ミヤマクワガタがノコギリクワガタを圧倒した?本郷儀人氏の研究に異論噴出


ミヤマクワガタがノコギリクワガタを圧倒した?本郷儀人氏の研究に異論噴出

季節もあってこれが話題となっていますが、専門的な方や昆虫バトルの猛者たちからは否定的なコメントが相次いでいるようです。
ミヤマクワガタ、ノコギリに敗れ激減!対戦成績79勝40敗「虫相撲」で判明|ガジェット通信
私もこの仮説には首をかしげてしまいました。そもそも「京都市の2地点の雑木林」「毎年50匹」という到底、統計とは言えない少ないサンプルでお話になりません。

ミヤマクワガタとノコギリクワガタは環境により、ある程度の棲み分けが行われています。子供たちのあいだでも地域によって両者の価値は雲泥の差があります。ミヤマばかりでノコギリが少ない地域、またはその逆というパターンが通例です。
餌場の争いに関しても、相当な力の差で侵略的に支配しない限り独占は難しいでしょう。オスのミヤマクワガタの交尾機会が減ったとしても、その中で強いオスが複数のメスと交尾を繰り返すので、個体数の減少に繋がるとも思えません。
雑木林の減少・ヒートアイランド現象など温暖化の影響を受けやすいのは、低温を好むミヤマクワガタだということは納得できますが・・・
どうも、相関関係と因果関係が混同されているようです。

スポンサーリンク

twitterでは軒並み否定意見

twitterでも懐疑的にみる意見が続出しています。

動画「ノコギリクワガタVSミヤマクワガタ」

実際に昆虫同士を戦わせている方々が撮影した「ノコギリクワガタVSミヤマクワガタ」の動画をyoutubeから探してみました。


記事の実験結果とは異なるようです。
やはり個体差や戦う環境の影響で結果が左右されるのかもしれません。

最後に

この本郷儀人の研究をもって、ミヤマクワガタがノコギリクワガタに圧倒されていると結論付けることは難しいようです。また、矛盾する点も多く指摘されています。
しかし、こういった実験を多く蓄積させていけば、何らかの結果は見えてくるかも知れません。
今の段階ではデータが少なすぎる事や、温暖化そのものに否定的な意見もありますので、昆虫以外の分野も巻き込んだ更なる研究が必要ではないかと思う。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

ダイオウヒラタ「はぁ?自分ヒラタっすよぉ?」

イベント「ゲリラ○○」とは?ゲリラ魂をランバ・ラルに学ぶ!

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 検証!玉城デニーは辺野古移設閣議決定した鳩山政権を擁護したのか?
  2. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  3. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  4. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  5. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  6. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  7. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  8. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  9. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  10. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP