覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。


覚せい剤
シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。過去にも多くの芸能人・関係者が逮捕され報道されている。
本日、7日の報道では日本経済新聞社の次長が覚せい剤所持で逮捕されたという。

スポンサーリンク

一般人が覚せい剤の心配せんでよろし

覚せい剤関連の報道に際して、テレビに代表されるマスコミたちは必ずと言っていいほど、
「覚せい剤が身近なものになっている!」
「使用しないという、強い意志をもって!」

こんなの嘘っぱちです。
覚せい剤を、直接見たり触れたりした経験がある一般人がどれだけいると言うのだ。覚せい剤を入手しようとして、簡単に入手できる一般人がどれだけいる?
普通に生活し働いていて、覚せい剤に触れるようなことはない。
本人が積極的に関与しようとしなければ、絶対に覚せい剤には辿りつきません。

「覚せい剤取締法」の制定は1951年です。それ以前は薬局で、ヒロポンとして販売されていた時期もありました。
取締り以降は、暴力団の資金源になるなど密売は多くなり検挙数も増加しましたが、それは取締りの強化されたこと、それにより一般人との隔絶が進んだとも言えます。
警察の取り締まりに加え、覚せい剤の恐ろしさを教える教育などは絶対に必要であるが、覚せい剤が身近になったかのような誤った報道は犯罪への敷居を下げる逆効果です。

覚せい剤に甘い芸能界

覚せい剤が身近なものであるかのような嘘は、覚せい剤に寛容で身内に甘い芸能界やマスコミの言い訳として流布されている。
そもそも、覚せい剤を使用し逮捕された人間を同じ職場に戻そうとするのは芸能界くらい。一般的な企業ではありえません。
覚せい剤で捕まった女優を擁護し、芸能界復帰を喜ぶワイドショーなんて、覚せい剤のCMを流してるようなものだ。
一般人は積極的に求めない限り手に入らないが、芸能界では簡単に手に入るという事実を報道するべきではないだろうか。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

クレクレスの新亜種 M.k.kirinumber「キリ番踏みました。なんか下さい。」

【重要】規制・防除の対象となる昆虫生体・標本について

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 井上太郎、前川喜平とセーラー服の女性をツイッターに投稿「実質売春の調査」と批判するも捏造と判明
  2. カンパ金会計問題を巡り「森友・加計告発プロジェクト」田中正道・黒川敦彦氏が共同代表を辞任
  3. 【卑怯】日刊ゲンダイが捏造疑惑の記事をこっそり削除→それでも貴乃花の悪口連載は継続する模様
  4. ガセネタ?サウジ記者「殺害」の一部始終をアップルウォッチで録音するのは不可能?
  5. 警察官が職質「スーツが似合っていない」→トイレに逃げ込み数時間立てこもり→逮捕される
  6. どうするMeToo勢?青山議員がセクハラ被害訴えた女性に民事訴訟「冤罪だ、パワーワードの乱用」
  7. 日刊ゲンダイが捏造か?「日馬富士引退相撲 貴乃花部屋が全員欠席」→貴景勝は勢と取組、内容もデタラメ
  8. 北海道新聞の倶知安支局長が飲酒運転で事故 自宅でワイン、ビール、睡眠薬を飲み近くのコンビニへ
  9. いじめ自殺の遺族に市教育長が「おまえ」と発言→共同通信は教育長が遺族父親の元担任であることを伝えず
  10. TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP