覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。


覚せい剤
シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。過去にも多くの芸能人・関係者が逮捕され報道されている。
本日、7日の報道では日本経済新聞社の次長が覚せい剤所持で逮捕されたという。

スポンサーリンク

一般人が覚せい剤の心配せんでよろし

覚せい剤関連の報道に際して、テレビに代表されるマスコミたちは必ずと言っていいほど、
「覚せい剤が身近なものになっている!」
「使用しないという、強い意志をもって!」

こんなの嘘っぱちです。
覚せい剤を、直接見たり触れたりした経験がある一般人がどれだけいると言うのだ。覚せい剤を入手しようとして、簡単に入手できる一般人がどれだけいる?
普通に生活し働いていて、覚せい剤に触れるようなことはない。
本人が積極的に関与しようとしなければ、絶対に覚せい剤には辿りつきません。

「覚せい剤取締法」の制定は1951年です。それ以前は薬局で、ヒロポンとして販売されていた時期もありました。
取締り以降は、暴力団の資金源になるなど密売は多くなり検挙数も増加しましたが、それは取締りの強化されたこと、それにより一般人との隔絶が進んだとも言えます。
警察の取り締まりに加え、覚せい剤の恐ろしさを教える教育などは絶対に必要であるが、覚せい剤が身近になったかのような誤った報道は犯罪への敷居を下げる逆効果です。

覚せい剤に甘い芸能界

覚せい剤が身近なものであるかのような嘘は、覚せい剤に寛容で身内に甘い芸能界やマスコミの言い訳として流布されている。
そもそも、覚せい剤を使用し逮捕された人間を同じ職場に戻そうとするのは芸能界くらい。一般的な企業ではありえません。
覚せい剤で捕まった女優を擁護し、芸能界復帰を喜ぶワイドショーなんて、覚せい剤のCMを流してるようなものだ。
一般人は積極的に求めない限り手に入らないが、芸能界では簡単に手に入るという事実を報道するべきではないだろうか。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

クレクレスの新亜種 M.k.kirinumber「キリ番踏みました。なんか下さい。」

【重要】規制・防除の対象となる昆虫生体・標本について

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. リバプールFC「日の丸踏み付け」の画像を謝罪、韓国版ツイッターの光復節を祝うツイートはクラブ無許可
  2. 世田谷区で男子児童が男に「ニャー」と声をかけられる事案発生!猫ひろし「私じゃない」アリバイを検証
  3. 富田林署逃亡犯のイレズミが「カワイイうさぎちゃん」であることが判明!脱兎の如く走り去ったか?
  4. 安倍首相の「かき氷うめっ」写真が中国で話題に!中国ネット民「店を封鎖したりしないのか?」
  5. 速報!下村博文元文科相が不起訴処分決定を報告、加計学園パーティー券問題で市民団体が告発
  6. 共同通信が不明2歳児救助の男性を犯人扱い「発見時は成人男性と一緒だった。男性は近隣の住民ではない」
  7. 上野千鶴子「エリート大学の女子学生たち今に見てろよ、結婚、出産したら愕然とするから」不幸を望む呪い
  8. 日刊ゲンダイ「安倍首相を内乱罪で告発!の投稿20万リツイート」見た瞬間にデマとわかる記事の真相は?
  9. 文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も
  10. 石破茂「防衛庁長官のとき人民解放軍の青年将校に自衛隊の機密以外すべて見せるよう命令した」スパイかよ

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP