信州大、スマホやめるってよ 「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」問題


LINEで送る
Pocket

信州大学(理学部・医学部・繊維学部) (2015年版大学入試シリーズ)
信州大学(理学部・医学部・繊維学部) (2015年版大学入試シリーズ)

信州大の入学式において、学長が新入生にこう迫った。

「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」

えっ?信州大辞めますけど(´・_・`) が、正解。

スポンサーリンク

利用頻度の高さと利便性を「悪い依存」と決めつける

朝日新聞によると、山沢学長は、昨今の若者世代がスマートフォン偏重や依存症になっている風潮を憂慮。「スイッチを切って本を読み、友だちと話し、自分で考える習慣をつけ、物事を根本から考えて全力で行動することが独創性豊かな学生を育てる」と語りかけた。 らしい・・・

確かに依存もあると思う。
だけど、スマホが便利で有用だという事実から目を背け、自分が生きた古い時代を若者に押し付ける事は完全に間違っている。スマホを有効に活用しながら、有意義な学生生活を実現する方が良いに決まっている。
便利な道具を捨てれば技能や知識が向上するなどと思っているなら、この学長が明日から素っ裸で何も持たず穴倉で生活して、どれほどの成長が見られるかを実証してみて欲しいな。
このくらいの極論なんですよ。この学長が言ってることは。
あと、スマホでも本は読めますので。

スマホに救われる人間がいることを知れ

例えばだよ。私の実体験からいくと、スマホやタブレットがあったから父親の病院に通い、付き添い介護ができた。
机に噛り付き、据え置きのパソコンと睨み合うような時代なら、それは不可能だった。スマホやタブレットが、どこでも仕事ができる環境を与えてくれた。
実際に介護の現場でもスマホの有効活用は注目されているし、アプリさえ作れば在宅介護でも医師や介護士に現状を伝えるためには非常に有効。

これらの時代はスマホやタブレットが扱えないような人間は取り残され、優れた人材とはなり得ないでしょう。

学長がこの意識を変えないなら、信州大学を辞めることを強くお勧めする。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

ギフチョウ、大阪府河南町でも採取・捕獲禁止条例施行

SoftBank Air試してみた→工事不要で速度も満足!オススメ!

関連記事

  1. 志布志市PR動画「うな子」に対する的外れな批判

    鹿児島県志布志市がふるさと納税PR動画として公開した『少女U』に批判の声が上がっている。http…

  2. 日本共産党「血のメーデーは警察の企図」と赤旗に記述

    By 不明 - 毎日新聞社「昭和史第14巻 講和・独立」より。なお、この写真は既に公表済である。, …

  3. 自民党小野田議員セーラー服姿、倉敷市長と

    自民・小野田きみ議員が秘書に投げ飛ばされる、妹の謀反に遺憾の意

    1日、上齋原神社奉納おんな相撲大会が開催され、自民党の小野田きみ参院議員が予告通り出場した。…

  4. 志葉玲暴言「選挙に行こう!でバカがバカに投票する」危険な優生思想…

    ジャーナリストの志葉玲が妻の増山麗奈に負けじと暴言。都知事選において自身が推していた鳥越俊太郎惨…

  5. 【社民党】後藤健二さん拘束中に福島瑞穂はなにをしていたか?まとめ…

    2月1日早朝、ISIL(アイシル)によって拘束されていた後藤健二さんが殺害されたとみられる動画が公開…

  6. 戦争法の廃止を求める2000万人統一署名

    カルト化する共産党、小学生を脅し安保法案反対署名を集める

    共産党運動員が下校中の小学生に「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきた…

  7. 増山れな「北のミサイルは高浜原発を射程圏内に捉えた!再稼働を中止…

    社民党東京選挙区増山れな候補が、北朝鮮の核兵器問題を政治利用する発言。https://twitt…

  8. 医師「貧困JKは貧困を訴えるだけ何もしない」と自己責任論を展開

    医師である井上晃宏さんがこんなことを記事にしているが、全くと言っていいほどに共感できない内容だ。…




最新の記事

  1. 民進党をクビになった木内孝胤議員がツイッターで暴発!「玉木は無責任」「ツイ垢、略して口座だ」3
  2. 森友がんばれおばさん池本奈央氏が東スポデビュー!有田芳生議員らの落選運動に法的問題は無かったのか?
  3. 民進党の杉尾秀哉議員「北のミサイル、解散が近いから、犯罪者レイプ犯でも勝てる」投稿に「いいね!」3
  4. 解散風、民進党で海江田万里だけ嬉しそう「野党の浪人の身ですので、解散は早いに越したことはない」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP