KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。
正直な感想は・・・

残念な内容です・・・
ビー・クワを「バイブル」とか言ってる人が買うと大怪我をすると思います。
そもそもクワガタが、ぜんぜん「特集」されていません。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

巻頭カラーはラトレイユキンイロクワガタの現地クイーンズランド州北部での観察。
若枝の切断(スライス)の様子などは、パプアキンイロクワガタなどが輸入規制される可能性をあらためて感じる記事であった。
「日本産ルリクワガタ属の系統と進化」は以前の特集号から4回目、あとはルリクワガタの交雑実験。
他はゲアンミヤマのベトナム・コンツム州産新亜種記載があるだけ。

ビー・クワとの差別化を意識しているのだろうが、オオクワガタなどのポピュラー種を掲載しないならクワガタ特集号はもう要らないんじゃないかな?と感じました。
広告も自社広告を除くと極端に少ないようで、広告収入に頼れないなら部数の増加しか生き残る道はないように思います。
クワガタ特集号は新規購読者を獲得するチャンスだと思うのは私だけだろうか?

対して、同日発売の「昆虫と自然」は良かった!
これは絶対に買い!クワガタブリーダーは必携となるはずです。
ミクロネシアの昆虫が特集されクワガタに関する事など充実しています。

「ミクロネシアのコガネムシ上科甲虫相」
荒谷邦雄教授の執筆で、ミクロネシアは日本の生物相と相互に関係している事も交えた興味深い記事です。

新連載「昆虫分類学入門(1)」
これは、待ってました!と言いたい連載です。
基本的な分類学を解説してくれれば、専門誌を読む人も増えるでしょう。
国際命名規約についても解説されています。これだけでも絶対に買いです!

「クワガタムシ幼虫の発育における朽ち木・マット中の窒素分制御」
小島・五箇両氏も参加されている研究で、クワガタの餌を科学的に追求したい人は目を通しておかなければならない投稿です。
読む為には最低限の科学知識が必要ですが、ヒントは満載だと思います。

どう考えても、昆虫と自然のほうが秀逸です。
クワガタ業界では知られていない月刊誌ですが、読み物としてはこちらのほうが数段上のような気がします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 , ,

  おすすめ記事

クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

「余品」 読み方は「よひん(余品)」または「あまり …

no image
私が国産種も放虫するべきでないと思う理由

外国産の昆虫を放虫しないように呼びかける人は多い。 …

no image
外国産ハナムグリにまつわるデマ

外国産ハナムグリ解禁と言うデマは止まらないようだ。 …

韓国の珍説「日本人が名付けた韓国在来種の学名は変えるべき」とか・・・

【萬物相】日本人が名付けた韓国在来種の学名 Cho …

農林水産省
ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!

最近、ミツノsp.という表記で外国産カブトムシであ …

no image
ブログのネタに困って、クワガタ・カブトムシを買うようになったらおしまい。

本末転倒というやつです。 虫を飼う趣味がいつのまに …

no image
趣味の標本オークション出品で有田市の課長を処分

【社会】和歌山県:カミキリムシなどの標本をネットオ …

自称研究者の東大君「咲-Saki-阿知賀編」すばら先輩のオオスバラクワガタを新種として認める

咲 Saki 阿知賀編 episode of si …

ギフチョウ、大阪府河南町でも採取・捕獲禁止条例施行

ギフチョウ 4月1日に施行された「美しい河南町環境 …

お世話になったアレに絶滅の危機が迫っているらしい

お世話になったアレ、インスタントコーヒーのビンです …