外来生物法とザリガニとクワガタと・・・


zarigani
今回は以下のニュースを元に、外来生物法とザリガニの関係、外国産クワガタムシとの扱いの違いについてをテーマにしました。

ニュース – 動物 – アフリカでザリガニ繁殖、固有種に危機(記事全文) – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

スポンサーリンク

近年、アメリカザリガニは危険な外来生物と認識され始め周知もされているように感じる。
しかしこのアメリカザリガニ、外来生物法における特定外来生物には指定されていない。
現在は要注意外来生物リストに記載されているだけでなんら規制のある種ではないのだ。
巷では「外来生物」と「特定外来生物」が混同されているようで規制種と思われている方も多いのではないでしょうか。

では何故、「ザリガニ」といえば本種を指すほど日本中で蔓延しているアメリカザリガニが、特定外来生物に指定されていないのか?
その答えは、環境省外来生物法ホームページの要注意外来生物リストにこう記載されている。
——————–
●評価の理由:
捕食や競合による生態系への影響は大きいと考えられるが、既に蔓延している地域が多く、また、ペットとしての飼養も極めて多いため、適正な執行体制の確保や効果的な防除が困難である。
——————–
呆れた内容だ。
要するに危険と解っているが規制に手がかかるので規制しない。全部取り締まれないから端から手をつけない。という事だ。
これは「全部取り締まれないならスピード違反と駐車禁止の取り締まりをやめろ」と言う社会性皆無の暴論と同じである。

この理屈は外国産クワガタムシでも同じように適用されている。
しかし外国産クワガタムシの場合は、知見データの不足も理由の一つとされているが、アメリカザリガニに関しては「被害に係る一定の知見はあり、引き続き特定外来生物等への指定の適否について検討する外来生物」に分類されているのでさらに程度が悪い。
外国産クワガタムシはまだ、国内に定着したと言える知見データは乏しく、性急な規制が放虫を誘発する可能性も否定はできない。(※段階的なアナウンスで避けられると筆者は考える)
対してアメリカザリガニに関しては定着どころか蔓延している状況だ。外来生物法の悪役「ブラックバス」ですらここまで蔓延はしていないだろう。
クワガタムシの放虫と同様に、規制が放流を誘発する可能性があるが、もうこれ以上に拡がりようが無いほどに分布域を拡大している事と、飼育個体の大半が近所で捕獲されたものと考えられ、多少の法流があったとしても致命的な被害拡大にはならない。
規制が困難であるという事が問題の本質を捻じ曲げるようでは、なんの為の法律なのかすら怪しくなる。

ザリガニで特定外来生物に指定されているもので「ウチダザリガニ」がある。
アメリカザリガニほど知られておらず、ウチダザリガニって何?と思う人も多いでしょう。
本種に関しては北海道でニホンザリガニと競合する事などから規制の対象となっている。大掛かりな駆除も行われ、販売目的で所持し逮捕された人もいる。
しかし、ニホンザリガニは環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されたことが逆に商品価値を高めているようにも感じる。
ウチダザリガニを外来生物法で規制しているからこそ、ニホンザリガニの捕獲ができるとも考えられるが、なんとも複雑な心境だ。

やはりここでも外来生物法が批判される要素が絡んでくるが、ヒステリックに外来生物法を批判している人達の大半が販売利権に関わっていたり、レア種にとりつかれ密輸個体や違法種を受け入れる傾向にある事も知っておかなければならない。
この事は特定外来生物の判定にも当てはまることであり、販売者等の意見ばかりが色濃く反映されないようにしていただきたい。

【全文転載は禁止、引用方法は↓】

引用は半分以下で「続きは以下へ」のリンク必須(まとめサイトも同条件)、動画サイトでの転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

自然交配、移入、絶滅は悪ではない

外国産ハナムグリにまつわるデマ

関連記事

  1. コバエ退治に有効な手段とはなにか?

    コバエ退治には何が効果的か?クワガタ・カブトを飼育する人の多くが悩まされている。コバエ退治と…

  2. BE-KUWA(ビークワ)54号書評

    史上最低と酷評された52号、ギネス発表じゃなきゃヤバかった53号。もう土俵際としか言いようのない…

  3. 【ニュース】新種のクワガタムシ2新種+1新亜種【月刊むし2014…

    クワガタファン注目のニュースです。月刊 むし2014年08月号にクワガタムシの新種2種と新亜…

  4. イベント「ゲリラ○○」とは?ゲリラ魂をランバ・ラルに学ぶ!

    「ゲリラ」近年、突然の豪雨やをゲリラ豪雨と呼ぶようになり、イベントなどにおいても多く目にするキー…

  5. 種の保存法改正で露呈した一部昆虫愛好家の偏執ぶり

    2月19日、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、…

  6. 昆虫誌2誌と自称昆虫誌も購入

    今月の「月刊むし」「昆虫と自然」「昆虫フィールド」がamazonから到着した。「月刊むし」の…

  7. スケッチブックと筆記用具

    昆虫の亜種や地域変異、同定スキルを上げるには?

    とにかく昆虫は種・亜種が多い。クワガタ・カブトムシだけでも膨大な数の種類が存在します。種…

  8. 東大君が苦しそうに奇声を発しているので、なんだか可哀想に思えてき…

    小保方さんよりデタラメなことで有名な、自称「東大大学院の研究者」ことonegai-twins0811…




最近の記事

  1. 和田政宗議員を襲撃した沖縄基地反対派の3人を書類送検、動画に抑えられた犯行の一部始終
  2. 八重山毎日新聞が自衛隊を差別するコラム掲載「自衛隊が来ると犯罪や事故が予想される」石嶺香織を模倣か
  3. 有田芳生議員と茨木新聞が日教組に死刑宣告!「焦点は教組の死刑執行」過激な見出しに読者が震える!
  4. 都民ファ都議が不謹慎謎かけ、消防協働新年会で「ビル火災とかけて、新橋の酔ったサラリーマンと解く」
  5. 福山哲郎が女性番記者から贈り物を受け取り写真撮影、安倍総理が受け取った際に叩いていたパヨチンは沈黙
  6. 回収!森友学園問題を考える会の院内集会チラシ、他人の写真を無断使用 イラスト風に改変して誤魔化す
  7. 原口一博議員「日本維新の会は日本に必要ないなら名称もろとも無くしてほしい」名称を巡る特別な思いも
  8. 日本共産党「裏切ったら許さない民進党籍議員リスト」を大公開!小池晃「統一会派は裏切りということに」
  9. 希望の党公認候補「拉致問題も経済停滞も靖国に参拝しないのもネアンデルタールの血が原因」若狭塾出身
  10. ピースボート「安倍はICAN事務局長と会わない!」←首相の東欧歴訪中を狙って面会を求めるヤラセ!

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP