エコかエゴか?カブトムシを撒く大人たち


環境教育と情操教育はリンクする部分が多い。
「エコ」が「エゴ」にならない為には情操教育は不可欠ともいえる。
しかし環境教育と情操教育は混同してはならない。主たる目的は明確に区別する必要がある。

スポンサーリンク

昨今いろいろな団体が環境活動として、生き物を呼び込む環境づくりを行っている。
以下の記事のような秀逸な活動もある。
「ホタル保護認められた…愛知 : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)」http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120316-OYT8T00537.htm?from=tw
ただホタルを育てるだけでなくザリガニなど外来生物を駆除する「外てきつかまえ隊」や、オオカナダモを除草する「水をきれいにし隊」など6グループにも分かれて環境全体を学習している。

しかしなかには環境教育と情操教育を混同した活動もある。
その最たるものが「ただカブトムシを撒く」というもの。
腐葉土を持ち込み幼虫を撒く、それでカッコいいカブトムシが羽化すれば子どもは喜ぶ。
しかしこれらは情操教育やイベントであって環境教育など無縁ともいえる。
状況によってはパイロットとなる生物を放すことも必要だが、自然に定着する基礎がなければ一代限りのイベントに終わってしまうのだ。
絶対悪ではないが、これらの活動に「環境」の冠をつけると子どもも大人も勘違いしてしまう。
ただカブトムシを撒いているだけで、環境なんて一切改善されていない。が、なんとなく環境活動した気にはなっている。

そして、昆虫愛好家なら常識だがカブトムシは劣悪な環境でも繁殖する。
腐葉土さえ持ち込めば庭先でもどこでも繁殖するカブトムシは、生態系保全や改善の指標にはなり得ない昆虫といえる。
場合によっては大型甲虫であるカブトムシは他の生物を圧迫するかもしれない。
カブトムシ・クワガタに代表される人気昆虫だけが昆虫ではないということも付け加えておきたい。

こういった活動をされる方々に悪意がないことは疑う余地もないが、無知やエゴが環境・生態系を破壊し今に至った経緯は知っているはずだ。
それを回復しようというなら専門知識をもって取り組んでほしい。

一方で学校など教育機関が、情操教育・環境教育などを分類できず混同する問題は根が深い。
鑑賞目的や快適な住環境を目的とした草花や樹木をさす「緑」と自然環境の違いを大人たちが理解し教えないと子どもたちはいずれ、自分にとって「心地よい」ものばかりを選び残そうとする。
心地よいものを選ぶことは人間らしく生きるうえで必要なことかも知れないが、環境教育では時に不快な環境や生物・植物ともつきあう覚悟が必要である。
大人たちにその覚悟も知識もなければ、なにも教えることはできないだろう。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

絶滅昆虫を絶海の孤島で発見!しかも繁殖成功!

6センチの超巨大スズメバチは誤報?

関連記事

  1. 幻の昆虫を発見し報道される条件→小学生であること

    幻の昆虫ヒラズゲンセイ!そう呼ばれているわりには、たくさん見つかっています。ここ最近でも立て…

  2. 米動物園ゴリラ射殺への批判はカルト宗教さながら

    東山動植物園オフィシャルゴリラ写真集 シャバーニ!米オハイオ州の動物園でゴリラ(オス17…

  3. ぐんま昆虫の森でカブトムシ幼虫盗採か?

    http://youtu.be/qq0flEPkwD0※動画はすでに削除されています。新聞で…

  4. Dorcus sp. の真実

    「Dorcus sp.」新種か?新亜種か?地域変異か?話題となって数年が経過した。未…

  5. 被ばくで遺伝子に傷か=チョウの羽や目に異常

    時事ドットコム:チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か-琉球大 先日はカブトムシの「羽化…

  6. 超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

    絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上手い」を超越しています。なんと「小さな文字」そ…

  7. 趣味の標本オークション出品で有田市の課長を処分

    【社会】和歌山県:カミキリムシなどの標本をネットオークションに出して収入を得たとして、市水道事務所の…

  8. 【絶叫動画】巨大なタガメに女性が襲われる(襲わせる?)

    タガメの飛翔能力を甘く見てはいけません。タガメは半翅目(はんしもく)に分類され、所謂「カメムシ」…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP