6センチの超巨大スズメバチは誤報?


LINEで送る
Pocket

その姿まるでモンスター! インドネシアで体長約6センチの超巨大スズメバチが発見される
http://rocketnews24.com/2012/03/26/196621/

このニュースがリリースされたときの衝撃は凄かった。
体長6センチもの体にクワガタのような顎が備わっているというから、驚きましたね。

スポンサーリンク

しかしリリース直後から、ネットでは捏造説や元ネタ誤読説が飛び交いました。
私自身も懐疑的にしか捉える事ができませんでした。
体長6センチまで巨大化してハチとしての機敏性やホバリングなど空中で自由に動けるのか?など疑問点はありました。
結局、数日後にナショナルジオグラフィックが詳報をリリースした時には誤読部分が訂正され、体長は3センチ強という事が判明。

ニュース – 動物 – 巨大な顎の新種のハチ、インドネシア(記事全文)
– ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

サイズは6センチから3センチへ大幅ダウン、これなら日本のスズメバチ程度。
ナショジオ版がリリースされる前から指摘されていたが、日本で言うスズメバチではなくスズメバチ科のケラトリバチ亜科となっている。
スズメバチと訳してしまうと日本ではあの怖い「スズメバチ」となりますが、学名ではスズメバチ科の中にさらにスズメバチ亜科があるので、ケラトリバチ亜科と訳すのが妥当のようだ。
まだまだ不明な点が多くあり、特にクワガタのような大きく発達した顎は不思議です。
既に絶滅の危機にあるようですが、記載⇒即絶滅とならなければ良いのですが・・・

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

エコかエゴか?カブトムシを撒く大人たち

昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?

関連記事

  1. 奈良オオニュースと業界批判

    先日、荷物を整理した際に古い奈良オオニュースが出てきた。あれだけの大判カラー紙面を発行するコ…

  2. 【昆虫類】ツマアカスズメバチが特定外来生物に指定される

    西日本新聞の報道によると、政府は9日ツマアカスズメバチ Vespa velutina を特定外来生物…

  3. まごころ飼育の里を探して【2014秋 発見】

    急に寒くなりましたね・・・寒いのは季節のせいでしょうか?いいえ違います。僕にまごころが足らないか…

  4. 東大赤門

    国産オオクワ98ミリ、4令幼虫羽化?を本気で検証してみた

    すでに巷では失笑・・・いやまあ・・・話題になっている4令幼虫羽化!自称、東大大学院卒の研究者…

  5. 被ばくで遺伝子に傷か=チョウの羽や目に異常

    時事ドットコム:チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か-琉球大 先日はカブトムシの「羽化…

  6. Dorcus sp. の真実

    「Dorcus sp.」新種か?新亜種か?地域変異か?話題となって数年が経過した。未…

  7. 無計画な繁殖が昆虫市場と自然を破壊する

    ブリードで増えた虫をどのように扱うか?昆虫飼育の悩みの種である。特にクワガタ飼育では成虫の寿…

  8. 菌床から出る水分を有難いと思ってるのはクワガタブリーダーだけ

    菌糸ボトルから出る水分は害悪菌糸ボトルでクワガタの幼虫を飼っていると、ボトルの側面や底部に水…




最新の記事

  1. 加計問題追及の黒川敦彦様、出資金が200倍になるかもしれない発電事業の経過報告が途絶えています
  2. デマ確定か?「核禁止条約への言及懸念で高校生平和大使演説見送り」は外務省のコメントではなかった!
  3. 世田谷のコンビニ前で韓国籍の男が女性を切りつけ、日本人に対する大量虐殺をツイッターで予告
  4. 障害者の受け入れ補助金を搾取した籠池夫妻を擁護する非道、野党4党は犯罪の告白を受けていたのでは?
  5. 玉木雄一郎議員が産経新聞にブチ切れ!何故かアノニマスポストを巻き込み「対策を打つ」と圧力示唆

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP