外国産ハナムグリにまつわるデマ


外国産ハナムグリ解禁と言うデマは止まらないようだ。
ブンブンフォーラムというサイトが立ち上がっているが、内容は酷いもんだ。
まず、私の記事内容とツイッターでのやり取りをモチーフとした「偽者」が登場している。
そのうえ、横浜植物防疫所に関する記述は捏造である。

スポンサーリンク

まずは私の「偽者」について。
無論、私は書き込みなどした覚えはない。
私の書いた記事と照らし合わせてもらえば、私が独自に調査・取材して入手した情報が盗用されている事が解る。
「外国産ハナムグリが外来生物法を動かす?」
http://ksl-live.com/blog332

KSLでは原則記事の引用は歓迎しているし、読んで得た知識はその人のものだと思う。
しかし「盗用」は別だ。
あたかも自らが取材し情報を得たように語るのは引用とは言い難い、盗用だ。
記事内容だけでなく私がtwitterでやりとりした内容(見解)まで一致している。
盗用した人物の意図を推測すると悪意は感じられないが、やり方が卑怯と言わざるを得ない。
盗用し私の見解を書き込んでいる人物はおそらく、私の記事と見解をフォーラムに投げかけ議論を呼ぼうとしているのだろう。
それならば正式に私の記事を引用してもらって構わないし、私が示した見解も「KSL-Live!の見解」と明示して投稿すればいい。
私のクローンのようなキャラを設定し語ることに、正当性や公益性があると思っているのだろうか?
この件に関しては暫く様子を見るが改善が見られない場合はそれなりの手段で抗議するつもりです。

このフォーラムには問題がもう一点ある、「捏造」だ。これは許し難い。
フォーラム内の書き込みで、横浜植物防疫所が輸入可否の判定を申請無しで行っていると書かれているが、これは完全に捏造、もしくはデマを掴まされている。
そもそも該当する業務が存在しない。申請無しに判定をする所ではない。
植物防疫所はその名のとおり、植物防疫を目的とする機関である。
「防疫」であって「貿易」ではない。昆虫輸入業者を保護する立場ではないし、昆虫輸入は農業でもない。
この件に関しては植物防疫所へ確認済みである。

さらに許し難いデマは「輸入許可の事前情報」だ。
これも植物防疫所に確認したが、前述のデマと同じ答え。
申請は輸入しようとする者がその都度行うものである為、事前情報自体が存在しない。
仮に事前情報として流れている種が「規制無し」の判定となっても、それはその時に申請されたもので事前情報との因果関係はないと言うことだ。

このようなデマを流す意図は単純だ。
違法に国内に持ち込み飼育していた者達にとって市場の縮小と近親交配による弊害とマンネリは、取引機会の減少を招き、金銭問題と飼育の問題が相まって死活問題になっていたからだ。
一部の種が輸入可能になった事で新規参入者の飼育種は輸入可能種に偏り、未だに輸入できない種の市場はさらに厳しくなる。
以前から飼育していた者も、これを機会に輸入可能種だけに絞り、輸入未許可種の繁殖を放棄する動きもあるので偏りは加速するものと思われる。
ハナムグリを個人売買するものにとっては、一昔前のような密輸種も混在する市場が望ましいのだろうが、最早それを受け入れる社会ではない。

ショップ経営者などの事業者も、正式に許可された種だけの市場になれば商売もやりやすい。
危険な橋を渡り密輸種を扱う業者に大きな顔をされる事も無いし、事情を知らないユーザーから卑下される事も無い。
輸入が可能となった事で一部の業者はセンセーショナルな宣伝文句で外国産ハナムグリ野外品を売り出したが、お世辞にもヒットしてるとは思えない。
こんなことなら「密輸=レア」に弱いマニアが大枚をはたいてくれた頃に戻りたいと思う人もいるでしょう。

輸入許可で儲かると思って仕入れたらコケた人。
輸入許可で価値が半減した密輸業者。
輸入許可で未許可種がクローズアップされ焦るブリーダー。
どれをとっても迷走中。

解禁祭りも盛り上がることなく、今は・・・「祭りのあと」

哀愁のハナムグリ業界と言ったところか。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

外来生物法とザリガニとクワガタと・・・

昆虫を配るボランティアと注意点

関連記事

  1. オオクワガタ交雑問題に言及しても「圧力」なんてないよ?

    本来なら某ブログの多々ある問題をまとめて記事にしてもよいのですが、問題の焦点を散らされそうなので個々…

  2. 【昆虫類】ツマアカスズメバチが特定外来生物に指定される

    西日本新聞の報道によると、政府は9日ツマアカスズメバチ Vespa velutina を特定外来生物…

  3. 外来生物法とザリガニとクワガタと・・・

    今回は以下のニュースを元に、外来生物法とザリガニの関係、外国産クワガタムシとの扱いの違いについて…

  4. 【ニュース】新種のクワガタムシ2新種+1新亜種【月刊むし2014…

    クワガタファン注目のニュースです。月刊 むし2014年08月号にクワガタムシの新種2種と新亜…

  5. 哀川翔さんには大変お世話になってます。昆虫業界への影響力公開!

    監修 哀川翔 はじめてのカブトムシ飼育BOOK哀川翔さんには個人的に大変お世話になってい…

  6. 「ハムスター釣り」問題と生き物を飼う「心構え」

    複雑というか、なんというか・・・夏祭りの屋台で「ハムスター釣り」動物虐待と非難も - LINE …

  7. 幻の昆虫を発見し報道される条件→小学生であること

    幻の昆虫ヒラズゲンセイ!そう呼ばれているわりには、たくさん見つかっています。ここ最近でも立て…

  8. 【経験者は語る】ムシキングによる昆虫ブームなんて無かったよ。

    2003年から2010年にかけ大ブームとなった「甲虫王者ムシキング」が2015年夏に…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP