クワガタにおける極太とはなにか?


昆虫業界で論争がやまない「極太個体」
記事を書くにあたり、まず極太個体とは何か?を説明しなければ一般の方には解かりづらいので説明します。

スポンサーリンク

「極太個体」とは・・・
一般的には顎の太いオオクワガタの事をさす。外国産オオヒラタなどでは顎だけでなく胴体の幅などが広い個体を「極太」と称する事もある。
今回はその中でも代表的な国産オオクワガタに的を絞ってみます。
その起源については、国内採集個体を選別し特別な累代飼育により産み出されたとする説と、外国産種(台湾、中国など)との交配により人為的に産み出された「交雑種」とする説で意見が分かれている。
近年では後者の人為的な外国産オオクワガタとの交配であるという説が有力視されている。

問題視され、論争に発展する例としては、
①外国産種との交雑個体を「国産」と称して販売する事に違法性はないのか?
②野外逸出時、日本固有種とのさらなる交雑。(遺伝子汚染)
③国産と称されているので放虫に対する抵抗が比較的低く、初心者が飽きたら屋外に放す危険性。
その他、論点は多岐にわたりますが代表的な事例は上記3点でしょう。

ここからは筆者個人の見解を交えながらの解説になります。

①外国産種との交雑種を「国産」と称して販売する事に違法性はないのか?
やはり何らかの法には触れるのでしょうが証明が困難である。
ここで言う証明とは販売個体が交雑種である証明だけではなく、販売者が故意に偽装したか否かです。
大半の販売者が国産と信じて種親を仕入れているか、もしくは疑いを感じつつも、いざとなれば「国産」の表記は国内ブリードの意として偽装表記を否定できます。
買う側もいわゆる国産独自のフォルムからかけ離れている事を承知で購入しているため、後々の告発も難しいでしょう。
最近では産地表記をせず、ブランド名のみ表記する事が多く「国産か交雑か?」の論争を避ける傾向にあります。

②野外逸出時、日本固有種とのさらなる交雑。(遺伝子汚染)
非常に難しい問題です。
交雑種の繁殖力については賛否両論あります。誤解を招くかもしれませんが筆者個人がはっきりと言い切れることがあります。
逸出による遺伝子汚染と交雑問題は意図的に混同されターゲットにされている。

交雑種飼育に対する嫌悪感を論理的に批判できない一部の人間が、社会的に理解され易い「環境問題」を持ち出しているにすぎない。
逸出すれば交雑でなくとも外国産種も同様に危険であるはず。外国産クワガタ・カブトムシの輸入量と国内繁殖数を考えればその危険性は繁殖力の優劣以前の問題である。
逸出後の遺伝子汚染を前提に環境問題を論ずるならば、すべての外国産種販売者や飼育者を否定しなければならない。が、なぜか交雑種に固執した批判が多い。まさにこれこそ論点すりかえ。
外国産や地域外個体逸出後の影響も同様であり交雑種に特化して批判するのは無理がある。

③国産と称されているので放虫に対する抵抗が比較的低く、初心者が飽きたら屋外に放す危険性
これは大問題。
それでなくてもデパートやホームセンターでの販売は環境問題への配慮は皆無であり、全く知識のない購入者が大半を占めている。
特に危険なのが「風習としての放虫」である。飼育観察したあとに生き物を野に帰すことは日本人の美意識に定着している。虫に魂が宿るという考えもありいわゆる「飼い殺し」を嫌うのは仕方ない事でもある。
こういった風習に対しての批判は難しく、理解されぬまま逆にこちらが批判されるため躊躇いが生じる。
この問題については昆虫業界だけではどうにもならない。爬虫類等の販売に関する法律のように「同意」を取ったうえの販売など、法的整備がなければ販売者が購入者に何かを求めるのは非常に難しい。

以上に記した諸所の問題だけでなく議論は多岐に渡ります。
またこの記事に対する異論もあって当然ですが、あくまで個人的見解ですのでご了承ください。
私自身が「極太全否定論者」ではありませんし肯定的な部分もありますので今後の記事で明らかにしていきます。

【全文転載は禁止、引用方法は↓】

引用は半分以下で「続きは以下へ」のリンク必須(まとめサイトも同条件)、動画サイトでの転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

極太オオクワガタは本当に人気を独占したのか?

関連記事

  1. トキは絶滅している

    「トキ」Nipponia nippon (Temminck, 1835)は絶滅している。マスコミ…

  2. 奈良オオクワセンター廃業だそうです。

    タイトルの通りです。gw3370t725473g_hairという知恵袋カテゴリーマスターが何故か…

  3. 自称東大大学院卒へ学歴詐称疑惑の弁明方法伝授

    自ら学歴を語るということは修めた学が役に立っていないことをアピールしているようなもの。稚拙な文章、コ…

  4. 逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

    中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト …

  5. カブトムシ

    「カブトムシ養殖で儲ける」は嘘!儲かりません!その理由とは?

    おかしな記事を発見しました。毎度おなじみマイナビ系が発信元のようです。試してみたいおもし…

  6. 農薬混入の容疑者はクワガタ・カブト飼育者だった・・・とにかく一旦…

    逮捕されたのはクワガタ・カブトのブリーダー。マルハニチロの子会社、アクリフーズ群馬工場で製造…

  7. 「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

    以下の動画をご覧いただきたい。2014盛夏!フクシマのカブトムシから人類へメッセージ結論…

  8. 自称研究者の東大君「咲-Saki-阿知賀編」すばら先輩のオオスバ…

    咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A (5) (ガンガンコミックス)…




最近の記事

  1. 日本共産党「裏切ったら許さない民進党籍議員リスト」を大公開!小池晃「統一会派は裏切りということに」
  2. 希望の党公認候補「拉致問題も経済停滞も靖国に参拝しないのもネアンデルタールの血が原因」若狭塾出身
  3. ピースボート「安倍はICAN事務局長と会わない!」←首相の東欧歴訪中を狙って面会を求めるヤラセ!
  4. 社民党完全崩壊!党首選「候補者ゼロ」で延期に、福島も又市も重責を無職の吉田忠智さんにまた押し付ける
  5. 中日新聞主筆が失言「性同一性障害みたいな知事」同席の民進・大塚代表や立民・近藤副代表らは問題視せず
  6. オホーツク総合振興局「沖縄の問題は沖縄だけに押し付ける日本」公式アカが投稿を削除、理由は明かさず
  7. 田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素晴らしい憲法を作ろうと尽力しない」
  8. 三橋貴明のDV逮捕を「ヘイトクライム」にしたい米山新潟県知事と陰謀論を語る人々
  9. TBSが自らの道交法違反を放送!「中国人が禁止場所で車線を変更」→ロケ車も車線変更!放送免許も返せ
  10. ウーマン村本起用のオホーツクPR動画に盗作疑惑!有吉弘行主演のDVDとコンセプトもタッチも酷似?

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP