盗んだクワガタをオークションに出品、希少価値が仇に?


アマミマルバネクワガタ
徳之島町産F2 ♂66.2mm 画像出典:Copenhagen

大学から希少クワガタ標本盗む=ネット出品、容疑で男逮捕―警視庁[時事]|ガジェット通信
昨日からブログポータルでも複数社の報道が流れています。

スポンサーリンク

希少動植物だから起きた事件ではない

東京農工大「昆虫研究会」へ浸入し盗んだ標本(アマミマルバネクワガタなど)を、ネットオークションに出品したというこの事件。
マスコミ各社は、しきりに「希少」「珍品」をアピールしているが、犯人は希少性を理解しておらず、盗んだ後に高値で取引されていると知ったようだ。標本のラベルから検索し、参考価格を調べ「金になる」と思いオークションに出品したという。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n144913506
ということは、希少なクワガタでなければオークションには出品されず、それが逮捕のきっかけにもならなかったかもしれない。しかしこの犯人、盗難被害にあった被害者や友人がオークションを監視することぐらい予想できなかったのだろうか?しかも盗んだ2時間後に出品し、被害者の友人にしっかり落札されるというおマヌケ。
よく、「こんなものを盗む馬鹿はいない」みたいなことを言う人がいますが、人のものを盗む時点で大馬鹿であり、盗めるものは何でも盗んでおいて金になるかどうかは後で考えるのでしょう。
考えた結果がこの始末。やっぱり盗人は馬鹿である。

この事件でさらに懸念される「違法採集」

アマミマルバネクワガタは現在採集禁止。
まず最初に奄美市が2013年10月1日より「奄美市希少野生動植物の保護に関する条例」で、条例に基づき特に保護を図る必要がある種として採集を禁止。
奄美市、採集捕獲規制にマルバネ、シカクワ等が指定される

その後は2014年1月24日、徳之島3町(徳之島町、伊仙町、天城町)が「希少な野生動植物保護に関する条例」(2012年9月1日施行)において指定されている絶滅危惧種などに本種を加えたことにより、棲息地域全てが採集禁止になった。
アマミマルバネ、アマミシカクワガタ採集禁止に、徳之島でも指定される

この時点で、規制前の駆け込み採集などが問題視されており、規制後もパトロールの強化を行っている。また、規制前の採集品が需要が高まり高騰するのは明白であった。規制後の違法採集品を、規制前の採集品と偽って売れば儲かるという無法者が現れるのはすでに予想はされていた。
今回の事件で、希少性が無用に高まらなければよいのだが。

そもそもが、一部の乱暴な採集業者が規制の引き金になっている経緯、それに加えて世界遺産登録による観光収入目的とも思われる規制が皮肉な結果となっている。
徳之島希少昆虫・野生植物改訂版パンフ全戸配布へ

規制が生んだ希少性ゆえに犯人が逮捕されたのは良いことだが、今回の事件報道をきっかけに不逞の輩たちの「儲け」のターゲットにでもなったとしたら、一体なんのための規制なのかがわからなくなる。
無論、悪いのは乱獲してでも儲けようという連中であるが。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

梱包段ボールヤフオク!梱包料請求禁止にオークション運営者として思うこと

あの、岡田斗司夫にブロックされて光栄。どんだけちっちぇえ人間なんだ?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  2. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  3. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  4. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  5. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  6. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  7. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  8. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  9. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  10. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP