コバエ退治に有効な手段とはなにか?


LINEで送る
Pocket

コバエ退治には何が効果的か?
クワガタ・カブトを飼育する人の多くが悩まされている。
コバエ退治と言えば「誘引」が有効とされていますが私の経験では逆効果でした。

スポンサーリンク

■失敗事例①
「紹興酒」
これが最も誘引効果があるとされた時期もありました。が、結果的にこの紹興酒が発生源になる事が多く、余程容器に工夫をしないと出入り自由な餌場、繁殖場と化します。なにより後処理が不快で思い出すのも辛い…

■失敗事例②
「市販誘引ポット」
いわゆる台所用品です。効果なし!本当に実証実験したのかすら疑問です。誘引剤の持続性にも問題あり。

■失敗事例③
「電撃殺虫機」
仰々しくエキセントリックな名前と「バチッ!」という音で憎いアイツの死を知らせてくれるストレス解消機です。本来の使用目的は食品衛生の目的で、イレギュラーに進入した小型の蛾などの対策用と思われる。ライトで誘引するとはいえ、直前の防護柵にとまって電撃に至らない事や電撃の網を悠々と通過する猛者も多い。ファンで吸引するタイプを購入した事もあるが、電撃部に触れたコバエが火の粉となって飛び散る。怖すぎて使用中止。
真面目な結論としては捕虫蛍光管の「誘引効果」が薄い。

■失敗事例④
「ハエトリリボン」
人が捕まる… 見た目がダサい…
でも効果はそれなりにある。脱出不可能であり、とまりさえすれば死を待つのみ。ただ、有効範囲が狭く要所要所に吊り下げる必要があり生体管理時に人が捕獲されることしばしば…

★結論
「退治」で根絶は無理。ましてや「誘引」はコバエの出会い系、結婚紹介所と化す危険性もあるので、発生源を絶つ事を考えたほうが良いでしょう。
主な発生源は劣化したゼリーや床材ですが、清潔にしてもすぐに発生するという方も多い。肝心なのは発生したコバエをケースから出さない、閉じ込める事です。
コバエ対策用の飼育ケースを使用しコバエが発生したケースは部屋の中で開けない。別の場所で開けエサと床材を交換する。これを継続するだけでなんとかなります。
もうひとつ大事なこと。
コバエがブンブン飛び交うほど飼育環境が悪化するのは飼育キャパシティ、オーバーしてる証かもしれませんよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

福袋に福は入っているのか?

私が国産種も放虫するべきでないと思う理由

関連記事

  1. ブログのネタに困って、クワガタ・カブトムシを買うようになったらお…

    本末転倒というやつです。虫を飼う趣味がいつのまにやら「買う」趣味になってませんか?もちろん買…

  2. 【昆虫類指定有】国内希少野生動植物種に41種が追加される【環境省…

    環境省は4月10日「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令」が…

  3. 農林水産省

    ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!

    最近、ミツノsp.という表記で外国産カブトムシであるミツノカブトが販売されていますが、その多くが…

  4. 【クレクレス】クレクレ虫(厨)の発生源とその亜種

    http://youtu.be/cLcC6cM30AAクレクレ君とは?タイトルでは「クレクレ…

  5. 盗んだクワガタをオークションに出品、希少価値が仇に?

    徳之島町産F2 ♂66.2mm 画像出典:Copenhagen大学から希少クワガタ標本盗…

  6. イベント「ゲリラ○○」とは?ゲリラ魂をランバ・ラルに学ぶ!

    「ゲリラ」近年、突然の豪雨やをゲリラ豪雨と呼ぶようになり、イベントなどにおいても多く目にするキー…

  7. テナガコガネ飼育で初の逮捕者、他の飼育者も晒しておく。

    写真:虫の標本 テナガコガネ C.parryi(外国産標本は合法です)もう何年も前から言…

  8. 自然環境下での巨大オオクワガタ撮影動画と放虫問題

    すでに4万回以上再生されているので、どこかで話題になったのかもしれません。最大の♂で72ミリ…




最新の記事

  1. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!
  2. 有田芳生が小沢一郎を批判「国民の生活より自分の生活が第一、政治不信を深める役割りしか果たさない」
  3. 自民党より共産党政権を望む人が4%、二択なら共産主義も受け入れ?
  4. 速報!安倍総理に対する告発状が地検から突き返される、内容がデタラメ過ぎた模様
  5. 福島瑞穂が千鳥ヶ淵で大暴言!戦没者に対し「死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP