KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


奈良オオニュースと業界批判

      2015/03/22

LINEで送る
Pocket

先日、荷物を整理した際に古い奈良オオニュースが出てきた。

あれだけの大判カラー紙面を発行するコストと発送コストは相当な金額であったと思う。当時、すでにインターネットが普及しカタログ販売が廃れていたことを考えるとリスク覚悟の『意地』みたいなものすら感じる。
といっても営利企業である以上はメリットもあったのだと思う。
インターネットはユーザーが欲したときにいつでも開いて検索できる便利さがある。その利便性を無視してでもカタログ発行に拘るメリットとは?

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

私はこう思う。
PCのブラウザでは表現できない大きな紙面で一気に魅力的な虫を見せる。買う側からすれば一気に見る高揚感。
これは欲しいものを先に決めてピンポイントに検索するネット販売では実現しにくい。
欲しい虫を探すと同時に目的以外の虫が目に飛び込んでくる→外の虫も欲しくなる、この連鎖はネット販売でも重要視されるが大型紙面には適わない。
そして紙面では『即完売』の可能性をアピールする。リアルタイムに在庫残が確認できるネットショップとは違い、早く!今買わなければ・・・という気にさせる。
またユーザーが奈良オオニュースを一種のマガジンとして購読していたのも人気の要因だ。
記事に関してはネットで十分事足りるが、あの刺激的な記事が読みたくて楽しみにしていた人も多いはず。記事目的のユーザーにも虫のリストを見せる効果は高い。

ここからは余談であるが、記事の内容について当時、かなりのバッシングがあったと記憶している。
専門誌では絶対に読むことができない同業者批判は、明らかに特定個人をターゲットにしていた事や、やったりやられたりのどっちもどっち的な冷ややか批判もあったと思う。
外国産カブトの密輸に関して摘発されたことも批判を加速させたと思う。事件や記事に関して奈良オオを庇うわけではないが、業界全体の恥部を奈良オオに全部被せようとバッシング側に回った人間もいたのではないか?
違法に持ち込まれた外国産ハナムグリなどを飼育、販売している業者やブリーダーが『放虫反対』『輸入規制反対』と声高に主張できた暗黒の時代でもあったと思う。

そういえば、うちに奈良オオニュースが届かなくなって数年が経った。今でも発行されているのだろうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

no image
【昆虫類指定有】国内希少野生動植物種に41種が追加される【環境省】

環境省は4月10日「絶滅のおそれのある野生動植物の …

no image
エコかエゴか?カブトムシを撒く大人たち

環境教育と情操教育はリンクする部分が多い。 「エコ …

串間市で発見されたヒラタクワガタ
串間市で巨大クワガタ発見!その正体はダイオウヒラタ

宮崎県串間市で巨大なクワガタが発見され、宮崎日日新 …

no image
密輸昆虫を買うと逮捕される

ハナムグリを中心とした昆虫密輸、これらは半ば公然と …

no image
幻の昆虫を発見し報道される条件→小学生であること

幻の昆虫ヒラズゲンセイ! そう呼ばれているわりには …

no image
私が国産種も放虫するべきでないと思う理由

外国産の昆虫を放虫しないように呼びかける人は多い。 …

no image
クワガタにおける極太とはなにか?

昆虫業界で論争がやまない「極太個体」 記事を書くに …

テナガコガネ密輸販売で逮捕者、芋ずる式検挙は相次ぐか?

画像:名和昆虫博物館企画・制作 ヤンソニーテナガコ …

no image
自然交配、移入、絶滅は悪ではない

世界初、サメの自然交配種を発見、気候変動に適応か  …

no image
恫喝【暴力団お断り】

今のところ、どこの誰とは言いませんが・・・ 恫喝や …