行為!自民党の選挙用画像を無断改変「#比例は共産党へ」に書き変えネットで配布!t
  5. 恐怖!黒川敦彦陣営が昭恵夫人の手を握りSPに緊張が走る!事務所への嫌がらせ訪問や嘘の選挙情勢流布も

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com







カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP