KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


6センチの超巨大スズメバチは誤報?

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

その姿まるでモンスター! インドネシアで体長約6センチの超巨大スズメバチが発見される
http://rocketnews24.com/2012/03/26/196621/

このニュースがリリースされたときの衝撃は凄かった。
体長6センチもの体にクワガタのような顎が備わっているというから、驚きましたね。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

しかしリリース直後から、ネットでは捏造説や元ネタ誤読説が飛び交いました。
私自身も懐疑的にしか捉える事ができませんでした。
体長6センチまで巨大化してハチとしての機敏性やホバリングなど空中で自由に動けるのか?など疑問点はありました。
結局、数日後にナショナルジオグラフィックが詳報をリリースした時には誤読部分が訂正され、体長は3センチ強という事が判明。

ニュース – 動物 – 巨大な顎の新種のハチ、インドネシア(記事全文)
– ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

サイズは6センチから3センチへ大幅ダウン、これなら日本のスズメバチ程度。
ナショジオ版がリリースされる前から指摘されていたが、日本で言うスズメバチではなくスズメバチ科のケラトリバチ亜科となっている。
スズメバチと訳してしまうと日本ではあの怖い「スズメバチ」となりますが、学名ではスズメバチ科の中にさらにスズメバチ亜科があるので、ケラトリバチ亜科と訳すのが妥当のようだ。
まだまだ不明な点が多くあり、特にクワガタのような大きく発達した顎は不思議です。
既に絶滅の危機にあるようですが、記載⇒即絶滅とならなければ良いのですが・・・

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

no image
葛城山のギフチョウが御所市文化財に指定、採集禁止の条例案も

奈良県葛城山のギフチョウが御所市文化財に指定されま …

『疑惑』の疑惑、グラン×ビノ交雑実験の『疑惑』

一部で信用してしまっている人がいるようなので書いて …

カブトムシ
「カブトムシ養殖で儲ける」は嘘!儲かりません!その理由とは?

おかしな記事を発見しました。 毎度おなじみマイナビ …

テナガコガネ密輸販売で逮捕者、芋ずる式検挙は相次ぐか?

画像:名和昆虫博物館企画・制作 ヤンソニーテナガコ …

ダイオウヒラタ「はぁ?自分ヒラタっすよぉ?」

またまたトンデモ説が飛び出したようです。 なんとダ …

ゴケグモ属全種が特定外来生物に指定される

写真:セアカゴケグモ(環境省HPより) 21日、「 …

no image
トキは絶滅している

「トキ」Nipponia nippon (Temm …

「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

以下の動画をご覧いただきたい。 2014盛夏!フク …

no image
逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐 …

no image
根拠のない可能性を語ることは科学ではない

前回の記事 電撃殺虫器(殺虫灯)はクワガタやカブト …