被ばくで遺伝子に傷か=チョウの羽や目に異常


LINEで送る
Pocket

時事ドットコム:チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か-琉球大

先日はカブトムシの「羽化不全」や、原発事故以前から普通に見られたクワガタの「異常個体(奇形)」を放射能の影響とかいう、デマが拡散していたが今回は違うようだ。
カブトムシの時のように関西の異常個体を取り上げ無用に恐怖を煽るオカルトではなく、福島第1原発の影響が濃いと思われる福島県などの7市町での調査結果である。

スポンサーリンク

こういった調査報告では、サンプル数の少なさや期間の短さが指摘されることが多いが、この報告は、むしろサンプル数の少なさが注目すべきポイントではないだろうか?
121個体の12%ということは、14~15個体が異常個体だということである。
わずか121個体のサンプルから14~15個体も異常個体が見つかったというデータは無視できない。

こういった記事を根拠として、無用に恐怖を煽るつもりも、楽観的な見解を述べるつもりもないが、原文を確認していない以上なにも断言できないというのも本音です。
国内での報道では、福井新聞の記事ではサンプル数が異なっていたり、時事ドットコムの記事では福島県内以外で茨城、東京でも採集されたサンプルであることが記載されていない。

どうも原発をめぐる報道には、報道する各社のスタンスや利権・思惑が見え隠れしているようで釈然としない。
またこのような記事を書くと、反原発・原発容認派双方からのバッシングも理不尽で容赦がない。
私も先日のカブトムシの件で、原発利権にあやかる者に仕立て上げられたので、もう少し頑張れば「御用学者」という学位が貰えそうです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

受取連絡が無いとブチキレるひとが怖い件

【幽霊?】海水浴で背中に手形・・・んなわけねぇ

関連記事

  1. ヤエヤマイシガメ輸出禁止、環境省が輸出に関わる助言停止を決定

    写真:立体カプセル百科事典 原色爬虫類カメ目図鑑 【8.ミナミイシガメ】(単品)環境省は…

  2. パトカーグリル

    昆虫密輸や規制昆虫飼育をカッケーと思ってる人達

    昆虫飼育・販売で摘発される事案が相次いでいる。5月にはゴライアスオオツノハナムグリを密輸した…

  3. 【声かけ事案】「クワガタあげる!」で虫おじさんが通報される

    ある男性が「クワガタあげる!」と子供に声をかけたところ、通報され「声かけ事案」として情報公開された。…

  4. あなたは昆虫を殺せますか?

    Yahoo!知恵袋では定番の質問がある。「部屋でカナブンが飛び回っています。どうしたらよいですか…

  5. ゴケグモ属全種が特定外来生物に指定される

    写真:セアカゴケグモ(環境省HPより)21日、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防…

  6. 昆虫ゼリーとカブトムシ

    昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。

    昆虫ゼリーの成分は、子供が食べるゼリーとほぼ同じで"無害"とされています。黒糖や果汁を寒天でゼリ…

  7. 【ヘラクレス】エクストリーム蛹室の衝撃【オオカブトムシ】

    先月、twitterのフォロワーさんから回ってきて存在は知っていましたが・・・動画を発見しました…

  8. ジャポニカ学習帳を巡る騒動は「ほっしゃん。」の勘違いが発端?

    ショウワノート 歴代ジャポニカ学習帳 復刻版5冊セットジャポニカ学習帳から昆虫が消えた。…




最新の記事

  1. 中山成彬が小池新党を批判「小池と細野の連携、自分ファーストだ」→嫁の恭子に連れられて小池に命乞い
  2. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  3. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判
  4. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  5. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP