KSL-Live!

いろいろ読める、メディア業界21世紀枠


奈良オオニュースと業界批判

      2015/03/22


LINEで送る
Pocket

先日、荷物を整理した際に古い奈良オオニュースが出てきた。

あれだけの大判カラー紙面を発行するコストと発送コストは相当な金額であったと思う。当時、すでにインターネットが普及しカタログ販売が廃れていたことを考えるとリスク覚悟の『意地』みたいなものすら感じる。
といっても営利企業である以上はメリットもあったのだと思う。
インターネットはユーザーが欲したときにいつでも開いて検索できる便利さがある。その利便性を無視してでもカタログ発行に拘るメリットとは?

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

私はこう思う。
PCのブラウザでは表現できない大きな紙面で一気に魅力的な虫を見せる。買う側からすれば一気に見る高揚感。
これは欲しいものを先に決めてピンポイントに検索するネット販売では実現しにくい。
欲しい虫を探すと同時に目的以外の虫が目に飛び込んでくる→外の虫も欲しくなる、この連鎖はネット販売でも重要視されるが大型紙面には適わない。
そして紙面では『即完売』の可能性をアピールする。リアルタイムに在庫残が確認できるネットショップとは違い、早く!今買わなければ・・・という気にさせる。
またユーザーが奈良オオニュースを一種のマガジンとして購読していたのも人気の要因だ。
記事に関してはネットで十分事足りるが、あの刺激的な記事が読みたくて楽しみにしていた人も多いはず。記事目的のユーザーにも虫のリストを見せる効果は高い。

ここからは余談であるが、記事の内容について当時、かなりのバッシングがあったと記憶している。
専門誌では絶対に読むことができない同業者批判は、明らかに特定個人をターゲットにしていた事や、やったりやられたりのどっちもどっち的な冷ややか批判もあったと思う。
外国産カブトの密輸に関して摘発されたことも批判を加速させたと思う。事件や記事に関して奈良オオを庇うわけではないが、業界全体の恥部を奈良オオに全部被せようとバッシング側に回った人間もいたのではないか?
違法に持ち込まれた外国産ハナムグリなどを飼育、販売している業者やブリーダーが『放虫反対』『輸入規制反対』と声高に主張できた暗黒の時代でもあったと思う。

そういえば、うちに奈良オオニュースが届かなくなって数年が経った。今でも発行されているのだろうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

【声かけ事案】「クワガタあげる!」で虫おじさんが通報される

ある男性が「クワガタあげる!」と子供に声をかけたと …

ミミ川西89ミリ実在性追及が論点ずらしの材料にされている。

国産オオクワギネスアッパー89ミリの同腹が増えてい …

「ハムスター釣り」問題と生き物を飼う「心構え」

複雑というか、なんというか・・・ 夏祭りの屋台で「 …

no image
徳之島希少昆虫・野生植物改訂版パンフ全戸配布へ

奄美新聞の記事によると、徳之島3町(徳之島町、伊仙 …

no image
【昆虫類指定有】国内希少野生動植物種に41種が追加される【環境省】

環境省は4月10日「絶滅のおそれのある野生動植物の …

no image
外国産ハナムグリにまつわるデマ

外国産ハナムグリ解禁と言うデマは止まらないようだ。 …

no image
ブログのネタに困って、クワガタ・カブトムシを買うようになったらおしまい。

本末転倒というやつです。 虫を飼う趣味がいつのまに …

no image
電撃殺虫器(殺虫灯)はクワガタやカブトムシに悪影響?

電撃ムシコロ殺虫器(フック式)FC-300 青色L …

no image
【昆虫類】ツマアカスズメバチが特定外来生物に指定される

西日本新聞の報道によると、政府は9日ツマアカスズメ …

no image
極太オオクワガタは本当に人気を独占したのか?

国産オオクワガタ愛好家はこう嘆く、「極太ばかり人気 …