KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


6センチの超巨大スズメバチは誤報?

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

その姿まるでモンスター! インドネシアで体長約6センチの超巨大スズメバチが発見される
http://rocketnews24.com/2012/03/26/196621/

このニュースがリリースされたときの衝撃は凄かった。
体長6センチもの体にクワガタのような顎が備わっているというから、驚きましたね。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

しかしリリース直後から、ネットでは捏造説や元ネタ誤読説が飛び交いました。
私自身も懐疑的にしか捉える事ができませんでした。
体長6センチまで巨大化してハチとしての機敏性やホバリングなど空中で自由に動けるのか?など疑問点はありました。
結局、数日後にナショナルジオグラフィックが詳報をリリースした時には誤読部分が訂正され、体長は3センチ強という事が判明。

ニュース – 動物 – 巨大な顎の新種のハチ、インドネシア(記事全文)
– ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

サイズは6センチから3センチへ大幅ダウン、これなら日本のスズメバチ程度。
ナショジオ版がリリースされる前から指摘されていたが、日本で言うスズメバチではなくスズメバチ科のケラトリバチ亜科となっている。
スズメバチと訳してしまうと日本ではあの怖い「スズメバチ」となりますが、学名ではスズメバチ科の中にさらにスズメバチ亜科があるので、ケラトリバチ亜科と訳すのが妥当のようだ。
まだまだ不明な点が多くあり、特にクワガタのような大きく発達した顎は不思議です。
既に絶滅の危機にあるようですが、記載⇒即絶滅とならなければ良いのですが・・・

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

追記【糸島でアトラスオオカブト捕獲】の新聞記事に決定的な誤りが・・・

※2014/10/02 「アトラスと国産カブトでは …

no image
カブトムシにも奇形が多発?は誤認です。

カブトムシにも奇形が多発?-果たして放射能の影響な …

no image
昆虫を配るボランティアと注意点

陸前高田へ 子どもたちにカブトムシ 大分合同新聞 …

no image
【昆虫類指定有】国内希少野生動植物種に41種が追加される【環境省】

環境省は4月10日「絶滅のおそれのある野生動植物の …

カブトムシ、まんじゅう虫
まんじゅう虫ってカブトムシの幼虫のことらしい。

まんじゅう虫って?カブトムシの幼虫のことらしい。 …

no image
昆虫誌2誌と自称昆虫誌も購入

今月の「月刊むし」「昆虫と自然」「昆虫フィールド」 …

哀川翔さんのギネス更新カブトムシはどれだけスゴイのか?

写真:国産かぶとむし成虫ペア @1,080円 俳優 …

【絶叫動画】巨大なタガメに女性が襲われる(襲わせる?)

タガメの飛翔能力を甘く見てはいけません。 タガメは …

no image
最近の飼育状況

基本的に私は虫を多く飼うことを避けています。 昆虫 …

これでなんかくれ
分類の混乱、クレクレス全亜種消滅説

メンディケアクレクレスについては、以下の記事を参照 …