KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。

   

LINEで送る
Pocket

覚せい剤
シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。過去にも多くの芸能人・関係者が逮捕され報道されている。
本日、7日の報道では日本経済新聞社の次長が覚せい剤所持で逮捕されたという。

スポンサーリンク

一般人が覚せい剤の心配せんでよろし

覚せい剤関連の報道に際して、テレビに代表されるマスコミたちは必ずと言っていいほど、
「覚せい剤が身近なものになっている!」
「使用しないという、強い意志をもって!」

こんなの嘘っぱちです。
覚せい剤を、直接見たり触れたりした経験がある一般人がどれだけいると言うのだ。覚せい剤を入手しようとして、簡単に入手できる一般人がどれだけいる?
普通に生活し働いていて、覚せい剤に触れるようなことはない。
本人が積極的に関与しようとしなければ、絶対に覚せい剤には辿りつきません。

「覚せい剤取締法」の制定は1951年です。それ以前は薬局で、ヒロポンとして販売されていた時期もありました。
取締り以降は、暴力団の資金源になるなど密売は多くなり検挙数も増加しましたが、それは取締りの強化されたこと、それにより一般人との隔絶が進んだとも言えます。
警察の取り締まりに加え、覚せい剤の恐ろしさを教える教育などは絶対に必要であるが、覚せい剤が身近になったかのような誤った報道は犯罪への敷居を下げる逆効果です。

覚せい剤に甘い芸能界

覚せい剤が身近なものであるかのような嘘は、覚せい剤に寛容で身内に甘い芸能界やマスコミの言い訳として流布されている。
そもそも、覚せい剤を使用し逮捕された人間を同じ職場に戻そうとするのは芸能界くらい。一般的な企業ではありえません。
覚せい剤で捕まった女優を擁護し、芸能界復帰を喜ぶワイドショーなんて、覚せい剤のCMを流してるようなものだ。
一般人は積極的に求めない限り手に入らないが、芸能界では簡単に手に入るという事実を報道するべきではないだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - マスコミ・報道 ,

  おすすめ記事

【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡

全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらか …

御嶽山噴火、安否不明者家族への無神経な取材

9月27日に噴火した御嶽山、多くの登山者が噴煙と噴 …

望月衣塑子
「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる

写真:ツイッター@ISOKO_MOCHIZUKI …

中国人ジャーナリスト「南京虫は産経のデマ」というデマを垂れ流す

写真:週プレニュース記事より 中国のフェニックステ …

マイクスタンド
高畑淳子さんはなぜ息子の事件で謝罪しなければならないのか?

俳優の高畑祐太が強姦致傷罪の容疑で逮捕され、母親で …

テレ朝会長「報ステ成功!」と古館さんのギャラが無駄だったと証明

喋らなければ負けだよ (青春新書インテリジェンス) …

三菱重工ビル(右)で起きた爆弾テロでは乗用車はつぶれ、路上一面にガラスが散乱した=昭和49年8月30日、東京都千代田区丸の内
なぜかTBS金平茂紀が憤慨、連続企業爆破事件の大道寺死刑囚が死亡

写真:連続企業爆破事件の大道寺将司死刑囚が病死 & …

田中龍作、そこまで言って委員会出演
復興大臣を怒らせた記者は絶賛、時事通信記者は叱責する田中龍作のダブスタ

4日の会見で今村雅弘復興大臣を意図的に怒らせた記者 …

自民党本部
朝生で「ヤラセ」があったのか山本一太議員に質問してみた。

新年早々「朝まで生テレビ」で自民党のヤラセ疑惑が発 …

琉球新報に左翼界の四皇が集結!谷口真由美・香山リカ・浜矩子・室井佑月
左翼界の四皇集結!谷口真由美・香山リカ・浜矩子・室井佑月が琉球新報でリレーコラムをスタート

フルコンボ成立、四暗刻、世界の終わり https: …