無計画な繁殖が昆虫市場と自然を破壊する


ブリードで増えた虫をどのように扱うか?

昆虫飼育の悩みの種である。特にクワガタ飼育では成虫の寿命も長く、例えば飼育初心者があれもこれもブリードしたいと安易に採卵セットを連発し、少なく見積もって初期に5ペアセットしたとしよう。結果、翌年には100匹ほどの成虫を抱えることとなる。

スポンサーリンク

個別飼育が原則のクワガタでは100もの飼育ケースを並べる事となり、毎週100個のゼリーを交換しケースやマットの清掃に追われる。当然この100匹が羽化するまでの間にも菌糸ビンを大量に消費し、追加のセットをしたり生体を購入したり…相当なコストとなり、お父さんのお小遣い程度では到底足りるはずも無い。

この膨大なコストを回収する為に手持ちの繁殖個体を販売するすることは業界のセオリーとなっている。
ムシキングブームなどにより市場が拡大傾向にあった数年前までは繁殖を目的としない鑑賞、観察用としての需要もあった。しかしブームが去り市場が縮小していくなかで必然的にライトなユーザーから去って行き、熱心な愛好家が残るようになる。熱心な愛好家の大半はブリーダーである。
ブリーダーは繁殖を目的としている為、生体購入が1とすると、繁殖個体の売りが10となる。圧倒的に売りに偏ったブリーダーが市場人口を占める割合が高くなれば当然、販売個体数が飽和状態となり価格が暴落する。
暴落も平均的に起こるわけではない。市場がブリーダーで溢れているので、いわゆる「種親クラス」には買いが集中し価格が安定しているのに対して、種親にならない個体は買い手もなくオークションなどでは値が付かず落札すらされない事態が起きている。
こういったアンバランスを緩和する対策として、テラリウムなどによる鑑賞目的ユーザーの拡大も挙げられるが、とても追いついているとは言えない。

市場拡大も大切な事ではあるが、まず今の飽和状態を解消する為には無計画な繁殖をしない事ではないだろうか。ブログやSNSではむやみに繁殖を煽る書き込みなども多く見受けられる。
往々にして煽っている人は飼育歴が浅く知識に乏しい。飼育初期のハイテンションがそういった行動に走らすのだろう。一時の盛り上がりで繁殖させた個体達の行く末も考えずに。

無計画な繁殖はやがて放虫、逸出への認識を低下させる事も言うまでも無い。
一時の感情で生き物を飼う、繁殖させると必ず後悔することなる。そのツケを払わされるのが本人だけならいいのだが…

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

エタノールはカビに効かない

ビッダーズオークション終了の波紋

関連記事

  1. 極太オオクワガタは本当に人気を独占したのか?

    国産オオクワガタ愛好家はこう嘆く、「極太ばかり人気で・・・」本当だろうか。これらは主にオークショ…

  2. 自然環境下での巨大オオクワガタ撮影動画と放虫問題

    すでに4万回以上再生されているので、どこかで話題になったのかもしれません。最大の♂で72ミリ…

  3. 恫喝【暴力団お断り】

    今のところ、どこの誰とは言いませんが・・・恫喝や圧力で言論の自由と権利を奪おうとする人間が、…

  4. 【絶叫動画】巨大なタガメに女性が襲われる(襲わせる?)

    タガメの飛翔能力を甘く見てはいけません。タガメは半翅目(はんしもく)に分類され、所謂「カメムシ」…

  5. 昆虫少年の死生観とは?映画「僕はもうすぐ十一歳になる。」が見たい…

    http://youtu.be/PBiqZzNH_P4この映画見られた方、いませんか?非常に…

  6. 【速報】マルバネクワガタ属の特定外来生物指定が検討される

    写真:日本のマルバネクワガタ (月刊むし・昆虫図説シリーズ)環境省がマルバネクワガタ属1…

  7. 盗んだクワガタをオークションに出品、希少価値が仇に?

    徳之島町産F2 ♂66.2mm 画像出典:Copenhagen大学から希少クワガタ標本盗…

  8. 昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?

    相も変わらず昆虫密輸は横行しているようだ。2009年10月30日以降、段階的に外国産ハナムグ…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP