カブトムシにも奇形が多発?は誤認です。


カブトムシにも奇形が多発?-果たして放射能の影響なのか? ベスト&ワースト
http://www.best-worst.net/news_abjq3lWqcs.html

まずは結論から・・・
完全な事実誤認です。

スポンサーリンク

ツイッターでの発信源となった本人が認めています。
羽化不全を奇形と思っていたようで、周囲からの指摘で「飼育法の問題」と訂正をされています。
昆虫を飼育している人なら一笑に付す内容なのだが、原発事故に対する恐怖から情報が一気に拡散したようだ。

羽化不全は甲虫飼育では頻繁に発生し、むしろ羽化不全を起こさないよう試行錯誤しなければならないほどだ。
特に生育環境が狭小な人工飼育においては、個体が自らに適した環境を求めて移動することができないため、温度・湿度・餌の劣化・外部刺激(衝撃)で頻繁に羽化不全は発生する。
またクワガタ・カブトムシは大型甲虫であり、自重が重いため接地部圧力や外部接触の際の衝撃等が強くそのリスクは高い。
完全変態である昆虫は変態毎に原型が消失する大変化を伴い大変なリスクを負っているのだ。
昆虫飼育愛好家は、羽化不全のない「完品羽化」を喜ぶ。それはいかに羽化不全が多いかを表している。

また奇形であっても原発事故の影響と言えるほど珍しくはない。
オークションなどでも頻繁に出品され、夏場は一般採集者からの報告も多数ある。
この業界では奇形自体に希少価値がないことは既に周知の事実であり、高値がつくこともない。
特に現在ツイッターで話題になっている、「ミヤマクワガタの奇形」とされる個体などは奇形ですらない可能性もある。
見る限りでは前蛹から蛹に変態するときに、顎が蛹室の壁などに引っかかり伸ばしきれなかったようだ。
このように報告される「奇形」の大半が後天的要素によるものを誤認している。

自然界で奇形は少ないという意見が散見されるが、これは明らかな間違い。
奇形では蛹室から脱出できないまま死亡したり、脱出しても捕食される可能性が高い。
それでも昆虫採集・卸業者では奇形を頻繁に確認していることから、発生自体は多いことがうかがえる。
よほど珍しい形に奇形がでていない限り持ち帰ることもないので、一般人が目にすることが少ないだけなのである。

これだけ奇形や不全の多いカブトムシやクワガタで放射能の影響を検証し実証するのは困難である。
しかし、検証・実証するまでもなく、例年となんら変化が見られないことも事実である。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

月刊むしのクワガタ特集号より昆虫と自然が買い!

医師@onodekitaによる誹謗中傷について

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 【卑怯】日刊ゲンダイが捏造疑惑の記事をこっそり削除→それでも貴乃花の悪口連載は継続する模様
  2. ガセネタ?サウジ記者「殺害」の一部始終をアップルウォッチで録音するのは不可能?
  3. 警察官が職質「スーツが似合っていない」→トイレに逃げ込み数時間立てこもり→逮捕される
  4. どうするMeToo勢?青山議員がセクハラ被害訴えた女性に民事訴訟「冤罪だ、パワーワードの乱用」
  5. 日刊ゲンダイが捏造か?「日馬富士引退相撲 貴乃花部屋が全員欠席」→貴景勝は勢と取組、内容もデタラメ
  6. 北海道新聞の倶知安支局長が飲酒運転で事故 自宅でワイン、ビール、睡眠薬を飲み近くのコンビニへ
  7. いじめ自殺の遺族に市教育長が「おまえ」と発言→共同通信は教育長が遺族父親の元担任であることを伝えず
  8. TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに
  9. 森友加計問題で敗北宣言 江田憲司「総理が指示したという証拠は、いくら国会で追及しても出てきません」
  10. 前原誠司さん「カミキリムシが妙に愛おしく感じた」←「誠司、それカミキリムシやない。カマキリや。」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP