【昆虫密輸】ゴライアスオオツノハナムグリを密輸した男を書類送検


平成27年5月1日、北海道警察札幌方面北警察署は植物防疫法違反の疑いで、札幌市北区の調理師の男(48)を書類送検した。
書類送検の容疑は、平成27年2月にGoliathus goliathus(ゴライアスオオツノハナムグリ)♂2頭♀5頭の計7頭をおもちゃに装いフランスから自宅に郵送させた疑い。
農林水産省-植物防疫法に違反して昆虫(ゴライアスオオツノハナムグリ)を輸入した容疑で書類送致がなされた事例について
ゴライアスオオツノハナムグリを密輸 調理師を書類送検 北海道警 – 産経ニュース

スポンサーリンク

問われる市場の倫理

今回、書類送検された男はここ数年、大手オークションでゴライアスオオツノハナムグリのWD(野外品)やWF1(野外品からの累代)を出品している人物と同一と思われる。プロフィールの年齢に違いはあるが職業は一致する。
この人物の出品に関しては当方の取材により、植物防疫所でも以前から察知し、オークション運営会社を通じ出品者あてに事実関係に係る照会文を送信していた。オークション運営会社の対応が緩慢なうえ、植物防疫所には捜査に類似する行為が行えないという制約があり、十分な調査と回答が得らなかったと思われる。
こういった事案に関しては、オークション運営やWEBサービス提供元が当局に協力的であれば防げる事案。植物防疫法に関しては「逮捕されない」「罰則がない」と居直り同様の出品に対して対応をしないという問題がある。
罰則の有無が、違法か合法かという判断基準になってしまうというのは倫理観に欠けるとしか言いようがない。逮捕や罰則がない法律は守らないという理屈は倫理観なき運営・営業である。
当方が運営するKSLオークションでは、植物防疫法で輸入できない種の生体は規約上で出品をお断りしているが他では例がなく異端扱いを受けている。繁殖品であっても国内へ持ち込めない種であることは変わりなく、法的にも防除の対象であるが自主規制に頼るというのが現状であり問題は山積だ。
関連記事
外国産ハナムグリが外来生物法を動かす?
外国産ハナムグリにまつわるデマ
昆虫密輸はなぜ逮捕されないのか?
密輸昆虫を買うと逮捕される

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

文科省が無理にスマホをdisる無駄な調査、時事通信は趣旨を変えて報じる。

ゴールドライタンがどんな話だったか思い出せないので調べてみた

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到
  2. ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」
  3. 共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!
  4. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  5. 大阪地震「追及するいいチャンス」太田房江元大阪府知事が投稿、松井知事がツイッターで反論
  6. 捏造か?AERA(朝日系列)が地震速報デマを拡散、数値をこっそり改ざんするもデマはそのまま
  7. 自称「ゴール前の魔術師」小西ひろゆき議員がコロンビアの反則を称賛、ついでに安倍政権を批判して大炎上
  8. 「名前を確かめるために、とっさに浮かんだ名前を小さい声でうんと言ったんですね。それでこれはもう決定的だなと思いました」
  9. 大阪地震「朝鮮人が井戸に毒」デマを流すアカウント、ツイート履歴から見えてきた意外な意図
  10. NHKが拉致問題のニュースで岩手ちゃぶ台返し大会の映像を使用「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP