外来生物法とザリガニとクワガタと・・・


LINEで送る
Pocket

zarigani
今回は以下のニュースを元に、外来生物法とザリガニの関係、外国産クワガタムシとの扱いの違いについてをテーマにしました。

ニュース – 動物 – アフリカでザリガニ繁殖、固有種に危機(記事全文) – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

スポンサーリンク

近年、アメリカザリガニは危険な外来生物と認識され始め周知もされているように感じる。
しかしこのアメリカザリガニ、外来生物法における特定外来生物には指定されていない。
現在は要注意外来生物リストに記載されているだけでなんら規制のある種ではないのだ。
巷では「外来生物」と「特定外来生物」が混同されているようで規制種と思われている方も多いのではないでしょうか。

では何故、「ザリガニ」といえば本種を指すほど日本中で蔓延しているアメリカザリガニが、特定外来生物に指定されていないのか?
その答えは、環境省外来生物法ホームページの要注意外来生物リストにこう記載されている。
——————–
●評価の理由:
捕食や競合による生態系への影響は大きいと考えられるが、既に蔓延している地域が多く、また、ペットとしての飼養も極めて多いため、適正な執行体制の確保や効果的な防除が困難である。
——————–
呆れた内容だ。
要するに危険と解っているが規制に手がかかるので規制しない。全部取り締まれないから端から手をつけない。という事だ。
これは「全部取り締まれないならスピード違反と駐車禁止の取り締まりをやめろ」と言う社会性皆無の暴論と同じである。

この理屈は外国産クワガタムシでも同じように適用されている。
しかし外国産クワガタムシの場合は、知見データの不足も理由の一つとされているが、アメリカザリガニに関しては「被害に係る一定の知見はあり、引き続き特定外来生物等への指定の適否について検討する外来生物」に分類されているのでさらに程度が悪い。
外国産クワガタムシはまだ、国内に定着したと言える知見データは乏しく、性急な規制が放虫を誘発する可能性も否定はできない。(※段階的なアナウンスで避けられると筆者は考える)
対してアメリカザリガニに関しては定着どころか蔓延している状況だ。外来生物法の悪役「ブラックバス」ですらここまで蔓延はしていないだろう。
クワガタムシの放虫と同様に、規制が放流を誘発する可能性があるが、もうこれ以上に拡がりようが無いほどに分布域を拡大している事と、飼育個体の大半が近所で捕獲されたものと考えられ、多少の法流があったとしても致命的な被害拡大にはならない。
規制が困難であるという事が問題の本質を捻じ曲げるようでは、なんの為の法律なのかすら怪しくなる。

ザリガニで特定外来生物に指定されているもので「ウチダザリガニ」がある。
アメリカザリガニほど知られておらず、ウチダザリガニって何?と思う人も多いでしょう。
本種に関しては北海道でニホンザリガニと競合する事などから規制の対象となっている。大掛かりな駆除も行われ、販売目的で所持し逮捕された人もいる。
しかし、ニホンザリガニは環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されたことが逆に商品価値を高めているようにも感じる。
ウチダザリガニを外来生物法で規制しているからこそ、ニホンザリガニの捕獲ができるとも考えられるが、なんとも複雑な心境だ。

やはりここでも外来生物法が批判される要素が絡んでくるが、ヒステリックに外来生物法を批判している人達の大半が販売利権に関わっていたり、レア種にとりつかれ密輸個体や違法種を受け入れる傾向にある事も知っておかなければならない。
この事は特定外来生物の判定にも当てはまることであり、販売者等の意見ばかりが色濃く反映されないようにしていただきたい。

掲示板、まとめサイト転載歓迎ですが全文転載はご遠慮ください(全文の場合は冒頭と最後の2か所に出典リンク、引用URLはテキストではなくリンクで。動画での転載はお断りしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

自然交配、移入、絶滅は悪ではない

外国産ハナムグリにまつわるデマ

関連記事

  1. ビークワ史上、最低の呼び声高い№52夏号を買ってみた

    BE-KUWA(ビー・クワ) No.52 2014年 08月号 ビークワ最新号が各所で散…

  2. 農林水産省

    ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!

    最近、ミツノsp.という表記で外国産カブトムシであるミツノカブトが販売されていますが、その多くが…

  3. 虫ナビによる自作自演とデマ、捏造コラ画像まで・・・

    12月22日追記あり虫ナビ掲示板にて「デマに対する注意喚起」というスレッドが管理人により作成…

  4. 自称東大大学院卒へ学歴詐称疑惑の弁明方法伝授

    自ら学歴を語るということは修めた学が役に立っていないことをアピールしているようなもの。稚拙な文章、コ…

  5. 「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

    以下の動画をご覧いただきたい。2014盛夏!フクシマのカブトムシから人類へメッセージ結論…

  6. 【クレクレス】クレクレ虫(厨)の発生源とその亜種

    http://youtu.be/cLcC6cM30AAクレクレ君とは?タイトルでは「クレクレ…

  7. 恫喝【暴力団お断り】

    今のところ、どこの誰とは言いませんが・・・恫喝や圧力で言論の自由と権利を奪おうとする人間が、…

  8. 昆虫飼育における「放置」は悪か?

    ギアスポリオン(Megasoma gyas porioni Nagai, 2003)幼虫のマット交換…




最新の記事

  1. イクラ不法所持の疑いで暴力団幹部を逮捕!「サケは盗んだがイクラは盗んでいない」と供述
  2. 長谷川豊が史上最悪の暴言「結婚しない男は殺せ!女の知的水準低いと子供を多く産む、計算できないから」
  3. 検証「雪見だいふく」に業務用や学校給食用は本当に存在するのか?
  4. 立憲民主党・福山哲郎、元AV女優・夏目ナナの経営するバーの代金を政治資金で支出していた!
  5. ネットギーク「TBSの加計報道は数字捏造、謝罪しろ」←現役学部生が降臨、ネットギークの間違いを指摘1
  6. 希望の党共同代表に玉木雄一郎氏「森友・加計問題調査チーム」は玉木氏の獣医師連盟献金問題をどう扱う?
  7. 福島瑞穂からのクイズ「国会前の朝鮮半島で戦争をするなの集会での挨拶です」正解者が出るとは思えない
  8. 【証拠写真】60億円詐欺で逮捕された一味、中国「レーニン学校」に寄付?放射能不安ビジネスでも逮捕 (2)
  9. 差別?暴言「韓国人留学生を全員生き埋めに」モリカケ追及団体代表が今治獣医学部の留学生受け入れを揶揄
  10. 兵頭正俊の炎上商法発覚「安倍政権下で日馬富士がビール瓶で殴った」意味不明→「続きは有料メルマガで」1

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP