KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


私が国産種も放虫するべきでないと思う理由

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

外国産の昆虫を放虫しないように呼びかける人は多い。
では国産種はどうだろうか?言及している人は少ない。

これは、外国産放虫の危険性が一定の説得力を持っているのに対し、国産種放虫の危険性を論理的に説明できる人が少ないことの表れかもしれない。
また、「外国産種放虫反対」と唱えてもそれは特定の誰かを非難している訳では無いので衝突も起きないから言い易い。対して国産種の放虫に関しては実際に活動として放虫している人も存在し、内心好ましくないと思いつつ特定個人を非難する事を避けているとも言える。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

私個人の見解としては、国産種であっても放虫はすべきで無いと思っています。それは飼育個体、採集個体でも同様です。採集現地への放虫も反対です。
主な反対理由は「食物連鎖」です。これは自家繁殖個体の放虫が特に影響します。
国産種を放している人は定着を望んでいるのでしょうが、これは食物連鎖でいう捕食者(鳥など)にエサを撒いている事になります。産卵~羽化ができる環境を整えない限り定着も増加もしません。捕食されず生き残った個体も自然繁殖の個体と入れ替わるだけでキャパシティは決まっています。無益な殺生であり、場合によっては生態系のバランスを崩しかねない。
それならば「外国産も同様に捕食されるので定着しない」と主張する人がいる。これは大きな勘違いである。
前述のように、一部でも生き残ると言うことは国産個体と入れ替わる事。ましてや国産種より強健な種であれば危険度は増す。

国産種を放虫する人の主張で違和感を覚える所は、クワガタが多い森が好ましいと思いこんでいる所。自然にも適量、バランスがあり自然豊かだった数百年前だって分布というものがあったはずだ。厳しい表現になるが、年寄りの「昔はクワガタがいっぱい…」は当てにならない。触れ合う「機会」と「個体数」を混同しているからだ。
確かに開発等で棲息環境は厳しくなり、全体の個体数は減っているかもしれない。しかし元からいなかった場所、少なかった場所で個体数を増やそうとすることは人間のエゴではないだろうか?
大量に採集している人、材割り採集している人が行う放虫や環境活動など、レジャー目的としか思えない。自己が採集したいが為のレジャー施設を開発してるようなものだ。

もし、種の保存を目的とした放虫をしたいとお考えなら、専門家、自治体、土地の所有者とよく相談してほしい。
特に注意して頂きたいのは「専門家」の定義。
ブリーダーや採集家はここでいう専門家ではありません。論文を発表し公に認められた人、または関連機関に属する専門の学識者を指しています。
私自身ここでいう専門家ではありません。だからこそ「しない」方向を選択します。何かに影響を与え責任が生じる「する」を選択するのは専門家の仕事ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

no image
エタノールはカビに効かない

そもそもエタノールがカビを殺すには少なくとも数分間 …

no image
エコかエゴか?カブトムシを撒く大人たち

環境教育と情操教育はリンクする部分が多い。 「エコ …

超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上 …

no image
徳之島希少昆虫・野生植物改訂版パンフ全戸配布へ

奄美新聞の記事によると、徳之島3町(徳之島町、伊仙 …

no image
劣悪ペットショップに業務停止命令、あの塩村あやか都議も折衝していた。

昨今、動物愛護が叫ばれる中では考えられないようなシ …

no image
自然交配、移入、絶滅は悪ではない

世界初、サメの自然交配種を発見、気候変動に適応か  …

虫を野に放す理由とは何か?

先日、このポータルの昆虫ニュースでも配信したニュー …

ホワイトアイ詐欺はメンデルの法則で証明できない

「ホワイトアイ詐欺」 WW×WWから得られた幼虫が …

国内希少種300種指定の論点と乱獲者の詭弁

「環境省が2020年までに国内希少野生動植物種の指 …

no image
自称東大大学院卒へ学歴詐称疑惑の弁明方法伝授

自ら学歴を語るということは修めた学が役に立っていな …