偽メール事件は創作茶番劇


LINEで送る
Pocket

人気昆虫誌が認定するクワガタギネス。
そのギネスブリーダーが販売に圧力をかけるメールをブロガーに宛てたというトラブル。
世紀の茶番劇でしたね。
該当記事も削除されています。

スポンサーリンク

名指しで「犯人」にされた方が気の毒でならない。
そもそも、最初に著名ブリーダーの批判記事が掲載された時点で証拠につながるものなど全く存在していなかったと言うのだから。
最初の批判記事では・・・
①直接メール着弾
②IPが同一なら間違いない(私の非公開ゲストブックに投稿された内容)
これだけみれば多くの人が、著名ブリーダーが販売や繁殖に圧力をかけたと思うでしょう。
当然、批判コメントは殺到します。
もうその時点で犯人扱いされた著名ブリーダーの人権は完全無視です。

しかし、私がみる限り信憑性に欠ける内容だった。
一見丁寧で紳士的に見えるが、内容的には稚拙で本人の主観というよりは、明らかに第三者目線の文章表現が散見された。
もうひとつは、記事内にコピーされた「偽メール」がYahooメッセージというサービスの引用仕様に酷似していたことだ。
Yahooは、匿名IDを複数個一元管理できサービスごとにIDを使い分けることができる。
当然イタズラ投稿やメッセージ送信も可能である。
以上の不審点から私は「本人で間違いないか?大変な事ですよ?」という内容のコメントをしたが、批判コメントは止むことなく、見かねたある人物が「人物像との乖離」を指摘したところで記事は非公開となった。
そこで初めて、人物特定が行われていない事が発覚するという大失態。

もうこれだけでも大きな罪を犯しているのに、何故か断続的に記事は公開され、批判コメントはその都度投稿されている。
翌日夜になって「本人ではない」との記事が再投稿されたが、これも不可解な内容だった。
記事のつくりは前日の批判記事を丸ごとコピーし、文章の後半に偽者への批判を付け加えるという非常識な記事。
勿論、著名ブリーダーを罵倒する内容はそのままである。
しかも、内容は改ざんされていた。
タイトル「○○○○○様より直接メール着弾♪」が変更されたのは当然だが、文章中では前回タイトル「直接メール」だったのが「yahooでメッセージを頂きました」に書き換えられていた。
さすがに酷いと思ったので、記事が改変された理由を問いただしても無視。
しかし、なぜYahooのIDかサブIDを公開しないのか?という問いにはすぐさまプロフィールのURLを公開した。
その内容は酷いもので、ハッキリ言って空っぽでした。ハンドルネームだけ詐称して他のプロフィールも利用履歴もゼロだったのです。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/profile/?sp=8xJJjvsmcqKYPtAlmA–
私は「このプロフはどう見ても氏本人じゃないですね。当初は「直接メール」と記述されてましたが?」とコメントするも都合の悪いことは無視。
挙句の果てには他の人からの質問に「本人じゃなかったという証拠はあるか?自分は悪くないと思っている」と逆切れする始末。
私も追加で「直接メールやIPの存在は創作か捏造ではないか?」と迫ったが返ってきたコメントは「論点がずれすぎてスルーしました。荒らしはやめてくださいね」などという悪態。
これに対して、名指しされた被害者の関係者が「誠意をもって回答し事態を収束してほしい」とのコメントが投稿されてやっと渋々答える始末。
回答は案の定、「直接メールはミスったので書き換えた」「IPはとれていなかった」という内容。
これを世間では「証拠の捏造」というのです。
複数回にわたり回答を拒否しておいて、追い詰められて「ミス」では通用しません。

正直、私は故意にガセネタを掴まされたと思っています。
非公開のゲストブックでIPの存在に触れれば騙せると思ったのでしょうか?

結局存在したのは子どもが見ても「偽者・イタズラ・即席」とわかるYahooプロフィールのみ。
直接のメールもIPも最初から存在していなかったのです。
なぜ、それで本人確認もせず著名ブリーダーを名指しで犯人と書いたのか不思議でなりません。
しかも、この人物をサポートしてきた友人が本人に代わり、方々に頭を下げてまわり活動を自粛するという理不尽な決着。
書いた本人はYahooブロガー達から立派な人間と賞賛される意味不明な状態。
そんな彼らはなんの責任も取らず「プレゼント企画」を開催するそうです。
Yahooブロガー達はこぞって参加の意思を書き込みしていますが、常識はずれの行動であることが解っていないようです。
迷惑をかけた人間のことより「悲劇のヒロインが立ち上がる」という妄想で頭がいっぱいなのでしょう。

謝罪して自粛した方のブログコメントは過疎ってますよ。
悪態ついてる本人のブログがどうして絶賛の嵐なんでしょうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

消えた「キロン」の謎と「シノニム」の商用利用

ビー・クワ№44夏号所感

関連記事

  1. 昆虫誌2誌と自称昆虫誌も購入

    今月の「月刊むし」「昆虫と自然」「昆虫フィールド」がamazonから到着した。「月刊むし」の…

  2. 超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

    絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上手い」を超越しています。なんと「小さな文字」そ…

  3. 3年間育てたゾウカブトの幼虫が全部♀で羽化した時の気持ちがお前ら…

    二度とゾウカブトは飼いません・・・丸々三年間も育てたMegasoma gyas porioniギ…

  4. 「美しすぎるカブトムシ図鑑」というグラビアがある

    先日、本書の出版に関わった方からお話を伺う機会がありました。本書出版に協力された方の思い、著者の…

  5. 農林水産省

    ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!

    最近、ミツノsp.という表記で外国産カブトムシであるミツノカブトが販売されていますが、その多くが…

  6. 【経験者は語る】ムシキングによる昆虫ブームなんて無かったよ。

    2003年から2010年にかけ大ブームとなった「甲虫王者ムシキング」が2015年夏に…

  7. 外来生物法とザリガニとクワガタと・・・

    今回は以下のニュースを元に、外来生物法とザリガニの関係、外国産クワガタムシとの扱いの違いについて…

  8. 種の保存法改正で露呈した一部昆虫愛好家の偏執ぶり

    2月19日、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、…




最新の記事

  1. 加計問題追及の黒川敦彦様、出資金が200倍になるかもしれない発電事業の経過報告が途絶えています
  2. デマ確定か?「核禁止条約への言及懸念で高校生平和大使演説見送り」は外務省のコメントではなかった!
  3. 世田谷のコンビニ前で韓国籍の男が女性を切りつけ、日本人に対する大量虐殺をツイッターで予告
  4. 障害者の受け入れ補助金を搾取した籠池夫妻を擁護する非道、野党4党は犯罪の告白を受けていたのでは?
  5. 玉木雄一郎議員が産経新聞にブチ切れ!何故かアノニマスポストを巻き込み「対策を打つ」と圧力示唆

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP