なぜ模倣は勝てないのか?


以下はYahooニュースに掲載された雑誌「プレジデント」の記事
「なぜ効率ばかり追求すると利益が減るのか」

冒頭の見出しが
「なぜ日本の会社はiPadを作れなかったか」
この発想がすでに負けている。
アップルがオリジナルでiPadを作ったのであって、世界がiPadを作ろうと競争したわけではない。

スポンサーリンク

アップルという会社は常に新しいものを産んでいる。
iphoneは「iphone」、iPadは「iPad」という全く新しいものだったのです。
その新しいジャンルに他の企業がAndroidで参戦したが、どこまで頑張ってもiPadにはなれないのです。
同じ市場を争う=似たものを作る
これはスタートから負けているということ。
まったく新しいオリジナルでその市場を奪うしか勝ち目はありません。
「似せようとして作ったもの」と「考えた結果として似た」ものの違いが理解できていないのでしょう。
基礎から自分で考えてないで、ただ真似をした会社はアップルが新しいアイデアを出すのを待ってまた真似をする。
一生後手の負ける思考です。

私はWEB製作をするとき、他のサイトは参考にしますが絶対に模倣はしません。
模倣してしまうと、その後の拡張が自分の思いどうりになりません。
実際にこの業界でも昔から、模倣サイトは常に乱立しています。
しかし模倣サイトが栄えた試しはありません。
結局オリジナルではないので、先行して新しいことができないのです。
自分のコンセプトで立ち上げていないサイトを拡張しようにも、基礎が理解できていないので誤魔化しの連続になります。
サイトの色を変更しただけで「リニューアル」とか言うくらいが精一杯です。

この手の模倣をしてしまう人は、技術がないのでサイトを活性化するために、強引な人脈形成に走り派閥化を好みます。
「仲間」という都合の良い言葉を連呼し一見上手くいってるように見えるが、実情は頼るだけで自分はなにも提供しない。
少しでも協力を渋ると・・・
切り捨てる⇒もめる⇒駄々こねる⇒残った「仲間」に慰められる
このパターンで決まっています。

サイト運営するなら「誉められたい」という気持ちが大事です。
誉められるのと「慰められる」では大違いです。
ひとそれぞれに、人生・家族・仕事・個性があります。
ワガママなお山の大将のために人生・家族・仕事・個性を捧げるわけがありません。

サイト運営者は
「手間と時間・金は自前で」これ鉄則!

だけど
「少し誉めてもらえるとうれしい」
この気持ちがないとやってられません。

模倣で誉められるのはモノマネ芸人ぐらいです。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

KSLオークションとババアとトラ

中止しまーす!!(BGM:情熱大陸)

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  2. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  3. 立憲民主党支部長「5日夜はパーリィのダブルヘッダー」真山勇一「災害時、野党に権限はないのでOK」
  4. 災害デマ「自衛隊が支援物資をコンビニに輸送し販売された」深刻な食糧・水不足は避難所以外で起きている
  5. 最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する
  6. 共産・宮本岳志が謝罪「オウム事件の犠牲者数と豪雨災害の犠牲者数を並べ論じたのは極めて不適切な誤り」
  7. 【迷惑行為】BuzzFeedが災害対応中の倉敷市に「ネットの話題」について取材、解答を求める
  8. 国民民主・大島九州男が災害デマに「その通り」ラサール石井は拡散協力、きっこはデマをパクツイして便乗
  9. 検証!災害デマ拡散「安倍首相が来るから風呂とクーラーが設置された、被害の少ない地域の避難所なのに」
  10. スクープ写真!蓮舫がタバコ片手に「やっぱり私、台湾人だから」もうひとつの雑誌インタビューが見つかる

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP