KSL-Live!

いろいろ読める、メディア業界21世紀枠


私が国産種も放虫するべきでないと思う理由

      2015/05/02


LINEで送る
Pocket

外国産の昆虫を放虫しないように呼びかける人は多い。
では国産種はどうだろうか?言及している人は少ない。

これは、外国産放虫の危険性が一定の説得力を持っているのに対し、国産種放虫の危険性を論理的に説明できる人が少ないことの表れかもしれない。
また、「外国産種放虫反対」と唱えてもそれは特定の誰かを非難している訳では無いので衝突も起きないから言い易い。対して国産種の放虫に関しては実際に活動として放虫している人も存在し、内心好ましくないと思いつつ特定個人を非難する事を避けているとも言える。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

私個人の見解としては、国産種であっても放虫はすべきで無いと思っています。それは飼育個体、採集個体でも同様です。採集現地への放虫も反対です。
主な反対理由は「食物連鎖」です。これは自家繁殖個体の放虫が特に影響します。
国産種を放している人は定着を望んでいるのでしょうが、これは食物連鎖でいう捕食者(鳥など)にエサを撒いている事になります。産卵~羽化ができる環境を整えない限り定着も増加もしません。捕食されず生き残った個体も自然繁殖の個体と入れ替わるだけでキャパシティは決まっています。無益な殺生であり、場合によっては生態系のバランスを崩しかねない。
それならば「外国産も同様に捕食されるので定着しない」と主張する人がいる。これは大きな勘違いである。
前述のように、一部でも生き残ると言うことは国産個体と入れ替わる事。ましてや国産種より強健な種であれば危険度は増す。

国産種を放虫する人の主張で違和感を覚える所は、クワガタが多い森が好ましいと思いこんでいる所。自然にも適量、バランスがあり自然豊かだった数百年前だって分布というものがあったはずだ。厳しい表現になるが、年寄りの「昔はクワガタがいっぱい…」は当てにならない。触れ合う「機会」と「個体数」を混同しているからだ。
確かに開発等で棲息環境は厳しくなり、全体の個体数は減っているかもしれない。しかし元からいなかった場所、少なかった場所で個体数を増やそうとすることは人間のエゴではないだろうか?
大量に採集している人、材割り採集している人が行う放虫や環境活動など、レジャー目的としか思えない。自己が採集したいが為のレジャー施設を開発してるようなものだ。

もし、種の保存を目的とした放虫をしたいとお考えなら、専門家、自治体、土地の所有者とよく相談してほしい。
特に注意して頂きたいのは「専門家」の定義。
ブリーダーや採集家はここでいう専門家ではありません。論文を発表し公に認められた人、または関連機関に属する専門の学識者を指しています。
私自身ここでいう専門家ではありません。だからこそ「しない」方向を選択します。何かに影響を与え責任が生じる「する」を選択するのは専門家の仕事ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

初心者にオススメ!amazonでクワガタ・カブトムシを買って飼育にチャレンジしてみよう!

クワガタムシの飼育 徹底ガイドブック―飼育の基礎と …

no image
昆虫交尾図鑑著作権問題の「虫ナビ」が新たに証拠を捏造

密輸由来のカブトムシを「合法輸入」とする画像の捏造 …

群馬県でオオモノサシトンボ・ゲンゴロウなどが採集禁止へ

写真:図説 日本のゲンゴロウ 2015年5月12日 …

パトカーグリル
昆虫密輸や規制昆虫飼育をカッケーと思ってる人達

昆虫飼育・販売で摘発される事案が相次いでいる。 5 …

東大君ビギンズ、振込後に商品送らず「非常に悪い」の評価にも逆切れ

バットマン ビギンズ 特別版 [DVD] こち亀1 …

虫ナビによる自作自演とデマ、捏造コラ画像まで・・・

12月22日追記あり 虫ナビ掲示板にて「デマに対す …

no image
外国産ハナムグリが外来生物法を動かす?

2011年11月「外国産ハナムグリ解禁」という中途 …

no image
【昆虫密輸】ゴライアスオオツノハナムグリを密輸した男を書類送検

平成27年5月1日、北海道警察札幌方面北警察署は植 …

no image
月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!

月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。 正直な …

昆虫ゼリーとカブトムシ
昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。

昆虫ゼリーの成分は、子供が食べるゼリーとほぼ同じで …