月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!


LINEで送る
Pocket

月刊むしの今月号は「クワガタ特集号」です。
正直な感想は・・・

残念な内容です・・・
ビー・クワを「バイブル」とか言ってる人が買うと大怪我をすると思います。
そもそもクワガタが、ぜんぜん「特集」されていません。

スポンサーリンク

巻頭カラーはラトレイユキンイロクワガタの現地クイーンズランド州北部での観察。
若枝の切断(スライス)の様子などは、パプアキンイロクワガタなどが輸入規制される可能性をあらためて感じる記事であった。
「日本産ルリクワガタ属の系統と進化」は以前の特集号から4回目、あとはルリクワガタの交雑実験。
他はゲアンミヤマのベトナム・コンツム州産新亜種記載があるだけ。

ビー・クワとの差別化を意識しているのだろうが、オオクワガタなどのポピュラー種を掲載しないならクワガタ特集号はもう要らないんじゃないかな?と感じました。
広告も自社広告を除くと極端に少ないようで、広告収入に頼れないなら部数の増加しか生き残る道はないように思います。
クワガタ特集号は新規購読者を獲得するチャンスだと思うのは私だけだろうか?

対して、同日発売の「昆虫と自然」は良かった!
これは絶対に買い!クワガタブリーダーは必携となるはずです。
ミクロネシアの昆虫が特集されクワガタに関する事など充実しています。

「ミクロネシアのコガネムシ上科甲虫相」
荒谷邦雄教授の執筆で、ミクロネシアは日本の生物相と相互に関係している事も交えた興味深い記事です。

新連載「昆虫分類学入門(1)」
これは、待ってました!と言いたい連載です。
基本的な分類学を解説してくれれば、専門誌を読む人も増えるでしょう。
国際命名規約についても解説されています。これだけでも絶対に買いです!

「クワガタムシ幼虫の発育における朽ち木・マット中の窒素分制御」
小島・五箇両氏も参加されている研究で、クワガタの餌を科学的に追求したい人は目を通しておかなければならない投稿です。
読む為には最低限の科学知識が必要ですが、ヒントは満載だと思います。

どう考えても、昆虫と自然のほうが秀逸です。
クワガタ業界では知られていない月刊誌ですが、読み物としてはこちらのほうが数段上のような気がします。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

あなたは昆虫を殺せますか?

カブトムシにも奇形が多発?は誤認です。

関連記事

  1. ビークワ史上、最低の呼び声高い№52夏号を買ってみた

    BE-KUWA(ビー・クワ) No.52 2014年 08月号 ビークワ最新号が各所で散…

  2. まごころ飼育の里を探して【2014秋 発見】

    急に寒くなりましたね・・・寒いのは季節のせいでしょうか?いいえ違います。僕にまごころが足らないか…

  3. 【閲覧注意!】なんだけど貴方の家にも棲んでます。マジで。

    シミです。漢字で"紙魚"と書いてシミと読みます。英語では"silverfish"銀の魚という意味…

  4. ゴケグモ属全種が特定外来生物に指定される

    写真:セアカゴケグモ(環境省HPより)21日、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防…

  5. 犯罪者に飼育技術を教わるほど研究者はバカではない。

    写真:【海洋堂】 国立科学博物館 カプセルミュージアム ヤンバルテナガコガネ特定外来生物…

  6. 菌床から出る水分を有難いと思ってるのはクワガタブリーダーだけ

    菌糸ボトルから出る水分は害悪菌糸ボトルでクワガタの幼虫を飼っていると、ボトルの側面や底部に水…

  7. ぐんま昆虫の森でカブトムシ幼虫盗採か?

    http://youtu.be/qq0flEPkwD0※動画はすでに削除されています。新聞で…

  8. テナガコガネ飼育で初の逮捕者、他の飼育者も晒しておく。

    写真:虫の標本 テナガコガネ C.parryi(外国産標本は合法です)もう何年も前から言…




最新の記事

  1. 障害者の受け入れ補助金を搾取した籠池夫妻を擁護する非道、野党4党は犯罪の告白を受けていたのでは?
  2. 玉木雄一郎議員が産経新聞にブチ切れ!何故かアノニマスポストを巻き込み「対策を打つ」と圧力示唆
  3. 【捏造】どっちが雑魚なのか?「米山隆一が和田政宗の倍以上の得票」は野党支持者によるデマ!
  4. 日本人差別のアカウントをツイッター社は放置?意図的に凍結から除外しているとしか思えない
  5. 上西小百合議員がSPEEDメンバー入り?TBSビビットが世代差別で同じ括りに

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP