KSL-Live!

いろいろ読める、メディア業界21世紀枠


月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!

      2015/05/02


LINEで送る
Pocket

月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。
正直な感想は・・・

残念な内容です・・・
ビー・クワを「バイブル」とか言ってる人が買うと大怪我をすると思います。
そもそもクワガタが、ぜんぜん「特集」されていません。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

巻頭カラーはラトレイユキンイロクワガタの現地クイーンズランド州北部での観察。
若枝の切断(スライス)の様子などは、パプアキンイロクワガタなどが輸入規制される可能性をあらためて感じる記事であった。
「日本産ルリクワガタ属の系統と進化」は以前の特集号から4回目、あとはルリクワガタの交雑実験。
他はゲアンミヤマのベトナム・コンツム州産新亜種記載があるだけ。

ビー・クワとの差別化を意識しているのだろうが、オオクワガタなどのポピュラー種を掲載しないならクワガタ特集号はもう要らないんじゃないかな?と感じました。
広告も自社広告を除くと極端に少ないようで、広告収入に頼れないなら部数の増加しか生き残る道はないように思います。
クワガタ特集号は新規購読者を獲得するチャンスだと思うのは私だけだろうか?

対して、同日発売の「昆虫と自然」は良かった!
これは絶対に買い!クワガタブリーダーは必携となるはずです。
ミクロネシアの昆虫が特集されクワガタに関する事など充実しています。

「ミクロネシアのコガネムシ上科甲虫相」
荒谷邦雄教授の執筆で、ミクロネシアは日本の生物相と相互に関係している事も交えた興味深い記事です。

新連載「昆虫分類学入門(1)」
これは、待ってました!と言いたい連載です。
基本的な分類学を解説してくれれば、専門誌を読む人も増えるでしょう。
国際命名規約についても解説されています。これだけでも絶対に買いです!

「クワガタムシ幼虫の発育における朽ち木・マット中の窒素分制御」
小島・五箇両氏も参加されている研究で、クワガタの餌を科学的に追求したい人は目を通しておかなければならない投稿です。
読む為には最低限の科学知識が必要ですが、ヒントは満載だと思います。

どう考えても、昆虫と自然のほうが秀逸です。
クワガタ業界では知られていない月刊誌ですが、読み物としてはこちらのほうが数段上のような気がします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 , ,

  おすすめ記事

世界に羽ばたくKSLの世界戦略【協力要請】

仰々しいタイトルはジョークですが、一応海外からの情報です。 KSLオークションへ …

クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

「余品」 読み方は「よひん(余品)」または「あまりひん(余り品)」である。 この …

虫ナビによる自作自演とデマ、捏造コラ画像まで・・・

12月22日追記あり 虫ナビ掲示板にて「デマに対する注意喚起」というスレッドが管 …

昆虫ゼリーとカブトムシ
昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。

昆虫ゼリーの成分は、子供が食べるゼリーとほぼ同じで“無害&#8221 …

no image
自演発覚!川西89ミリのミミ氏、自演捏造でYGブリーダー批判

見苦しいのひとこと。 先日の記事を受けて完全にテンパっているようです。 記事→ミ …

スケッチブックと筆記用具
昆虫の亜種や地域変異、同定スキルを上げるには?

とにかく昆虫は種・亜種が多い。 クワガタ・カブトムシだけでも膨大な数の種類が存在 …

12月14日現在4♂8♀ ~くわがたの森~ Pure Forest  相模の國 ♪ ってか 出てきたら? ょ  & 川西 最終瓶替え ♪
ミミ川西89ミリの同腹が3♀から8♀へ増えた件

実質、日本原産のクワガタで最も大きいとされる、ミミ川西89ミリ(オオクワガタ川西 …

no image
【昆虫類】ツマアカスズメバチが特定外来生物に指定される

西日本新聞の報道によると、政府は9日ツマアカスズメバチ Vespa veluti …

no image
【昆虫類指定有】国内希少野生動植物種に41種が追加される【環境省】

環境省は4月10日「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一 …

テナガコガネ飼育で初の逮捕者、他の飼育者も晒しておく。

写真:虫の標本 テナガコガネ C.parryi(外国産標本は合法です) もう何年 …