6センチの超巨大スズメバチは誤報?


その姿まるでモンスター! インドネシアで体長約6センチの超巨大スズメバチが発見される
http://rocketnews24.com/2012/03/26/196621/

このニュースがリリースされたときの衝撃は凄かった。
体長6センチもの体にクワガタのような顎が備わっているというから、驚きましたね。

スポンサーリンク

しかしリリース直後から、ネットでは捏造説や元ネタ誤読説が飛び交いました。
私自身も懐疑的にしか捉える事ができませんでした。
体長6センチまで巨大化してハチとしての機敏性やホバリングなど空中で自由に動けるのか?など疑問点はありました。
結局、数日後にナショナルジオグラフィックが詳報をリリースした時には誤読部分が訂正され、体長は3センチ強という事が判明。

ニュース – 動物 – 巨大な顎の新種のハチ、インドネシア(記事全文)
– ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

サイズは6センチから3センチへ大幅ダウン、これなら日本のスズメバチ程度。
ナショジオ版がリリースされる前から指摘されていたが、日本で言うスズメバチではなくスズメバチ科のケラトリバチ亜科となっている。
スズメバチと訳してしまうと日本ではあの怖い「スズメバチ」となりますが、学名ではスズメバチ科の中にさらにスズメバチ亜科があるので、ケラトリバチ亜科と訳すのが妥当のようだ。
まだまだ不明な点が多くあり、特にクワガタのような大きく発達した顎は不思議です。
既に絶滅の危機にあるようですが、記載⇒即絶滅とならなければ良いのですが・・・

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

エコかエゴか?カブトムシを撒く大人たち

昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?

関連記事

  1. 逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

    中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト …

  2. 【声かけ事案】「クワガタあげる!」で虫おじさんが通報される

    ある男性が「クワガタあげる!」と子供に声をかけたところ、通報され「声かけ事案」として情報公開された。…

  3. 絶滅昆虫を絶海の孤島で発見!しかも繁殖成功!

    絶滅したはずの昆虫が絶海の孤島で再発見され繁殖に成功 - GIGAZINEhttp://giga…

  4. 東大君ビギンズ、振込後に商品送らず「非常に悪い」の評価にも逆切れ…

  5. 韓国の珍説「日本人が名付けた韓国在来種の学名は変えるべき」とか・…

    【萬物相】日本人が名付けた韓国在来種の学名Chosun Online | 朝鮮日報 ht…

  6. 農林水産省

    ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!

    最近、ミツノsp.という表記で外国産カブトムシであるミツノカブトが販売されていますが、その多くが…

  7. 12月14日現在4♂8♀ ~くわがたの森~ Pure Forest  相模の國 ♪ ってか 出てきたら? ょ  & 川西 最終瓶替え ♪

    ミミ川西89ミリの同腹が3♀から8♀へ増えた件

    実質、日本原産のクワガタで最も大きいとされる、ミミ川西89ミリ(オオクワガタ川西産)、この同腹♀の数…

  8. 「ハムスター釣り」問題と生き物を飼う「心構え」

    複雑というか、なんというか・・・夏祭りの屋台で「ハムスター釣り」動物虐待と非難も - LINE …

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP