「報道の自由の危機」は新聞とテレビが危機なんであってだな・・・


国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)
国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)

報道ステーションでの古賀茂明氏降板問題や、自民党が公平中立な放送を求める文書を送ったことで「報道の自由の危機」が盛んに語られています。
確かに日本の報道は「公平中立」という名のもとに、新聞・テレビ放送の自由度は低くなっている。
しかし、それはあくまで「新聞・テレビ」が危機なんであって、報道そのものが危機に瀕してるとは思えない。

スポンサーリンク

クロスオーナーシップが仇に

日本のテレビ局のほとんどが、大手新聞社が大株主となっています。
これによるメディアの寡占を危惧する声もありますが、一つの資本が複数の局を寡占していなければ問題ないという考え方もできます。
いっそのこと、政権寄り・野党よりなどの色を打ち出してしまえば良いのですが、それを「公平中立」の名のもとに自主規制しているのが現状。
事業免許取り消しなんて、よほどの捏造でも行わない限りありえませんし、言論の自由の範疇で主張していればなんら問題ないはずなんですが、万が一を考えると株主の新聞社まで影響が及ぶもんだから「報道の自由」とか大げさなこと言って騒いでるようにしか見えません。
なにかと話題のTBSなんて毎日新聞と資本関係がほとんどないもんだから、そりゃもう言いたい放題です。オウム関連の対応で殺人事件まで引き起こしても事業免許は取り消されなかったことを考えると、資本関係があってもなくても事業免許の取り消しはありえないのかもしれません。
クロスオーナーシップで新聞社とテレビ局が同一オーナーである局は、テレビでなにかやらかすと新聞社の保有株が暴落することを恐れているようにも見える。

圧力と捉えるなら跳ね返せばいい

自民党から公平中立な放送に関して申し入れがあったことを、「圧力」と捉える見方もあります。はっきりいって自民党は余計なことをしたと思います。局側は、それが圧力と思うなら跳ね返せば良いし、なんなら無視しても問題は起きなかったはずです。
そもそも、言論の自由の枠を逸脱した「ヤラセ」を行うテレビ局側に問題がある。NHKもテレビ朝日も同様の問題を抱えながら、政権からの圧力がどうとか言えた立場ではありません。
ネットメディアやフリーランスは個々に独自の報道を行っているし、新聞社やテレビ局の危機を「報道の危機」と一括りにするのは思い上がりでしょう。
大手メディアで組織する「記者クラブ」が、無償で国の施設を記者室として貸与され、会見も独占的に仕切ることができるという最早、政府のお抱え機関のようになっているから、いちいち政権の顔色を窺わなくてはならないことも付け加えておかなければならない。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

カープ女子は衣笠も愛してくれるん?最下位でも愛してくれるん?

論点整理とミミ氏への謝罪の要求

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  2. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  3. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  4. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  5. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  6. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白
  7. 炎上!福島瑞穂さんが北海道被災現場で記念写真「山が崩れて、家などを押しつぶしてしまいました」
  8. 元・朝日新聞記者が麻生大臣の容姿を揶揄「口が曲がってる」ツイッター開始2週間300投稿の大半が悪口
  9. 加計獣医学部で焦げた唐揚げ定食を出された黒川敦彦さん「また必ず事件が起こる」(キリッ
  10. 日テレ「豊胸手術した胸はLEDで光る」に東京美容外科「乳がん治療でもシリコンは使う、十分な配慮を」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP